スマートフォン表示用の情報をスキップ

眺望景観関係

ページ番号56449

ソーシャルサイトへのリンクは別ウィンドウで開きます

2018年10月1日

 10月1日から,眺望景観創生条例に基づく眺望景観保全地域を拡大し,新たに事前協議制度を運用しています。

 10月1日以降に,該当区域において,景観申請(風致地区許可,美観地区等認定,建造物修景地区届出等)を行われるものについては,新しい基準への適合や事前協議(景観デザインレビュー)の手続が必要です。

 10月1日以降の,各地域の具体的な指定内容は,景観情報共有システム外部サイトへリンクしますでご覧いただくことができます。

 新しい基準は,告示でご確認ください。

 改正事項については,お知らせのチラシを,事前協議(景観デザインレビュー)制度の概要については,リーフレットをご確認ください。

眺望景観創生条例・規則・告示

 眺望景観創生条例・規則・告示について御案内します。 

 なお,この条例・基準集には,図表その他を省略しているものもありますので,ご了承下さい。

 眺望景観に係るデザイン基準の具体的な運用や事前協議(景観デザインレビュー)制度の進め方について分かりやすく解説した,「京の景観ガイドライン(眺望景観編)」を新たに作成しました。

京の景観ガイドライン(眺望景観編)

Adobe Reader の入手
PDFファイルの閲覧には Adobe Reader が必要です。同ソフトがインストールされていない場合には、Adobe 社のサイトから Adobe Reader をダウンロード(無償)してください。

お問い合わせ先

都市計画局 都市景観部 景観政策課 都市デザイン担当
電話: 075-222-3474 ファックス: 075-213-0461

フッターナビゲーション