雨水貯留施設設置助成金制度の概要

ページ番号186980

ソーシャルサイトへのリンクは別ウィンドウで開きます

2015年8月10日

雨水貯留施設設置助成金制度について

雨水貯留施設とは?

 雨水貯留施設は住宅の屋根に降った雨を雨どいから集水し,設置したタンク等に貯留する施設です。雨水をためる(貯留する)ことを目的としたものとなります。雨水貯留施設を設置することで,浸水対策を行うことができるだけでなく,雨水の有効利用にもつながります。

 近年多発する集中豪雨や台風接近に伴う大雨により,大量の雨水が市街地に流れ出す「都市型水害」の発生を防ぐため,京都市では市民の皆様に雨水貯留施設を設置していただけるよう助成制度を設けています。


雨水貯留施設の概要

助成の対象

⑴ 助成対象者

 住宅,事業所等の建築物に雨水貯留施設を設置される方

 ※ 京都市公共下水道事業認可区域内の建物に限ります。また,展示や販売を目的として設置するものを除きます。

⑵ 助成対象となる雨水貯留施設

 貯留容量が80リットル以上の雨水貯留施設

 ※ 1つの建築物につき4基を上限とします。

助成金額

雨水貯留施設1基につき 購入費用の4分の3 (設置工事費,送料,その他手数料等は含まない。)

※ 上限 37,500円 (百円未満切捨て) (消費税及び地方消費税相当額を含む。)

助成金制度の利用

 雨水貯留施設を設置する前に上下水道局に御相談していただき,設置完了後,申請書に必要書類を添付してお申し込みいただきます。

申請受付期間

 平成27年8月11日㈫~平成28年1月29日㈮

 ※ 助成金額が300万円に達した場合は,期間中であっても申請受付を終了します。

申請書様式

雨水貯留施設設置助成金交付要綱

  • 雨水貯留施設設置助成金交付要綱

    雨水貯留施設設置者に対する助成制度について定めた要綱です。(クリックすると,下水道部管理課が所管する要綱等のページに移動します。)

このページに対してご意見をお聞かせください

このページは役に立ちましたか?
このページは見つけやすかったですか?

お寄せいただいたご意見は,今後のホームページ運営の参考とします。

お問い合わせ先

京都市上下水道局 下水道部 管理課
電話:075-672-7822 ファックス:075-682-2707