スマートフォン表示用の情報をスキップ

京都市消防局

言語選択を表示する

スマートフォン表示用の情報をスキップ

現在位置:

【広報資料】京都市総合防災訓練における消防局と上下水道局の連携訓練について

ページ番号241822

ソーシャルサイトへのリンクは別ウィンドウで開きます

2018年8月24日

広報資料

平成30年8月24日

消防局(総務部総務課 電話:212-6629)

上下水道局(水道部管理課 672-7759)

京都市総合防災訓練における消防局と上下水道局の連携訓練について

 京都市では,これまで計画的に消火栓や防火水槽などの消防水利を整備し,既に消防水利として一定数を確保してきたところですが,大地震が発生するなど,大規模火災が発生し,水量が不足した場合の備えとして,上下水道局の保有する給水車を活用し,放水に必要な水量を確保できる体制を構築しました。ついては,9月1日(土曜日)の京都市総合防災訓練において,給水車を活用した連携訓練を実施しますのでお知らせします。

1 平成30年度京都市総合防災訓練における連携訓練

(1)日時

平成30年9月1日(土曜日)

午前9時~同10時45分

(2)場所

桂川運動公園

右京区梅津大縄場町(松尾橋東詰下る)

(3)内容

上下水道局の給水車が出動し,消防団及び消防隊が一斉放水で使用する水源(防火水槽)へ補給活動を行います。

2 背景

 新潟県糸魚川市における大規模火災に伴う消防庁通知(※)を踏まえ,大規模な火災やその他の自然災害による不測の事態に備えるため,上下水道局が保有する給水車を消火活動に活用できるよう覚書を締結しました。

※ 新潟県糸魚川市における大規模火災に伴う消防通知

  平成28年12月に発生した糸魚川市の大規模火災では,大量に放水したことで消防水利の水量不足が生じたため,民間のコンクリートミキサー車等から補給を受け,水量を確保して放水活動を継続。この事例に基づき,総務省消防庁から大規模火災発生時における消防水利の確保に万全を期すよう通知が発出された。

3 内容

 大規模火災等が発生し,消火用水が不足した場合,消防局の要請に基づき,上下水道局が所有する給水車を活用し,防火水槽等への応急給水を行います。

このページに対してご意見をお聞かせください

このページは役に立ちましたか?
このページは見つけやすかったですか?

お寄せいただいたご意見は,今後のホームページ運営の参考とします。

お問い合わせ先

京都市 上下水道局水道部管理課

電話:075-672-7759

ファックス:075-682-2368