現在位置:

京都市立鷹峯小学校(会議室棟)

ページ番号118389

ソーシャルサイトへのリンクは別ウィンドウで開きます

2012年4月27日

京都市鷹峯小学校(会議棟)

          【 立 面 図 】
  ( 画像をクリックすると拡大表示されます。)

施設概要
施 設 名京都市立鷹峯小学校(会議室棟)工事発注年度平成23年度
整備目的

 既存グラウンド及びプールが校舎敷地から離れた場所に立地していることによる児童の安全性の問題を解消するため,校舎敷地の隣接地を買収しグラウンド等の整備を行う一環として,地域の防災拠点である消防器具庫と併せて構内に不足している会議室を整備することにより,教育環境の充実を図るものです。

敷地概要
法規制等
敷地の位置北区鷹峯光悦町20番地他
敷地面積253.55㎡建ぺい率60㎡容 積 率200%
地域地区等用途地域第1種中高層住居専用地域防火地域指定なし
景観規制風致地区第5種地域高度地区12m第1種高度地区
その他遠景デザイン保全区域
整備概要主要用途小学校,地域防災施設構造・規模木造/地上2階建
建築面積 74.55㎡延べ面積 129.93㎡高     さ 7.81m
主要諸室〔学   校〕会議室,便所
〔地元施設〕消防分団器具庫
備       考 
施 設 の
特 徴 等
主        な
環境負荷
低減技術等

・雨水流出抑制:雨水タンクを設置することにより,雨水流出抑制を図るとともに植栽の水やりにも利用できるものとした。
・電気使用量の低減を目的として,照明の点灯時間が長い会議室等には,球替後の余分な明るさを抑える初期照度補正機能付照明器具を採用し,また,入切回数の多い便所等にはLED照明器具を採用しています。
・空調機の冷媒はオゾン層を破壊しない新冷媒HFC(R410A)を採用しています。

建築

・風致地区である周辺地域の景観特性及び鷹峯小学校の土塀との調和に配慮した外観計画とした。また,天秤梁,垂木のあらわし及び軒・ケラバの出を十分にとった屋根など木造和風にふさわしい意匠計画とした。
・道路側に植栽を設け周辺への景観配慮を行っている。
・市内産木材の採用:2階小学校会議室には,内装に市域産木材を使用し,木のぬくもりを感じられるものとした。

電気設備・利用者の安全のため,多目的便所に非常呼出装置を設置しています。
機械設備・使用水量を低減するため,節水型便器を採用しています。
・リサイクル硬質塩化ビニル管を積極的に採用しています。
担当部局施設所管教育委員会総務部教育環境整備室
設計・工事都市計画局公共建築部

お問い合わせ先

都市計画局 公共建築部 企画設計課
電話: 075-222-3640 ファックス: 075-213-0499