現在位置:

【広報資料】9月10日は「下水道の日」 街頭キャンペーンの実施について

ページ番号225024

ソーシャルサイトへのリンクは別ウィンドウで開きます

2017年9月4日

広報資料

平成29年9月4日

上下水道局総務部総務課(672-7810)

イオンモールKYOTOで浸水対策等をPR!

 市民の皆様の快適で衛生的な生活を支え,良好な水環境を保全するとともに,京都市の下水環境の保全に大切な役割を担う下水道の意義を,改めて市民の皆様に認識していただくため,9月10日の「下水道の日」に合わせて街頭キャンペーンを実施しますので,お知らせします。

 今年は,イオンモールKYOTOで,マスコットキャラクターのホタルの澄都(すみと)くん,ひかりちゃんと上下水道局職員が啓発グッズや冊子を配布し,浸水対策をはじめとする下水道の役割や重要性を呼び掛けます。

1 日時

 平成29年9月10日(日曜日) 午後2時~午後4時

2 場所

 イオンモールKYOTO

 (Sakura館3F吹き抜け横)

3 内容

⑴ 澄都(すみと)くん・ひかりちゃんのぬりえブース

 澄都(すみと)くんとひかりちゃん誕生20周年を記念した,ぬりえを子ども達に描いていただくブースを設置します。参加いただいた方には,記念品として千社札シールのほか,マンホールカード,又は微生物カードなどのコレクションカードをプレゼントします(記念品は,無くなり次第,配布を終了します。)。

 また,お描きいただいたぬりえは,琵琶湖疏水記念館等での展示を予定しています(展示場所や期間等は,後日上下水道局ホームページのトップページ新着情報欄でお知らせします。)。

⑵ 啓発グッズや冊子の配布

 澄都(すみと)くん,ひかりちゃんと上下水道局職員が,冊子「京都市「雨に強いまちづくり推進行動計画」概要版」や,啓発グッズのピカリンスポンジ,うちわを配布します。

⑶ パネル,雨水貯留タンクの展示

 京都駅周辺で整備した塩小路幹線公共下水道の説明パネルを展示し,大雨による浸水からまちを守る下水道の役割をアピールします。

 また,雨水浸透ます及び雨水貯留タンクの説明パネルなどを展示するとともに,雨水貯留タンクは実物を展示し,市民の皆様に設置を呼び掛けます。

注目!その1 「下水道事業PRプロジェクトチーム」ホームページを公開!

 この度,9月10日の「下水道の日」に合わせて,下水道部の若手職員などを中心に結成した「下水道事業PRチーム」が作成したホームページを公開します。チームの活動紹介だけでなく,公共下水道事業について,理解を深めていただける内容となっており,今後もコンテンツの充実を図っていくこととしています。
(URL) http://www.city.kyoto.lg.jp/suido/page/0000223480.html
【平成29年9月10日公開】


注目!その2 澄都(すみと)くん・ひかりちゃん誕生20周年!

 平成9年11月8日に,当時の下水道局マスコットキャラクターとして,誕生したホタルの澄都(すみと)くんとひかりちゃんは,今年で誕生20周年を迎えています。平成16年に水道局と統合した後も,上下水道局のマスコットキャラクターとして,街頭啓発などの際に登場し,市民の皆様に親しまれる存在となっています。今回の「下水道の日」街頭キャンペーンでも,会場を盛り上げます。


注目!その3 「微生物カード」をゲットしよう

 今回の「下水道の日」街頭キャンペーンでは,ぬりえを描いていただいた方に,マンホールカードのほか,下水道事業PRプロジェクトチームが新たに作成した「微生物カード」を配布します。微生物を独自の視点でデザインしており,楽しみながら微生物を覚えられるように工夫を凝らしたカードには,名称はもちろん,大きさや特徴などを記載しています。


参考

【参考1】「下水道の日」について

 「下水道の日」は,下水道を全国的にアピールするため,昭和36年から「全国下水道促進デー」として始まりました。立春から数えて220日目となる9月10日は,大きな台風がよく来る日とされており,大雨に備えることは下水道の大きな役割の1つであるため,この日が「全国下水道促進デー」とされ,平成13年には,より親しみのある名称として「下水道の日」に変更されました。
 京都市では,毎年この「下水道の日」に合わせて,街頭キャンペーンを実施しています。

【参考2】塩小路幹線公共下水道について

 下京区の七条通や塩小路通などで,京都駅周辺での浸水対策として整備された約1.7kmにわたる幹線です。大雨が降った時に雨水の一部を取り込み,浸水被害や下水の河川への流出を防ぐ役割を果たしています(供用開始:平成28年7月1日)。


【参考3】下水道事業PRプロジェクトチームについて

 京都市の下水道事業は,平成22年に80周年を迎え,これを機に若手職員を 中心とした「下水道事業開始80周年記念事業プロジェクトチーム」を結成し,様々なPR活動を実施してきました。80周年記念事業後も下水道のPR活動を継続したいというチーム員の熱意のもと,平成23年度からは,「下水道事業PRプロジェクトチーム」と名称を変え,柔軟な発想や機動力を生かして,下水道PRポスターの作成,街頭キャンペーン,各種イベントでの下水道事業PRブース出展等の積極的な広報活動を行っています。

【参考4】マンホールカードについて

 「マンホールカード」は,各地の文化や歴史,名所,名産等をデザインした個性あふれるマンホール蓋をコレクションできるカードで,オモテ面にはマンホール蓋の写真と位置情報,ウラ面には,マンホールのデザインの由来が記載されています。公益社団法人日本下水道協会が事務局を務める下水道広報プラットホーム(GKP)が企画し,平成28年4月から全国28自治体で配布を開始しました。

【参考5】京都市「雨に強いまちづくり」推進行動計画概要版について

 京都市「雨に強いまちづくり」推進行動計画(平成27年3月策定)の5つの基本方針(1ながす,2ためる・しみこませる,3くみだす,4つたえる・にげる,5そなえる・まもる)ごとの主な取組や,市民の皆様による身近な浸水対策,よくある水災害時の困りごとQ&Aなどを記載した推進行動計画の概要版を作成し,平成27年8月10日から,市役所案内所,区役所・支所,図書館,消防署,上下水道局営業所などに配架しています。

【参考6】雨水貯留施設及び雨水浸透ます設置助成制度について

 近年多発する集中豪雨や台風接近に伴う大雨による都市型水害の発生を防ぐ取組の一つとして,市民の皆様にも,雨水を一時的に貯留し有効活用ができる雨水貯留タンクや,雨水を地中に浸透させ市街地への雨水の流出を抑制する効果がある雨水浸透ますを設置していただくための助成制度を設けています。平成29年3月29日からは,雨水貯留施設設置助成金制度の改正し,雨水貯留施設の設置工事費も助成対象としています(ただし,雨水貯留施設の購入と同時に設置工事を依頼された場合に限ります。)。

このページに対してご意見をお聞かせください

このページは役に立ちましたか?
このページは見つけやすかったですか?

お寄せいただいたご意見は,今後のホームページ運営の参考とします。

お問い合わせ先

上下水道局総務部総務課
電話:075-672-7810
ファックス:075-682-2711