現在位置:

【広報資料】『新作能 面影 ~ポール・クローデル「女と影」による~』の開催について

ページ番号222553

ソーシャルサイトへのリンクは別ウィンドウで開きます

2017年7月7日

広報資料

平成29年7月7日

総合企画局(国際化推進室 222-3072)

京都・パリ友情盟約締結60周年記念プレ事業/アンスティチュ・フランセ関西創立90周年記念『新作能 面影 ~ポール・クローデル「女と影」による~』の開催について

 この度,京都市では,来年度,フランス共和国のパリ市との友情盟約締結60周年を迎えることを記念し,フランスの劇作家ポール・クローデルの「女と影」を題材とした『新作能 面影 ~ポール・クローデル「女と影」による~』を下記のとおり開催しますので,お知らせします。

1 日時

平成29年10月29日(日曜日)午後4時開演(午後3時30分開場)

2 会場

金剛能楽堂(上京区烏丸通中立売上ル)

3 出演

金剛 永謹ほか

4 料金

正面席:8,000円  脇正面席:7,000円 

中正面席・2階席:6,000円  学生席:4,000円

※全席指定

5 発売日

平成29年7月8日(土曜日)

6 発売場所

金剛能楽堂WEBサイト【24時間申込可能】 (http://www.kongou-net.com/外部サイトへリンクします

金剛能楽堂事務所(窓口・電話)TEL:075-441-7222

  (9:00~17:00/月曜日休館※公演開催の都合により変更あり)

チケットぴあ TEL 0570-02-9999(Pコード:480-219) (http://pia.jp/外部サイトへリンクします

7 問合せ先

金剛能楽堂 TEL:075-441-7222 FAX:075-451-1008

         http://www.kongou-net.com/外部サイトへリンクします

 

8 主催

(公財)金剛能楽堂財団

9 共催

京都市,アンスティチュ・フランセ関西

参考 開催に至る経過

ポール・クローデルは,劇作家であると同時に,詩人大使として知られた駐日フランス大使(1921-1927)である。

クローデルは,1924年に仏人研究者のための施設として東京に日仏会館を設立した後,1927年,フランス政府が日本で初めて運営するフランス語・フランス文化センターとして関西日仏学館(現 アンスティチュ・フランセ関西)の創設にも大きく尽力した。

能,文楽,歌舞伎を愛したクローデルは,在日中も盛んに創作活動を行い,謡曲風の戯曲「女と影」は,歌舞伎役者五代目中村福助によって帝国劇場で上演された。

2015年,「女と影」の翻訳が見つかったことをきっかけに,クローデルが設立を提唱したアンスティチュ・フランセ関西の創立90周年を記念する公演として,金剛流宗家による上演が企画された。

アンスティチュ・フランセ関西創立90周年であるとともに,京都・パリ友情盟約締結60周年を来年に控える記念すべき年に,日仏両国の文化の出会いを象徴するクローデルの作品を,詩人大使が愛した京都で上演し,二国間の友好を祝うこととなった。

広報資料

Adobe Reader の入手
PDFファイルの閲覧には Adobe Reader が必要です。同ソフトがインストールされていない場合には、Adobe 社のサイトから Adobe Reader をダウンロード(無償)してください。

チラシ

Adobe Reader の入手
PDFファイルの閲覧には Adobe Reader が必要です。同ソフトがインストールされていない場合には、Adobe 社のサイトから Adobe Reader をダウンロード(無償)してください。

このページに対してご意見をお聞かせください

このページは役に立ちましたか?
このページは見つけやすかったですか?

お寄せいただいたご意見は,今後のホームページ運営の参考とします。

お問い合わせ先

京都市 総合企画局国際化推進室

電話:075-222-3072

ファックス:075-222-3055