現在位置:

「明治150年・京都の奇跡プロジェクト」の推進について

ページ番号225112

ソーシャルサイトへのリンクは別ウィンドウで開きます

2017年9月1日

「明治150年・京都の奇跡プロジェクト」の推進について

  来年,平成30年は,明治改元から満150年の節目の年に当たります。

 京都にとって,明治時代は,維新で都の地位を失い,都市衰退の危機に直面した困難な時代でした。この危機に際し,私たちの先人は,力を合わせ,お金も出し合い,市民ぐるみで全国初の小学校を創設するとともに,琵琶湖疏水や水力発電所の建設,市電の開業など,先進的な取組に挑戦。困難を克服し,今日の発展の礎を築きました。

 このことを踏まえ,本市では,市民ぐるみで明治以降の京都の歩みを見直し,学び,未来に活かしていくため,来年の明治150年に先立ち,琵琶湖疏水通船の復活(今年4月,試行実施),番組小学校創設に係る学校歴史博物館企画展(同7~9月),大政奉還150周年記念プロジェクト(同10月)など,先行事業に取り組んでいます。また,6月には,全庁体制の「明治150年・京都の奇跡プロジェクト」推進チームを発足し,さらに積極的に取組を推進することとしています。

 この度,1 「市民が主役の『明治150年イヤー』の推進(市民との協働の推進)」を図るとともに,2 「来年1月からの明治150年・前半期の主な事業計画(概要案)」をまとめましたので,お知らせします。

なお,この取組に当たっては,文化庁地域文化創生本部と連携を図りながら推進してまいります。

 また,2の事業計画の実施に当たり,一部事業について(※)9月補正予算を市会に提案してまいります。(※ P5~事業計画のうち1,6,8の事業)

市長記者会見(平成29年8月31日)

具体的な内容について,市長記者会見を行いました。

市長記者会見資料

Adobe Reader の入手
PDFファイルの閲覧には Adobe Reader が必要です。同ソフトがインストールされていない場合には、Adobe 社のサイトから Adobe Reader をダウンロード(無償)してください。

専用ポータルサイト開設!

 明治150年を契機として,京都の先人の取組を振り返り,今と未来に活かす本プロジェクトを広く周知するとともに,行政からの一方的な情報発信ではなく,市民の方々から,明治以降の京都の移り変わり等を再確認・再発見する写真とコメントを募り,掲載するなど,市民の皆様と共に発信するサイトとして開設しました。

↓URLはこちら↓

https://meiji150.kyoto/外部サイトへリンクします

このページに対してご意見をお聞かせください

このページは役に立ちましたか?
このページは見つけやすかったですか?

お寄せいただいたご意見は,今後のホームページ運営の参考とします。

お問い合わせ先

京都市 総合企画局市長公室政策企画調整担当,特区活用推進担当

電話:075-222-3035

ファックス:075-213-1066