スマートフォン表示用の情報をスキップ

現在位置:

市長定例記者会見(2018年12月12日)

ページ番号245980

ソーシャルサイトへのリンクは別ウィンドウで開きます

2018年12月12日

広報資料

平成30年12月12日

総合企画局市長公室秘書担当(電話:222-3066)

本庶佑氏の京都市名誉市民の内定について

この度,京都大学特別教授の本庶佑氏に,京都市名誉市民の称号をお贈りすることを内定致しました。

 

1 名誉市民内定者

本庶 佑 氏

(京都大学高等研究院 副院長/特別教授)


2 御功績

 氏は,平成4年に,免疫細胞の働きを抑制する「PD-1」分子を発見。PD-1を阻害することでがんを治療する新しいがん治療薬の開発に結び付いた。この画期的な免疫療法を確立された御功績によりノーベル生理学・医学賞を受賞された。
 氏の研究成果である新たな治療薬は,様々ながん種に劇的な効果が確認されており,これまでのがん治療を一変させるものとして,医学・医療全般の可能性を大きく広げるものと期待されており,その功績は誠に顕著である。
 また京都大学高等研究院副院長・特別教授はじめ要職を歴任され,我が国の科学技術の発展に多大な御貢献をされている。
 本市においても,「京都市バイオシティ構想」の策定委員,同構想を推進する「医工連携プロジェクト検討委員会」の座長を務めていただくとともに,産学公が連携した「京都市地域結集型共同研究事業」の事業総括として,ナノテクノロジーを用いた革新的な医療技術の研究開発に尽力されるなど,京都のライフサイエンス産業振興に大きく寄与された。

3 今後の予定

  平成31年2月市会において同意を得たうえで,贈呈式を開催します。
  ※日程については別途お知らせいたします。

広報資料(本庶佑氏の京都市名誉市民の内定について)

Adobe Reader の入手
PDFファイルの閲覧には Adobe Reader が必要です。同ソフトがインストールされていない場合には、Adobe 社のサイトから Adobe Reader をダウンロード(無償)してください。

このページに対してご意見をお聞かせください

このページは役に立ちましたか?
このページは見つけやすかったですか?

お寄せいただいたご意見は,今後のホームページ運営の参考とします。

お問い合わせ先

京都市 総合企画局市長公室秘書担当

電話:075-222-3066

ファックス:075-222-3177

フッターナビゲーション