現在位置:

市内の建物の看板を厳しく規制しましたが,どうしてそこまでやるのですか。

ページ番号192368

ソーシャルサイトへのリンクは別ウィンドウで開きます

2017年2月15日

 本市では,50年後,100年後も光り輝く京都であり続けることを目指して,市民・事業者・経済団体等,市民ぐるみで長年の議論を踏まえ,建物の高さやデザインの規制強化等をはじめとする「新景観政策」を平成19年9月から実施しています。
 その中で,歴史都市・京都の景観をかたちづくる重要な要素として位置付けている屋外広告物につきましても,美しい品格のある都市景観を形成するものとなるよう,屋上屋外広告物の市域全面禁止をはじめ,地域の特性に応じて「大きさ」,「色」,「表示できる高さ」など,全国でも例を見ないきめ細やかな基準を設定し,規制を行っております。
 これまで,市民・事業者の皆様にご理解,ご協力いただき,屋外広告物の是正に取り組んでいただいた結果,現在では,市内の広告景観は劇的に向上しました。本取組がここまでの成果を挙げることができましたのは,京都の景観を世界に誇るより良いものにしていこうとする皆様の「市民力」の賜物であり,多大なるご理解とご協力,また,ご負担をいただきました皆様に,重ねて御礼を申し上げます。
 まちの看板が変わったことで,以前に比べて京都の景観が良くなったという声がたくさん寄せられています。
 本市の屋外広告物規制は,屋外広告物の撤去を目的としたものではなく,地域の特性に応じた一定の規制を行うことにより,町並みに調和した京都にふさわしい屋外広告物の設置,ひいては良好な広告景観を創出することを目的としております。
 今後とも,日本の宝である京都の景観を更に磨き,京都の都市格を向上させることで,これまで以上に京都を発展させてまいりますので,ご理解いただきますようお願いいたします。

このページに対してご意見をお聞かせください

このページは役に立ちましたか?
このページは見つけやすかったですか?

お寄せいただいたご意見は,今後のホームページ運営の参考とします。

お問い合わせ先

京都市 都市計画局広告景観づくり推進室

電話:075-708-7690

ファックス:075-251-2877