現在位置:

建築基準関係規程に適合することの確認に必要な図書について(消防関係)

ページ番号23993

ソーシャルサイトへのリンクは別ウィンドウで開きます

2016年1月8日

建築基準関係規程に適合することの確認に必要な図書について(消防関係)

建築基準関係規程に適合することの確認に必要な図書(消防関係)は以下の通りとなります。
建築基準関係規程に適合することの確認に必要な図書
根拠法令図書の種類明示すべき事項具体的な図書の種類
消防法第9条市町村条例の規定に適合することが確認できる図書市町村条例で定められた火災の予防のためのに必要な事項 
第9条の2各階平面図住宅用防災機器の位置及び種類平面図に煙・熱の区分を明示したもの
 市町村条例の規定に適合することが確認できる図書市町村条例で定められた設置及び維持に関する基準その他予防のために必要な事項
第17条法17条第1項に適合することの確認当該規定に係る消防用設備等の技術上の基準に関する事項消防用設備等又は特殊消防用設備等設置計画書(※)
法17条第2項に適合することの確認当該条例で定められた制限に係る消防用設備等の技術上の基準に関する事項
法17条第3項に適合することの確認当該認定に係る消防用設備等に関する事項
建築基準法法第26条ただし書き各階平面図スプリンクラー設備等及び排煙設備の位置設置される範囲を色分け等で明示したもの
法第35条の規定消火設備の構造詳細図消火栓,スプリンクラー設備,貯水槽その他の消火設備の構造平面図(加圧送水装置,消火ガス・ボンベ庫,水源位置),配管系統図
法第35条の2の規定各階平面図スプリンクラー設備等及び排煙設備の位置設置される範囲を色分け等で明示したもの
令第112条第1項から第13項までの規定各階平面図スプリンクラー設備等及び排煙設備の位置設置される範囲を色分け等で明示したもの

1 図書の様式

  京都市火災予防規程第80条の規定による消防用設備等又は特殊消防用設備等設置計画書(以下,「設置計画書」という。)

     設置計画書はこちら

2 提出部数及び綴じ込み場所

  (1)5部 内訳 正本及び副本各1部,写し3部(確認申請書に綴じ込み)

  (2)建築物の階別概要第5面の次とする。

  

3 記入要領

  (1)消防法第17条に規定する消防用設備等の名称を記入(誤字脱字は認めない。ただし受付前にあってはこの限りではない。)

  (2)消防法施行令第32条による特別又は特定共同住宅等を予定している場合にあっても,設置計画書には消防法第17条に規定する消防用設備等の名称を記入し,括弧書きで(特例適用申請予定)又は(設置承認申請予定)と記入する。

  

  ※ 消防用設備等の設置プランが変更された場合は,計画変更確認申請が必要となる場合があります。

関連コンテンツ

建築基準法に基づく確認・検査及び仮使用認定について

お問い合わせ先

京都市 都市計画局建築指導部建築審査課

電話:075-222-3616

ファックス:075-212-3657