現在位置:

景観シミュレーションシステムの貸出しについて

ページ番号106886

ソーシャルサイトへのリンクは別ウィンドウで開きます

2016年2月10日

景観シミュレーションシステムの貸出しについて

 地域での景観づくりの推進に当たっては,地域の景観上の課題を確認したり,地域の将来像を話し合い,共有しあったりすることが重要です。

 そのための「道具」として,コンピュータグラフィックスを用いて,今のまちの姿や将来のまちの姿をパソコン上で作成し,様々な視点から立体的に眺めることができる「景観シミュレーションシステム」を貸し出しています。

 ぜひ,地域での景観づくりの取組に御活用ください。

 また,このシステムの概要に関する出張デモンストレーション等も行いますので,申込先にお気軽に御相談ください。

 

● 対象 

 京都市内の地域で景観づくりに取り組んでいる又は取り組もうとしている地域の住民組織等

● 貸出期間 1箇月間以内

● 費用 無料

● 景観シミュレーションシステムの概要

 御案内の裏面を御覧ください。

● 貸出条件

 利用者は,次に定める事項を遵守してください。

 ⑴ 景観シミュレーションパソコンの貸出しを受けてから本市に返却するまでの期間,善良な管理者の注意義務をもって景観シミュレーションパソコンを利用,保管すること。

 ⑵ 景観シミュレーションパソコンを営利目的及び営利につながる行為に利用しないこと。

 ⑶ 景観シミュレーションパソコンを景観シミュレーション以外の目的に利用しないこと。

 ⑷ 景観シミュレーションパソコンを処分,転貸,譲渡すること又は担保の用に供しないこと。

 ⑸ 景観シミュレーションパソコンを改造若しくは改装するなど,その現状に変更を加えないこと。

 ⑹ 景観シミュレーションパソコンにソフトウェアをインストールしないこと。

 ⑺ 景観シミュレーションパソコン内のデータのコピー及び消去等しないこと。

 ⑻ 景観シミュレーションパソコンをインターネットに接続しないこと。

 ⑼ 景観シミュレーションパソコンの利用に当たって,京都市個人情報保護条例第5条に基づき,個人情報の保護に努めること。

 ⑽ 景観シミュレーションパソコンの利用に基づき得た成果物(3D建物等の電子データをいう。以下同じ。)を無償で市長に提出するとともに,市長が成果物を無償で利用することを認めること。

 ⑾ 景観シミュレーションパソコンを亡失し,又は損傷させたときは,その修理等に必要な費用については負担すること。

 ⑿ 景観シミュレーションパソコンの利用に関して,市長の指示に従うこと。

 

 

申込み方法

 随時受付けています。

 電話で申込先にお問い合わせのうえ,利用許可申請書(第1号様式)を提出してください。

 ※必ず京都市景観シミュレーションシステム搭載パーソナルコンピュータの貸出しに関する要綱(以下「要綱」といいます。)を御覧いただき,要綱に規定されている内容に同意いただいたうえで,御申し込みください。

 

要綱

要綱

Adobe Reader の入手
PDFファイルの閲覧には Adobe Reader が必要です。同ソフトがインストールされていない場合には、Adobe 社のサイトから Adobe Reader をダウンロード(無償)してください。

申込み,問い合わせ先

 京都市 都市計画局 都市景観部 景観政策課 【景観シミュレーションパソコン貸出担当】

 (住 所)京都市中京区寺町通御池上る上本能寺前町488番地

 (電 話)075-222-3397  (FAX)075-222-3472

 

お問い合わせ先

京都市 都市計画局都市景観部景観政策課

電話:(1)075-222-3397,(2)075-222-3474

ファックス:(1)075-222-3472,(2)075-213-0461