高度集積地区のまちづくり

ページ番号43160

ソーシャルサイトへのリンクは別ウィンドウで開きます

2011年5月18日

新着情報

高度集積地区の愛称募集

ページ下から専用ページへリンクします。

高度集積地区まちづくり推進プログラム(仮称)検討委員会

第5回高度集積地区まちづくり推進プログラム(仮称)検討委員会を開催しました。(平成19年12月6日)

第4回高度集積地区まちづくり推進プログラム(仮称)検討委員会を開催しました。(平成19年11月1日)

第3回高度集積地区まちづくり推進プログラム(仮称)検討委員会を開催しました。(平成19年9月26日)

第2回高度集積地区まちづくり推進プログラム(仮称)検討委員会を開催しました。(平成19年9月12日)
第1回高度集積地区まちづくり推進プログラム(仮称)検討委員会を開催しました。(平成19年7月26日)

高度集積地区まちづくりシンポジウム(終了しました)

ページ下から専用ページへリンクします。

交通社会実験バスの愛称募集(終了しました)

高度集積地区を走る交通社会実験バスの愛称募集を行いました。(~平成19年2月19日)
バス交通社会実験については,高度集積地区整備推進協議会外部サイトへリンクしますのHPを御覧ください。

整備誘導後のイメージ

(整備誘導後のイメージ

高度集積地区とは

 

 高度集積地区は,京都市南部の幹線道路である油小路通を中心とした地区で,概ね北は十条通,南は宇治川,東は東高瀬川,西は国道1号線に囲まれた地区です。面積は約607ha であり,京都市南部地域に新たな都市機能の集積を誘導する「創造のまちづくり」の中核を担う地区です。
 京都市では,平成10年4月に「高度集積地区整備ガイドプラン」を策定し,住民・企業・行政の参画する「高度集積地区整備推進協議会」を核としながら,パートナーシップ型都市づくりを推進しています。

 

●南部創造まちづくりプラン

(高度集積地区整備ガイドプラン)

住民・企業・行政が連携するパートナーシップ型のまちづくりを基本的な枠組みとし,将来の目標像と取組方針を示しています。


 

ガイドプラン概要版

・表紙

 

●高度集積地区土地利用誘導プラン

 油小路沿道への都市機能集積に向け,民間活力の導入を図りつつ,美しい都市景観や快適な都市環境を充実させるための,都市計画上の支援内容などを紹介しています。

 

土地利用誘導プラン表紙

・表紙

 

高度集積地区土地活用相談窓口

高度集積地区への新たな企業等の立地を促すため,地権者及び企業に対する相談及び土地情報の収集・提供を行う窓口です。窓口は,京都市(都市づくり推進課)及び京都商工会議所(産業振興部)です。

 

 

高度集積地区整備推進協議会外部サイトへリンクします

 (協議会ホームページへ)

高度集積地区整備推進協議会は,“パートナーシップによる創造のまちづくり”に向けた取組を行う住民,企業,経済団体,行政機関により構成された組織であり,高度集積地区の都市づくりを実現する主体として平成12年3月に設立されました。

お問い合わせ先

京都市 都市計画局まち再生・創造推進室

電話:075-222-3503

ファックス:075-222-3478