現在位置:

【広報資料】第61代 ハワイ桜祭り・桜の女王一行の表敬訪問について

ページ番号157598

ソーシャルサイトへのリンクは別ウィンドウで開きます

2013年10月21日

【広報資料】第61代 ハワイ桜祭り・桜の女王一行の表敬訪問について

平成25年10月18日

総合企画局(国際化推進室 222-3072)

 第61代ハワイ桜の女王一行が,日米交流と親善のため入洛され,下記のとおり,京都市長を表敬訪問されますので,お知らせします。

 

                                            記

 

1 日時  

  平成25年10月23日(水曜日)午前10時50分~午前11時20分

                                        

2 場所  

  京都市役所 本庁舎3階第一応接室

 

3 訪問者  

  第61代桜の女王         クリスティン・ヒサエ・イトウ

  桜の第一プリンセス       ローリー・ヒロコ・ヒガシ

  桜のプリンセス          ミーシャ・ニコル・ユリエ・マレッタ

   同上                 ケーリン・ノエノエラニ・ササノ

   桜のミス・ポピュラリティー     アシュレー・ミチコ・ヒガ

    桜のミス・コンジニアリティー   エリン・アケミ・カワモト

                                                ほか随行者8名

 

4 応対者  

  門川 大作 京都市長

 

 

<参考>

 ハワイで一番長く続く民族フェスティバルである「ハワイ桜祭り」は,日本人の血を引く若い女性が豊かな生活を送り続けることにより,日本文化が将来の世代に伝えられることを願って,1953年(昭和28年)以降,毎年1月から3月にかけて開催されています。

 このお祭りでは,武道競技,お茶会,日本舞踊の披露など,数々の賑やかな催しが開催され,コンテストに出場した日系女性の中からは「桜の女王」,「桜の第一プリンセス」,「桜のプリンセス」が選ばれます。

  また,来場者から一番盛大な応援(拍手など)を受けた出場者には「桜のミス・ポピュラリティー」の称号が与えられるとともに, 人を引き付けるカリスマ的な性格で,出場者全員との仲が良く,皆に励みを与えることができた出場者には「桜のミス・コンジニアリティー(周りとの相性が合う人)」の称号が贈られます。

このページに対してご意見をお聞かせください

このページは役に立ちましたか?
このページは見つけやすかったですか?

お寄せいただいたご意見は,今後のホームページ運営の参考とします。

お問い合わせ先

京都市 総合企画局国際化推進室

電話:075-222-3072

ファックス:075-222-3055