スマートフォン表示用の情報をスキップ

京都市消防局

言語選択を表示する

スマートフォン表示用の情報をスキップ

現在位置:

【広報資料】琵琶湖疏水記念館で楽しく学ぼう!~夏のイベント情報~

ページ番号238025

ソーシャルサイトへのリンクは別ウィンドウで開きます

2018年6月6日

広報資料

平成30年6月6日

上下水道局(総務部総務課 672-7810)

 京都市上下水道局では,岡崎地域の琵琶湖疏水記念館において,京都の近代化の礎を築いた琵琶湖疏水に関する資料などを展示し,琵琶湖疏水の建設の意義や役割,難工事を成し遂げた先人の偉業について,市民や観光客の皆様にお伝えしています。

 この夏,より多くの方に琵琶湖疏水記念館にお越しいただくため,小・中学校の夏休み期間に合わせて,様々なイベントを実施しますので,お知らせします。

 大人から子供まで琵琶湖疏水について楽しく学べる企画を御用意していますので,皆様ぜひお越しください。

 

1 紙芝居で学ぶ「琵琶湖疏水」

 琵琶湖疏水アカデミーの小森氏を招き,子どもにも分かりやすい内容の紙芝居で,琵琶湖疏水の歴史を紹介します。また,模型を使用して,インクラインが動く仕組みも解説します。

(1)開催日

平成30年8月5日(日曜日),18日(土曜日)

(2)開催時間

午後1時~(約30分)

(3)会場

琵琶湖疏水記念館2階AVホール(左京区南禅寺草川町17)

(4)定員

40名(当日の先着順)

(5)料金

無料

2 学芸員が語る 「第2代京都市長・西郷菊次郎の生涯」,「近代京都を支えた『水の路』」

 琵琶湖疏水にまつわる貴重なエピソードを,学芸員が分かりやすく語ります。

第2代京都市長・西郷菊次郎(1861~1928)


明治時代の南禅寺船溜

(1)開催日

8月11日(土曜日・祝日),8月12日(日曜日)

(2)開催時間

午後1時~(約30分)

(3)会場

琵琶湖疏水記念館2階AVホール(左京区南禅寺草川町17)

(4)内容

8月11日(土曜日・祝日)「第2代京都市長・西郷菊次郎の生涯」 ~京都の西郷どん~

 第2疏水建設を推し進め,水道事業を創設した第2代京都市長・西郷菊次郎。いわば京都市水道の生みの親ともいえる人物の,波乱の生涯をご紹介します。

8月12日(日曜日)「近代京都を支えた『水の路』」 ~疏水舟運とその歴史~

 琵琶湖疏水が完成したことで京都の水運はどのように変わっていったのか。疏水舟運の歴史を紐解いていきます。

(5)定員

40名(当日の先着順)

(6)料金

無料

(7)その他

 イベント後,午後2時から学芸員による展示解説を実施します。館内の展示品を御覧いただきながら, 琵琶湖疏水の歴史や役割などについて紹介します。参加希望の方は,琵琶湖疏水記念館1階ロビーへ直接お越しください。

3 映画「明日をつくった男~田辺朔郎と琵琶湖疏水~」上映会



(1)開催日

平成30年8月4日(土曜日),19日(日曜日),25日(土曜日),26日(日曜日)

(2)時間

午後2時~(上映時間84分)

※ 1日1回上映

(3)会場

琵琶湖疏水記念館2階AVホール(左京区南禅寺草川町17)

(4)定員

40名(当日の先着順)

(5)料金

無料

(6)映画「明日をつくった男~田辺朔郎と琵琶湖疏水~」について

ア 内容

 明治のはじめ,幕末の動乱の傷跡を深く残し,明治維新後,人口が激減し,危機にあった京都が,近代都市として再生を果たす契機となった琵琶湖疏水工事。この工事を指揮したのが,20代の若きエンジニア,田邉朔郎(たなべさくろう)でした。

 この映画は,平成15年に京都で開催された「第3回世界水フォーラム」に向けて製作されたもので,100年先の未来をも見据えて前代未聞の難工事に挑んだ明治の人々の気概や工事の様子,琵琶湖疏水の現在の姿をアニメーション,CG,実写を織り交ぜて,いきいきと描いています。

イ 監督

 牛山真一

ウ 出演者

 鶴見辰吾,純名りさ,寺田農 ほか

エ 製作

 虫プロダクション株式会社


田邉朔朗とは・・・

 1861年~1944年。日本の土木工学の開拓者。
 1861年に江戸で生まれ,1883年に工部大学校(現・東京大学工学部)を卒業。右手中指に大けがを負いながら,左手で執筆した卒業論文「琵琶湖疏水工事の計画」が,北垣国道(きたがきくにみち)京都府知事の目に留まり,23歳の若さで琵琶湖疏水建設事業の主任技師に抜擢された。前代未聞の難工事を率いるとともに,アメリカの水力発電所を視察し,蹴上に日本最初の事業用水力発電所を建設した。京都の産業や市民生活の近代化の礎をつくった一人である。琵琶湖疏水の完成後も,トンネル,運河,水力発電,鉄道,治水,防災など日本各地の幅広い事業で活躍し,日本の近代化に大きく貢献した。
 京都市上下水道局では,平成元年に琵琶湖疏水記念館を開館するに当たり,田邉家から,田邉朔郎の卒業論文,日記など貴重な資料約1万点の寄託を受け,一部を琵琶湖疏水記念館において展示している。

4 探検!発見!琵琶湖疏水

 琵琶湖疏水や水道事業について,楽しみながら学んでいただくため,館内で5つの課題に挑戦していただく体験型イベント「探検!発見!琵琶湖疏水」を実施します。

(1)開催期間

平成30年7月24日(火曜日)~8月26日(日曜日) (休館日を除く※)

 休館日は毎週月曜日(月曜日が祝日・休日の場合は翌平日休館)

(2)参加費

無料

(3) 参加手順

ア 台紙の入手

  琵琶湖疏水記念館入口に台紙を配架します。

イ 課題への挑戦

  台紙に記載された5つの課題(クイズなど)に挑戦していただきます。

ウ 記念品の進呈

  5つの課題の正解を台紙に記入していただいた方には,上下水道局オリジナルグッズをプレゼントします。記念品の進呈は,琵琶湖疏水記念館1階受付で行います。

イベントスケジュール


【参考】琵琶湖疏水記念館について

⑴ 所在地  左京区南禅寺草川町17

⑵ 開館時間 3月1日~11月30日 午前9時~午後5時

         12月1日~2月末日  午前9時~午後4時30分

         ※入館は閉館の30分前まで

⑶ 休館日  毎週月曜日(月曜日が祝日・休日の場合は翌平日休館)

         12月28日~1月3日

⑷ 展示内容

 琵琶湖疏水が京都の近代化に果たした役割や水道事業の歩みを紹介する資料,大正時代の蹴上付近を復元したジオラマ等を展示。

⑸ 入館料  無料

⑹ アクセス 地下鉄東西線「蹴上」駅下車徒歩7分

         市バス5系統「岡崎法勝寺町」下車徒歩4分

         市バス京都・岡崎ループ「南禅寺・疏水記念館・動物園東門前」すぐ



このページに対してご意見をお聞かせください

このページは役に立ちましたか?
このページは見つけやすかったですか?

お寄せいただいたご意見は,今後のホームページ運営の参考とします。

お問い合わせ先

上下水道局 総務部 総務課
電話:075-672-7810
ファックス:075-682-2711