スマートフォン表示用の情報をスキップ

現在位置:

市民しんぶん区版(平成29年6月15日号)挟み込み及び月刊誌「Leaf」への記事の掲載について

ページ番号220667

ソーシャルサイトへのリンクは別ウィンドウで開きます

2017年6月29日

市民しんぶん区版(平成29年6月15日号)挟み込み及び月刊誌「Leaf」への記事の掲載について

 文化庁の京都移転については,平成29年4月,先行移転となる「文化庁地域文化創生本部」が東山区に発足し,文化と観光,産業,まちづくりなど様々な分野を連携させ,移転のメリットを全国に示すための検討や取組が精力的に進められております。

 このたび,そうした文化庁移転に係る動向や京都移転の意義・効果,移転を契機とした市民ぐるみの取組等を広く周知するため,市民しんぶん区版(平成29年6月15日号)への挟み込み広報を行うとともに,月刊誌「Leaf」8月号にも記事が掲載されました。

 内容は,移転の意義や文化庁地域文化創生本部への期待等をテーマとした,「文化庁京都移転・私たちができること推進チーム」(※)のチームメンバーである笹岡隆甫氏と伊豆田千加氏,文化庁地域文化創生本部事務局長の松坂浩史氏,門川市長による座談会の様子のほか,移転に向けた取組経緯や今後のスケジュール,文化庁地域文化創生本部の概要,「文化庁京都移転・私たちができること推進チーム」の概要等を紹介したものとなっております。

(※)文化庁京都移転・私たちができること推進チーム

 文化庁の京都移転を契機に,「文化の力で日本を元気にするために,自分たちに何ができるか」を考え,市民ぐるみで行動するチーム京都として,平成28年11月に発足。


表面(2,3P)文化庁の移転について語る

  • 表面(2,3P)(PDF形式, 917.30KB)

    笹岡隆甫・華道「未生流笹岡」家元と伊豆田千加・NPO法人子育ては親育て・みのりのもり劇場理事長,松坂浩史・文化庁地域文化創生本部事務局長,門川大作・京都市長による座談会


裏面(1,4P)歓迎!「文化庁の京都移転」

  • 裏面(1,4P)(PDF形式, 1.14MB)

    移転に向けた取組経緯や今後のスケジュール,文化庁地域文化創生本部の概要,「文化庁京都移転・私たちができること推進チーム」の概要等を紹介




月刊誌「Leaf」8月号(平成29年6月24日発売号)

Adobe Reader の入手
PDFファイルの閲覧には Adobe Reader が必要です。同ソフトがインストールされていない場合には、Adobe 社のサイトから Adobe Reader をダウンロード(無償)してください。

このページに対してご意見をお聞かせください

このページは役に立ちましたか?
このページは見つけやすかったですか?

お寄せいただいたご意見は,今後のホームページ運営の参考とします。

お問い合わせ先

京都市 総合企画局文化庁移転推進室

電話:075-222-4200

ファックス:075-212-2902

フッターナビゲーション