現在位置:

  • トップページ
  • 市政情報
  • 市民参加
  • 広報資料・お知らせ
  • ~ひとごとではなく,「自分ごと」,「みんなごと」として市民・行政が協働!~ “みんなごと”のまちづくり推進事業 チーム京都「文化庁京都移転・私たちができること推進チーム」天才アート展の開催について

【広報資料】~ひとごとではなく,「自分ごと」,「みんなごと」として市民・行政が協働!~ “みんなごと”のまちづくり推進事業 チーム京都「文化庁京都移転・私たちができること推進チーム」天才アート展の開催について

ページ番号215952

ソーシャルサイトへのリンクは別ウィンドウで開きます

2017年3月13日

広報資料

平成29年3月13日

総合企画局(総合政策室創生戦略・市民協働推進担当 222-3178)

“みんなごと”のまちづくり推進事業 チーム京都「文化庁京都移転・私たちができること推進チーム」天才アート展の開催について

 京都市では,文化庁の京都移転を契機に,「文化の力で日本を元気にするために,自分たちに何ができるか」を考え,市民ぐるみで行動するチーム京都(※)「文化庁京都移転・私たちができること推進チーム」を結成し,京都に息づく「日本伝統の生活文化,精神文化や多彩な文化芸術」の更なる振興・発信などに取り組んでいます。
 この度,文化庁京都移転決定を記念し,チームメンバーである,天才アートKYOTO(特定非営利活動法人障碍者芸術推進研究機構)が中心となり,障害のある方が描かれた絵画作品などの展示を行う「天才アート展」を下記のとおり開催することとなりましたので,お知らせします。

(※)市民と本市職員が連携して,関連する互いの取組を推進するプロジェクトチーム

期間

平成29年3月15日(水曜日)正午~3月28日(火曜日)

会場

地下鉄東西線「京都市役所前駅」改札横スペース

内容

障害のある方が描かれた作品の展示

入場料

無料(展示時間中は,どなたでも自由に入場できます。)

その他

お越しの際は,市バス・地下鉄等公共交通機関を御利用ください。

主催

「文化庁京都移転・私たちができること推進チーム」,京都市,京都市教育委員会,京都市交通局

参考

“みんなごと”のまちづくり推進事業について

 京都のまちの様々な課題の解決を「ひとごと」とせず,市民と本市が共に「自分ごと」,「みんなごと」と捉えて協働するまちづくりを推進するため,広く市民の皆様から,京都がもっとよくなる,もっと住みやすくなる,まちづくりの取組提案を募集し,「まちづくり・お宝バンク」に登録・公開するとともに,提案の実現や市政への反映に向け,多彩な市民力・地域力を活かした,きめ細かなサポートを行っています。

 ○ 「まちづくり・お宝バンク」取組提案件数 

   224件(平成29年2月末現在)

 ○ 「文化庁京都移転・私たちができること推進チーム」以外のチーム京都

  ・ 「移住応援チーム」

    京都市移住応援ガイド『住むらな京都(みやこ)』の作成・配布,東京での移住相談

   会の開催,京都市移住サポートセンター「住むなら京都(みやこ)」の運営などを協働

   して実施。

  ・ 「京北振興チーム」

    京都市移住サポートセンター「住むなら京都(みやこ)」の運営や京北地域の活性化

   などを協働して実施。

 ○ 「まちづくり・お宝バンク」ホームページ

   京都市市政参加とまちづくりポータルサイト「みんなでつくる京都」

   ⇒ https://tsukuru-kyoto.net/外部サイトへリンクします

 

広報資料等

Adobe Reader の入手
PDFファイルの閲覧には Adobe Reader が必要です。同ソフトがインストールされていない場合には、Adobe 社のサイトから Adobe Reader をダウンロード(無償)してください。

お問い合わせ先

京都市 総合企画局総合政策室市民協働推進担当

電話:075-222-3178

ファックス:075-212-2902