スマートフォン表示用の情報をスキップ

眺望景観保全地域(近景・遠景・空間)の場合

ページ番号53235

ソーシャルサイトへのリンクは別ウィンドウで開きます

2018年7月20日

 平成30101日から,景観の手続及び規制が変わります!

 平成30年10月1日から眺望景観創生条例に基づく眺望景観保全地域を拡大し,新たに事前協議制度をはじめます。

 平成30年10月1日以降に,該当区域において,景観申請(風致地区許可,美観地区等認定,建造物修景地区届出等)を行われるものについては,新しい基準への適合や事前協議(景観デザインレビュー)の手続が必要です。

 10月1日以降の区域指定及び基準については, 告示(基準)及び「歴史的景観の保全に関する景観政策の充実事業」の「告示 別図一覧」を必ずご覧ください。

  併せて,お知らせのチラシ及びリーフレットをご覧ください。(風致保全課・景観政策課でも配布しております。

眺望景観保全地域の手続について

眺望景観保全地域(眺望空間保全区域,近景デザイン保全区域又は遠景デザイン保全区域)における手続について御案内します。

 

 申請様式のダウンロードは,こちらから行うことができます。

 申請様式のダウンロード(市街地景観課の申請様式のダウンロードのページへリンク)

眺望景観保全地域別図

お問い合わせ先

都市計画局 都市景観部 景観政策課 都市デザイン担当
電話: 075-222-3474 ファックス: 075-213-0461

フッターナビゲーション