現在位置:

「平成23年度京都市景観市民会議」の開催について

ページ番号115353

ソーシャルサイトへのリンクは別ウィンドウで開きます

2012年2月14日

 「平成22年度京都市景観白書」及び「京都市景観白書データ集~平成23年度~」を題材として,景観政策の検証結果等に対する市民の皆様からの評価,課題抽出やその改善に向けてのアイデア等について意見交換を行う「平成23年度京都市景観市民会議」を開催します。

1 開催日時

  平成24年3月24日(土曜日) 午後1時から午後4時30分まで

2 開催場所

  ひと・まち交流館京都 2階 大会議室

  (住所)京都市下京区西木屋町通上ノ口上る梅湊町83番地の1

  (交通)市バス4,17,205号系統「河原町正面」下車すぐ

ひと・まち交流館京都

Adobe Reader の入手
PDFファイルの閲覧には Adobe Reader が必要です。同ソフトがインストールされていない場合には、Adobe 社のサイトから Adobe Reader をダウンロード(無償)してください。

3 会議の内容

 (1) 会議の次第

   〇第1部 全体会議

     ・基調報告(景観政策検証システムの構築について)

     ・景観白書の概要説明

     ・景観市民会議の進行について

   〇第2部 チーム別ワークショップ

     以下のチームに分かれて,意見交換(各チーム10名程度で構成)

      (チーム) 1 自然・山ろく景観チーム

             2 市街地景観・広告景観チーム

             3 歴史的町並み・地域景観づくりチーム

  〇第3部 全体会議(総括)

     ・各チームからの報告/意見交換/まとめ

 (2) チーム別ワークショップについて

    景観政策の目標である「京都がいつまでも京都であり続けること」や「誰もが住み続けたいまち,訪れたいまちであり続けること」を基本に,京都市の景観計画に示す5つの基本方針などを評価軸として意見交換を行います。

  〇次表のチームごとの「意見交換する主な項目」について,以下の観点から意見交換を行います。

   ・京都に対する思い

   ・景観白書に掲載した実施状況等に対する評価

   ・現状の町並み・自然景観等の実感等から抽出した課題

   ・課題を解決するためのアイデア

 

 

チーム別ワークショップ
 チーム 1 自然・山ろく景観2 市街地景観・広告景観 3 歴史的町並み・地域景観づくり 

 意見交換する

主な項目

 ・三山の自然景観の保全

・歴史的風土の保存

・緑豊かな住宅地の景観の保全

・眺望景観や借景の保全

・新たな眺望景観の創出

 ・良好な住環境を形成する市街地景観の整備

・ものづくりや商業が集積する地域における市街地景観の整備

・市街地にふさわしい広告のデザインの誘導

 ・歴史的な町並みの保全

・京町家の保全,再生,活用

・地域特性を活かした地域景観づくりの推進

 景観白書

該当箇所

 【第2章検証1】

2 自然・歴史的景観の保全

 三山の保全の取組

4 眺望景観や借景の保全・創出 

  など

 【第2章検証1】

1 建築物の高さの規制

3 市街地景観の整備

5 屋外広告物の規制

【第3章検証2】

1 土地の価格の動向

2 建物の価格の動向

3 住宅着工の動向

 【第2章検証1】

6 歴史的な町並みの保全・再生

【第4章検証3】

2 良好な景観づくりに向けた市民の取組 

  など

お問い合わせ先

京都市 都市計画局都市景観部景観政策課

電話:(1)075-222-3397,(2)075-222-3474

ファックス:(1)075-222-3472,(2)075-213-0461