【広報資料】平成29年度政策評価結果について

ページ番号225845

ソーシャルサイトへのリンクは別ウィンドウで開きます

2017年9月21日

広報資料

平成29年9月21日

総合企画局(担当 市長公室政策企画調整,電話 222-3035)

 京都市では,政策評価制度を運用し,「はばたけ未来へ 京プラン」に掲げた政策・施策について,その目的がどの程度達成されているかを,各種の指標やアンケート調査を基に把握し,市民の皆様に公表するとともに,より効果的な市政の運営や政策の企画・立案等に活用しています。

 この度,平成29年度の政策評価の結果を取りまとめましたので,お知らせします。

1 政策評価の対象と手法

(1)評価の対象

 平成23年度から10年間の都市経営の基本である京プランの政策体系をベースに,特定の行政課題に対応するために本市が目指すべき基本的方向である政策(27項目)と,政策をより具体化した行政活動の目標となる施策(114項目)を評価します。

(2)評価の手法

 政策・施策ごとに,統計データ等の中から客観指標を設定して目標達成度等の成果を測る「客観指標評価」と,「京プラン」に掲げた「みんなでめざす10年後の姿」に対して今の市民生活がどうなっているかをアンケートでお尋ねする「市民生活実感評価」の結果を総合し,A~Eの5段階で評価します。

 A:目的が十分に達成されている

 B:目的がかなり達成されている

 C:目的がそこそこ達成されている

 D:目的があまり達成されていない

 E:目的が達成されていない

2 平成29年度政策評価結果の概要

(1)政策の評価

政策27項目の評価結果の内訳
 年度ABCDE合計 
29年度

8

16

3

0027
28年度

7         

17

3

0027

  昨年度と比べ,2政策の評価が上がり,1政策の評価が下がりました。D評価(あまり達成されていない)及びE評価(達成されていない)は引き続きありませんでした。 

    <評価が上がった政策>

   C→B:スポーツ

   B→A:建築物

   <評価が下がった政策>

   B→C:地域福祉

(2)施策の評価

施策114項目の評価結果の内訳
年度ABCDE合計
 29年度

32

57

23

2

0 114
 28年度

31

61

20

2

0 114

 昨年度と比べ,13施策の評価が上がり,16施策の評価が下がりました。E評価はありませんでしたが,「課題に直面する青少年の総合的支援の推進」及び「まちのにぎわいと潤いを創出する市街地環境の整備」がD評価となっています。

【平成29年度 政策評価資料】

 平成29年度政策評価結果及び参考資料(政策の評価票,施策の評価票,客観指標基礎データ)は,「政策評価制度」ホームページに掲載しています。

アドレス http://www.city.kyoto.lg.jp/sogo/page/0000035589.html

 

このページに対してご意見をお聞かせください

このページは役に立ちましたか?
このページは見つけやすかったですか?

お寄せいただいたご意見は,今後のホームページ運営の参考とします。

お問い合わせ先

京都市 総合企画局市長公室政策企画調整担当,特区活用推進担当

電話:075-222-3035

ファックス:075-213-1066