現在位置:

京都市あんぜん住宅改善資金融資制度

ページ番号99092

ソーシャルサイトへのリンクは別ウィンドウで開きます

2014年3月28日

京都市あんぜん住宅改善資金融資制度は,京都市内において,住宅の改修やバリアフリーリフォーム,エコリフォーム,耐震改修及び耐震建て替えをされる場合,一定の条件を満たす方に対して,必要な資金の一部について低利率の融資をあっせんする制度です。

工事内容によって,下記の融資がご利用いただけます。それぞれの内容については,各融資のページ(下の表からリンクしています。)をご覧ください。

融資の詳細

一般リフォーム融資

住宅のリフォームをされる方に 

バリアフリーリフォーム融資

住宅のバリアフリーリフォームをされる方に(高齢の方や障害をお持ちの方と同居される場合以外にも,どなたにもお使いいただけます。)

エコリフォーム融資

省エネルギー性能を向上させる工事や設備の設置など,住宅のエコリフォームをされる方に  

耐震改修融資

耐震性が低い住宅の耐震改修工事をされる方に

耐震建て替え融資

耐震性が低い木造住宅を,住宅金融支援機構の融資(フラット35)を受けて建て替えられる方に

二戸一化耐震建て替え資

狭小で耐震性が低い木造住宅を,住宅金融支援機構の融資(フラット35)を受け,隣地も取得して建て替えられる方に

マンション建て替え融資

建て替え決議を行った分譲マンションのうち,高さ又は容積に係る既存不適格となっているものを区分所有し,自ら居住する方に(住宅金融支援機構の融資(フラット35)を併用)

 

「バリアフリーリフォーム・エコリフォーム・耐震改修融資の紹介チラシ」

「あんぜん住宅改善資金融資制度の紹介パンフレット」

もあります。こちらをごらんください。

融資を受けることができる方

年齢や収入などに要件があります。

■対象者:自ら居住するために,住宅のリフォームや建て替え等をされる方

■年齢:最終返済時の年齢が満75歳未満となる方(年金収入のみの世帯は原則としてお申し込みいただけません。)

■収入:
  給与収入のみの場合 : 年間の収入金額(前年)が1,443万円以下の方
  その他の場合 : 年間の所得金額が1,200万円以下の方

■返済割合:融資の返済年額が下記の範囲内であること。
  年収が300万円未満である方⇒年収の25%以内
  年収が300万円以上400万円未満である方⇒年収の30%以内
  年収が400万円以上である方⇒年収の35%以内

■保証:取扱金融機関が指定する保証機関の保証を受けることができる方(保証機関の保証を受けていただく際に,年齢に要件のある場合があります。)

■その他:現在,京都市あんぜん住宅改善資金融資のリフォームに関する融資を,申し込む金融機関以外から受けていない方(子が申し込む場合,親も含む。)

※なお,必ず工事着工前にお申し込みください。お申込み先は取扱金融機関の窓口です。

融資利率一覧

最新の融資利率は,こちらのページをご覧ください。

融資利率のページ

なお,利率は金融情勢に応じて変更します。融資が決定されると,返済中の利率変更はありません。

お問合せ先

取扱金融機関(下記一覧)又は市住宅政策課(電話075-222-3666,FAX075-222-3526)
取扱金融機関一覧

金融機関名

取扱店

連絡先

 三菱東京UFJ銀行

 京都支店

 京都支店/下京区四条烏丸    電話075-211-4583

  京都銀行

 本店及び各支店

 本店/下京区烏丸松原       電話075-361-2370

  京都信用金庫

 本店及び各支店

 本店/下京区四条柳馬場      電話075-211-2111

 京都中央信用金庫

 本店及び各支店

  本店/下京区四条烏丸       電話075-223-2525

 関西アーバン銀行

 各支店

 京都中央支店/下京区烏丸松原 電話075-371-2130

※各支店は,京都市内に限ります。
※申し込む金融機関については,上記の一覧から申込者が選んでください。
 (ただし,耐震建て替え融資及びマンション建て替え融資を利用される方は,なるべく住宅金融支援機構の融資を申し込んだ金融機関でお願いします。)

お問い合わせ先

京都市 都市計画局住宅室住宅政策課

電話:075-222-3666

ファックス:075-222-3526