現在位置:

【広報資料】「京都・明治150年キックオフイベント」の開催について

ページ番号228328

ソーシャルサイトへのリンクは別ウィンドウで開きます

2017年11月17日

広報資料

平成29年11月17日

総合企画局(市長公室政策企画調整担当222-3035)

「京都・明治150年キックオフイベント」の開催について

 来年,平成30年は,明治改元から満150年の節目の年に当たります。

 京都市では,この機会に,明治維新による都市衰退の危機を克服した,京都の先人の取組とその意義を市民ぐるみで見直し,今と未来に活かすことを目指す,多彩な明治150年関連事業を,平成30年の1年間を通して実施します。

 その幕開けを飾る「京都・明治150年キックオフイベント」を,国や民間企業等との連携の下,下記のとおり開催しますので,お知らせします。

京都・明治150年キックオフイベント

1 シンポジウム「京都・明治150年シンポジウム~困難に立ち向かい,京都の未来を変えた市民の力~」

(1)日時 平成30年1月7日 日曜日 午後3時~5時

(2)場所 ロームシアター京都サウスホール(京都市左京区岡崎最勝寺町13)

(3)内容

  1.オープニング

   ~明治の落語,笑顔で幕開け,明治150年~(仮題) 笑福亭晃瓶氏

  2.挨拶 門川大作 京都市長

       時澤忠  内閣官房「明治150年」関連施策推進室長

  3.基調講演

    磯田道史氏(歴史学者,国際日本文化研究センター准教授)

  4.パネルディスカッション

   <パネリスト>

    磯田道史氏

    羽田美智子さん(女優)

    門川大作市長

  ※司会進行:三宅民夫氏(元NHKアナウンサー)

  <ロビー企画>

   会場のロビーにおいて,

   ・市民の皆様から公募した明治期の写真パネル展

   ・明治期に創案の「盆略点前」をテーブルで茶道体験(先着20名) など

    (京都観光おもてなし大使・田中賀鶴代さんの御協力)

   を実施予定

(4)主催,共催,後援等

   主催:京都市, 共催:内閣官房, 協力:文化庁地域文化創生本部,後援:NHK京都放送局

(5)参加申込み等

  1.入場料 無料(自由席)

  2.定員 700名(応募者多数の場合は抽選)

  3.募集期間 平成29年11月17日金曜日~平成29年12月15日金曜日

  4.申込み 参加者の氏名,ふりがな,郵便番号,住所,電話番号,同伴者全員の氏名(3名まで),蹴上発電所特別見学会参加希望の有無,車椅子席・手話通訳希望の有無を明記のうえ,京都いつでもコール(Tel:075-661-3755,Fax:075-661-5855,電子メール(ホームページの送信フォームhttp://www.city.kyoto.lg.jp/sogo/page/0000012821.html))までお申し込みください。

  ※締め切り後,申込者全員に参加の可否をハガキで御連絡します。

 

蹴上発電所特別見学会

(1)日時 平成30年1月7日 日曜日 午後1時15分~2時15分

(2)場所 蹴上発電所(京都市左京区粟田口鳥居町2)

(3)内容 明治24年(1891年)に運転開始した日本初の事業用発電所「蹴上発電所」の特別見学会を実施します。

(4)協力 関西電力株式会社

(5)参加申込み等

  1.参加費 無料

  2.定員 20名(応募者多数の場合は抽選)

  3.対象 1のシンポジウム(同日15時~)に参加される小学4年生以上の方

       ※シンポジウムと合わせてお申し込みください。

       ※小学生は保護者同伴

 

琵琶湖疏水記念館 「明治150年・京都のキセキ」展

(1)日時 平成30年1月7日 日曜日 午前9時~午後4時30分(入館は4時まで)

(2)場所 琵琶湖疏水記念館(京都市左京区南禅寺草川町17)

(3)内容 琵琶湖疏水通船復活事業や蹴上発電所を紹介するパネルの展示等を行います。

       ※学芸員による展示解説ツアーを正午と午後1時30分からの2回実施します(参加費無料,各回先着20名)。参加希望の方は,同館1階ロビーに直接お越しください。

(4)参加申込み等

  1.入 館 料 無料  

  2.申 込 み 不要

 

 

【明治の京都について】

 150年前(1868年),我が国は明治に改元し,近代国家への歩みを踏み出しました。

 しかし,京都は明治維新で都の地位を失い,人口の3分の1が減少するなど,大きな危機に直面。

 この困難に私たちの先人は,「まちづくりは人づくりから」と,全国に先駆けて小学校を創設するとともに,琵琶湖疏水の建設,日本初の水力発電所の営業や芸術大学の開校,工業高校の開校,電車事業の開始など,先進的な取組に挑戦し,今日の発展の礎を築きました。

広報資料

Adobe Reader の入手
PDFファイルの閲覧には Adobe Reader が必要です。同ソフトがインストールされていない場合には、Adobe 社のサイトから Adobe Reader をダウンロード(無償)してください。

このページに対してご意見をお聞かせください

このページは役に立ちましたか?
このページは見つけやすかったですか?

お寄せいただいたご意見は,今後のホームページ運営の参考とします。

お問い合わせ先

京都市 総合企画局市長公室政策企画調整担当,特区活用推進担当

電話:075-222-3035

ファックス:075-213-1066