現在位置:

【広報資料】シンポジウム「文化による地方創生ー関西からの展望」の開催について

ページ番号225146

ソーシャルサイトへのリンクは別ウィンドウで開きます

2017年9月6日

広報資料

平成29年9月6日

総合企画局文化庁移転推進室(電話 075-222-4200)

シンポジウム「文化による地方創生ー関西からの展望」の開催について

 東京一極集中の是正と地方創生を目的とした政府関係機関の地方移転の一環として,平成28年3月,文化庁の京都への全面的な移転が決定しました。そして,平成29年4月に,先行移転として京都市東山区に「文化庁地域文化創生本部」が設置され,7月には,本格移転の規模(職員の7割)や移転場所(京都府警察本部本館)等が決まり,遅くとも平成33年度中の移転を目指すこととなりました。

 また,文化庁は,移転を機に,観光,産業,教育,福祉,まちづくり等の様々な関連分野との連携を強化するなど,新たな政策ニーズに対応した機能強化を図り,総合的な文化施策を推進していくこととなっています。

 この度,京都市・京都府・京都商工会議所において,関西全体での文化庁移転の機運醸成を図ることを目的として,下記のとおりシンポジウムを開催しますので,お知らせします。

 経済界や文化関係者等を交えて,文化庁の移転の意義や効果,文化資源を活かした地方創生,文化と観光や産業との連携による経済の活性化等に対して関西が果たすべき役割や今後の取組の方向性等について議論します。

開催概要

・平成29年11月2日(木曜日)

・午後1時45分 ~ 午後4時15分

・大阪市中央公会堂 (大阪市北区中之島)

・入場無料 定員500名 事前申込みが必要です

プログラム

1. オープニング
               落語 『立体西遊記』  笑福亭鶴笑

2. 挨拶
               門川大作(京都市長)

3. 講演         「文化庁の京都移転と地域文化創生本部の活動」
               松坂浩史(文化庁地域文化創生本部事務局長)

4. パネルディスカッション

      ◇パネリスト

               奥野卓司(関西学院大学教授,山階鳥類研究所所長)

               杉本節子(奈良屋記念杉本家保存会常務理事兼事務局長,料理研究家)

               角和夫(関西経済連合会副会長,関西観光本部理事,

                   阪急阪神ホールディングス代表取締役会長グループCEO)

               高島幸次(大阪大学招聘教授,大阪天満宮文化研究所研究員)

      ◇コーディネーター

               佐々木洋三(関西・大阪21世紀協会専務理事)

申込・お問合せ

 「はがき」「電子メール」「ホームページ(所定フォーマット記入)」「FAX」のいずれかで,9月6日(水曜日)から10月17日(火曜日)までに,郵便番号,住所,氏名,電話番号,電子メールアドレス,同伴者氏名(1名まで可能)を添えて,文化庁移転推進シンポジウム事務局(FAX:06-6221-5939,E-mail: bunkacho-iten@convention.co.jp,ホームページ: http://www2.convention.co.jp/bunkacho-iten外部サイトへリンクします)へお申込みください。

 お申込みいただいた方へは,「抽選結果」に関わらず連絡はがきを送付します。

 10月26日まで(木曜日)まで応募期間を延長しています。

シンポジウム「文化による地方創生ー関西からの展望」

Adobe Reader の入手
PDFファイルの閲覧には Adobe Reader が必要です。同ソフトがインストールされていない場合には、Adobe 社のサイトから Adobe Reader をダウンロード(無償)してください。

このページに対してご意見をお聞かせください

このページは役に立ちましたか?
このページは見つけやすかったですか?

お寄せいただいたご意見は,今後のホームページ運営の参考とします。

お問い合わせ先

京都市 総合企画局文化庁移転推進室

電話:075-222-4200

ファックス:075-212-2902