現在位置:

きょうと市民しんぶん(音声読上げサービス版)平成25年3月1日号

ページ番号142077

ソーシャルサイトへのリンクは別ウィンドウで開きます

2014年1月29日

きょうと市民しんぶん(音声読上げサービス版)平成25年3月1日号

きょうと市民しんぶん(拡大版)

平成25年3月1日

 

■京都市の総人口:147万1463人

■世帯数:68万8931世帯

(平成25年2月1日推計)

京都市ホームページ

「京都市情報館」

京都市情報館 検索

http://www.city.kyoto.lg.jp/

 

編集・発行

京都市広報担当

〒604-8571 中京区寺町御池上る 上本能寺前町488

電話番号 (075)222-3094 FAX213-0286

京都市印刷物第241409号

 

目次

○3月11日 市立病院新館が開院

○市長からの便り

○25年度当初予算案を発表(開会中の市会で審議中)

○3月23日 平成の京町家普及センター開設

○公立高校の新しい教育制度を策定

○廃油から軽油と同等の燃料を精製

○Kotochika(コトチカ)京都全面開業

○京都マラソン2013

○トンネルなどの緊急点検を実施

○地域活動に役立つ冊子を作成

○誰もが利用しやすい「人にやさしいお店」を募集

○シリーズ人権 心のカギ

○こちら学生記者クラブ

○市民活動団体からの一言メッセージ

○ただ今共汗中!

○紙上アンケート 教えておくれやす

○伝統産業の日2013

○京都・東山花灯路2013

○市シェイクアウト訓練

○読者からのお便り

○広報番組

○市政情報総合案内コールセンター 京都いつでもコール

○情報ボックス

 

3月11日 市立病院新館が開院

救急医療・高度先進医療などの機能を大幅に強化

 市立病院では,平成22年から,建物の耐震性の向上や医療機能の強化を図るための整備事業を実施してきました。このほど新館が完成し,3月11日(月曜日)から開院します。

 これを機に,災害時医療や感染症医療,がんや生活習慣病に対応する高度医療,地域医療の支援機能を充実させるなど,医療体制を強化した新しい病院に生まれ変わります。

 今後も,より一層親しまれ,愛される病院を目指し,市民の皆さんの命と健康を守っていきます。(同病院では,引き続き本館の改修を行うなど,2014年まで整備を行います。)

 

 開院準備に伴い,3月9日(土曜日)午前0時から10日(日曜日)正午まで,救急の受け入れを休止します。

 

<機能を強化した主な内容>

(市民に安全・安心を届けられるよう取り組みます)

・地震の揺れが建物に伝わらないようにする免震構造の採用による災害対応機能の強化

・治療室の拡張(約4倍)や24時間対応のヘリコプター専用離着陸場の整備による救急救命機能の強化

・手術室の増設(7室→10室)

・感染症専用病棟の開設

・妊産婦や新生児に適切な医療を提供する周産期・新生児医療の充実

・脳卒中に対応した機能の強化

・透析治療などを行う血液浄化療法の機能の充実

 

(高度先進医療に対応します)

・骨髄移植などを受けやすくするための無菌治療室の設置など,造血幹細胞移植治療の充実

・病巣部の機能を診断する「PET(ペット)画像」と形状を診断する「CT画像」の両方を同時に撮影できる「PET.CT」の導入

・放射線治療の充実

・化学療法機能の充実

・手術用ロボットの導入

・心臓疾患などに関係する診療科が連携して医療を提供するなど心臓・血管病に対応した機能の強化

 

(地域の医療機関との連携を推進します)

・医療,介護,福祉の連携の推進

・他の病院との連携により患者の状況に応じた治療を提供する「病病連携」の推進

・地域の診療所との連携により高度な検査や治療を提供する「病診連携」の推進

 

【問合せ】市立病院  電話311-5311 FAX321-6025

 

市長からの便り

「京もの」のある暮らし,始めませんか

 私は毎日,京都のきものに袖を通しています。着れば着るほど,知れば知るほど,きものに息づく京都の歴史,文化,美意識,繊細な感性,暮らしの哲学を肌で感じ,日々魅了されています。

 そのきものをはじめとする「京もの」は,京都の和の文化を象徴し,我が国を代表する伝統産業製品です。京都の職人さんが手間・ひま・心を込めて仕上げた逸品は,触れる人の心を豊かにしてくれます。そして使うほど,味わうほどに,深い愛着が湧いてきます。西陣織,京焼・清水焼,清酒,京料理など,市指定の伝統産業製品は73品目と多彩です。皆さんも,その中からお気に入りを見つけて,「京もの」のある暮らしを始めてみませんか。

 市では,「伝統産業の日」を中心に,「京もの」に接していただける多くの機会をご用意しています。きっと,その奥深い魅力に心をひかれますよ。

 

京都市長 門川 大作

 

25年度当初予算案を発表(開会中の市会で審議中)

京都経済の活性化と市民の安心安全の確保を最優先

平成25年度予算案は,厳しい社会経済情勢と東日本大震災の教訓などを踏まえ,京都経済をはじめとする都市の活性化と市民の安心安全の確保を最優先に編成しました。

<予算規模>

実質前年度を上回る積極予算

全会計 1兆6788億円

一般会計 7366億円

※全会計とは,一般会計に17の特別会計と4つの公営企業会計を加えた,市の全ての会計のこと。

 予算の総額は前年度と比べて全会計で343億円の減,一般会計で15億円の減となりましたが,中小企業融資のための預託金の実績に応じた減額などを除くと,実質的には全会計で348億円,一般会計で115億円,前年度を上回っています。

 

<予算案の特徴>

公共投資の拡大

 国の緊急経済対策の財源を積極的に活用した24年度2月補正予算と合わせて,714億円の公共投資予算を確保(24年度当初予算と比べて32%増)。同補正予算と合わせて切れ目なく執行。

 

政策と財政構造改革の一体的な推進

 総人件費の削減や事業の見直しによる財源の確保など,計画で定めた財政運営の目標を上回る118億円に上る財源を捻出。

 

将来世代の負担軽減

 市の借金に当たる市債の発行を抑制し,市債残高を着実に縮減(前年度比で全会計は289億円減,一般会計は141億円減)。※国が返済に責任を持つ「臨時財政対策債」を除く。

 

5つの重要課題と主な施策・事業

(1)力強い京都経済の再生と雇用の創出

・中小企業の海外への販路開拓支援の充実。

・企業による市内への本社などの新設・増設を支援する企業立地促進助成制度の拡充。

(2) 福祉,医療,子育て支援,教育などの充実

・保育所7カ所の整備(395人の定員増)。

・特別養護老人ホームなど7カ所の整備(214人の定員増)。

(3)防災・老朽化対策の着実な推進

・環境放射線測定体制の強化や放射線障害予防薬の備蓄など,原子力防災体制の充実。

・橋,市営住宅の耐震化,老朽化した上下水道管の更新・耐震化。

(4)京都ならではの地域の魅力の向上

・食文化など京都に伝わる身近な文化を守る「市民が残したい無形文化遺産制度(仮称)」の創設。

・区民が自発的,自主的に企画・運営する「区民提案・共汗型まちづくり支援事業」の拡充。

(5)未来の京都への先行投資

・四条通(四条大橋東詰~烏丸通)における歩道拡幅工事の実施。

・栗尾トンネルや二ノ瀬トンネルなどの幹線道路網の整備。

 

【問合せ】 財政課 電話222-3291 FAX222-3283

 

3月23日 平成の京町家普及センター開設

KYOMO全面開業 情報発信・講座開催などで活用

 昨年11月に開設した「平成の京町家モデル住宅展示場KYOMO(きょうも)」内に,3月23日(土曜日),新たに「平成の京町家普及センター」を開設します。同センターは,「平成の京町家」に関する情報の発信拠点として活用し,講座などを開催する他,京町家の意匠・構造を継承した伝統型の「平成の京町家」のモデル住宅として見学もできます。

 「平成の京町家」とは,京都で伝統的に受け継がれてきた暮らしの知恵と現代の技術を融合した,京都ならではの環境に配慮した住宅のことです。

 

平成の京町家普及センター

とき 平成29年11月まで,午前10時~午後6時。休=水曜(祝日は営業)。料金 無料。申込み不要。

 

特徴

・素材に京都産の木材を使用。

・京都建築専門学校の学生が主体となって,金物を用いない伝統的な京町家と同様の構法により建築。

3月23日(土曜日)~4月7日(日曜日)全面開業を記念した催しも!

 展示場内では,生け花の作品展示の他,「京の暮らし」をテーマとした催しを多数開催します。市役所案内所などで配布中のチラシやホームページでも紹介。

 来場の際には公共交通機関をご利用ください。

 

【問合せ】 住宅政策課 電話222-3666 FAX222-3526

 

市・乙訓地域における公立高校の新しい教育制度を策定

通学区域の統合・高校ごとの選抜制度の導入など

交通網の発達による通学の利便性の向上や中学生の進路希望の多様化など,公立高校を取り巻く教育環境の変化に対応するため,生徒・保護者や学校関係者などの意見を踏まえ,このほど,新しい教育制度を策定しました。※ホームページでも紹介。

 

新制度の主な内容 ※平成26年4月入学者(現在の中学2年生)の選抜から適用

<全日制普通科の「類・類型制度」の廃止・統合>

・全高校で統一の「類・類型制度」のうち,基礎学力の充実を目指す「第Ⅰ類」と発展的な内容を学習する「第Ⅱ類」とを廃止・統合し,各校が高校の特色や生徒の希望に応じたコースを設置。※現行の体育・芸術などの学習を重視する「第Ⅲ類」は専門的なコースとして存続。

 生徒一人一人の進路選択に柔軟に対応できるよう,適性や進路希望などに合ったコースを,志願時ではなく合格後や進級時に選択できるようになります。

 

<通学区域の統合>

・普通科の通学区域を北・南の2通学圏から1通学圏に統合。

 市内の中学生は,市・乙訓地域の全21校の公立高校普通科への志願が可能となり,より多くの高校から希望校を選べるようになります。

 

<受検機会の確保,高校ごとの選抜制度の導入>

・前・中・後期の3回の受検機会を確保。※中期選抜は,複数校(3校まで)の志願が可能。

・「第Ⅰ類」で実施していた,通学圏ごとに合格者を決定し,地理的条件などで入学校を決定する「総合選抜制度」を廃止し,高校ごとに合格者を決定する「単独選抜制度」を導入。生徒が目的意識を持ち,より主体的に進路を選択できる制度となります。

 

【問合せ】 学校指導課 電話222-3811 FAX222-3751

 

廃油から軽油と同等の燃料を精製

「バイオ軽油」実用化に向けた研究開発を実施

  廃食用油を原料とした環境に優しいバイオディーゼル燃料の普及・利用拡大を図るため,動植物性の廃油から軽油と同等の品質の「バイオ軽油」を製造する技術の実用化に向けた研究開発を実施します。

 市ではこれまでも,市内1654カ所で回収した家庭からの使用済みてんぷら油などからバイオディーゼル燃料を製造し,ごみ収集車や市バスの燃料として利用してきました。しかし,車両に特別な管理が必要なことや原料が植物油に限定されるなどの課題がありました。そこで,こうした課題の解消に向け,産業界や大学などと連携して基礎研究を進め,「バイオ軽油」の精製に成功。このほど,本格的に実用化を目指すこととしたものです。この技術が実用化されると,製造した燃料を通常の軽油と同様に車両で利用できるようになる他,原料としてラードや牛脂などの動物性の廃油も活用できるようになります。

 今後,国の資金を活用して,平成25年度に実験施設を伏見区下鳥羽に設置し,燃料の製造実験や車両走行試験などを行い,30年度からの実用化を目指します。

 植物性・動物性の両方の廃油から軽油と同等の燃料をつくる研究開発は世界初の試みなんだって!石油を原料とする軽油の代わりになるから地球環境に優しいんだ。

 

【問合せ】 循環企画課 電話213-4930 FAX213-0453

 

3月1日~Kotochika(コトチカ)京都全面開業

地下鉄京都駅がもっと魅力的に!

3月1日(金曜日),地下鉄京都駅構内での買い物などを楽しめる空間「コトチカ京都」が全面開業します。昨年9月に開業した北改札口の6店舗に続き,新たに中央改札口で3店舗が営業を開始。また,買い物や待ち合わせ時に利用できるよう,これまで改札内にしかなかったトイレを改札の外にも新設します。より便利で快適になる地下鉄京都駅をぜひご利用ください。

 

【問合せ】 営業推進課 電話863-5068 FAX863-5069

 

京都マラソン2013

3月10日(日曜日)午前8時半スタート!(車いす競技は8時25分)

 国内外から集まる約1万5千人のランナーが,豊かな自然を感じながら,7つの世界文化遺産をはじめ多くの観光名所を巡る京都ならではのコースを駆け抜けます。当日は,沿道から熱い声援をお願いします!

 

3月10日はノーマイカーデー

 救急車などの緊急自動車や路線バスの円滑な運行のため,自動車交通量の大幅な削減が必要です。大会当日は,自動車の使用を控え,公共交通機関をご利用ください。

 

■おこしやす広場

ランナー以外の方も楽しめる!関連イベント

 とき 3月8日(金曜日)~10日(日曜日),午前10時半~午後7時(10日は午後4時まで)。 会場 みやこめっせ(左・岡崎成勝寺町)。協賛企業ブース,京都マラソン関連商品(Tシャツ他)の販売,京料理屋台の出店,茶席,福島・宮城・岩手三県人会による東日本大震災に関するパネル展示,東北の特産品の販売他。入場 無料。 申込み 不要。

【東日本大震災「負げねぇぞ被災地」講演会】 とき 3月8日(金曜日)午後1時~4時半・9日(土曜日)正午~午後0時半。被災された方と京都からの派遣職員による被災地の状況についての講演。【森脇健児・千葉真子ランニングトークショー】 とき 3月9日(土曜日),午前11時15~45分。森脇氏(タレント),千葉氏(元陸上選手)によるお話。

 

【問合せ】 京都マラソン実行委員会事務局 電話366-0314 FAX213-3367

 

トンネルなどの緊急点検を実施

 平成24年12月に起きた中央自動車道笹子トンネル内の天井板の崩落事故を受け,市が管理する全17カ所のトンネルとおおむね100m.を超える2カ所のアンダーパス(注)について,照明などの付属物や,それを接合するボルトなどの緊急点検を実施しました。目視や触診などによる点検の結果,緊急の補修が必要な付属物はなく,落下の危険性も確認されませんでした。

 今後も,トンネル本体の定期点検を実施し,その結果を基に優先順位を定め,補修が必要な箇所は,対策を行うなど適切な維持管理に努めます。

(注)掘り下げ式の立体交差の下側の道路。

 

【問合せ】 調整管理課 電話222-3568 FAX212-3092

 

地域活動に役立つ冊子を作成

地域住民相互のつながりが希薄化する中,住民同士が支え合い,安心して快適に暮らせるよう,地域のつながりを築く取り組みの一環として,自治会・町内会や学区自治組織の活動を支援する冊子「地域活動ハンドブック」を作成しました。3月1日から地域自治推進室(地下鉄市役所前駅上 市役所本庁舎1階),区役所・支所などで無料配布。

 

〈主な内容〉

・運営や活動の手引き

・規約,会計様式などの見本

・自治会・町内会などによる地域活性化の取り組み事例

・市の支援制度・事業一覧

 

(市民しんぶんマスコットミッケ)

 ホームページ「自治会・町内会&NPOおうえんポータルサイト」にも役立つ情報が満載!冊子と一緒に活用すると効果的だよ。

 

【問合せ】 地域自治推進室 電話222-3049 FAX222-3042

 

誰もが利用しやすい「人にやさしいお店」を募集

年齢や国籍,障害の有無などに関係なく,全ての人に優しいまちづくりを進めるため,市では,誰もが安心して利用できるサービスを提供することをお店が宣言する「人にやさしいサービス宣言制度」の普及に取り組んでいます。この一環として,人に優しい取り組みを進めていると自治会・町内会など市民の皆さんが思うお店を募集しています。紹介されたお店には,同制度への参加を呼びかけます。

 

(対象)

人に優しい取り組み・サービスを実践している市内の店舗・商店街。

(応募方法)

市役所案内所,区役所・支所などで配布中のチラシかホームページを確認の上,3月25日(必着)までに。紹介者には,限定カレンダー(100人。多数抽選)またはトラフィカ京カード3000円券(10人。多数抽選)を進呈。

 

人にやさしいサービス宣言

宣言店には,ステッカーと宣言書を交付。実践するサービス内容を宣言書に記載し,店内に掲示してもらいます。

 

例えばこんな取り組み・サービス

(高齢の方には…)

・買った商品を自宅まで届ける

・店内の案内表示の文字を大きくする など

(障害のある方には…)

・店内の段差をなくす

・多機能トイレを設置する など

(子ども連れの方には…)

・赤ちゃん用のいすを用意する

・授乳室を設置する など

(外国の方には…)

・外国語や写真入りのメニューを用意する など

 

【問合せ】 保健福祉総務課 電話222-3366 FAX222-3386

 

シリーズ人権 心のカギ

3月は自殺対策強化月間

平成10年以降,全国の自殺者数が高い水準で推移する状況の中,市では,自殺者数の最も多い3月に集中的な啓発活動を行うなど,自殺対策の強化に取り組みます。

【街頭啓発キャンペーン】 とき 3月9日(土曜日),午前10時~午後1時。会場 イオン洛南店正面中央入口(南・吉祥院御池町)。啓発物品の配布他。

 

誰かにその悩み,話してみませんか

□くらしとこころの総合相談会

 とき 3月(1)16日(土曜日)(2)26日(火曜日)。午後1~4時。1人30分程度。会場 (1)北文化会館(地下鉄北大路駅1番出口)(2)本能寺会館(中・御池河原町西入)。.弁護士による暮らしに関する相談受付.心理士・保健師・僧侶による心の健康に関する相談受付.教育関係者による子育てに関する相談受付.自死遺族サポートチームによる相談受付。料金 無料。申込み 3月(1)2~14日(2)12~24日に,京都いつでもコール(催し名・氏名・電話・お住まいの居住区・希望日時・希望相談員を明記)。先着順。

 

こころの相談電話(電話314-0874)

 月曜日~金曜日(祝日は休み),午前9時~正午・午後1~4時。家庭・職場などでの心の悩みに関する相談受付。

 

きょう・こころ・ほっとでんわ(電話321-5560)

 火曜日=午前9時~正午。木曜日=午後1~4時。自死遺族からの相談受付。

 

【問合せ】 こころの健康増進センター 電話314-0355 FAX314-0504

 

人権に関する催し

 

□柳原銀行記念資料館企画展

 とき 3月1日(金曜日)~31日(日曜日),午前10時~午後4時半。月・火曜,祝日は休み。会場 同館(下・河原町塩小路下る)。崇仁地区のまちづくりの歴史に関する資料の展示。【関連シンポジウム】とき 3月16日(土曜日),午後4時(約2時間)。会場 下京いきいき市民活動センター(下・塩小路河原町東入)。「京都駅東かくあるべし,エリアマネジメント」をテーマにした討論。定員 先着70人。料金 無料。申込み 不要。

□ツラッティ千本企画展

 とき 3月5日(火曜日)~31日(日曜日),午前10時~午後4時半。月曜は休み。会場 ツラッティ千本(北・千本北大路北西角)。児童館・学童保育所の活動などを紹介する展示。【記念シンポジウム】とき 3月15日(金曜日),午後7時(約2時間)。「児童館・学童保育所のいま」をテーマにした討論。会場 ツラッティ千本。定員 先着30人。料金 無料。申込み 不要。

□人権問題シンポジウム

 とき 3月8日(金曜日),午後1時半(約3時間)。会場 ウィングス京都(中・東洞院六角下る)。テーマ 国際化時代の家族のあり方。定員 先着240人。料金 無料。申込み 不要。

□人権擁護委員による特設相談

 とき 3月28日(木曜日),午後1~4時。会場 消費生活総合センター(中・烏丸御池東南角 アーバネックス御池ビル西館4階)。定員 先着6人。料金 無料。申込み 電話で,3月1~27日に,京都いつでもコール。

 

【問合せ】 人権文化推進課 電話366-0322 FAX366-0139

 

大学・学生のまち 京都!

こちら学生記者クラブ

  

ここでは,京都の大学生が広報担当職員と一緒に行った企画・取材などに基づき,市政情報や市施設の魅力などを紹介します。

[今月の取材チーム]

佛教大学社会学部大谷栄一ゼミの皆さん

 

歴史と想いに紡がれる西陣織

[今月の取材内容]

伝統産業「未来の名匠」認定制度

 今回取材した「未来の名匠」認定制度は,匠の技を未来に継承し,今後の伝統産業界をけん引する人材の育成に寄与することを目的に,市内で活躍する優秀な伝統産業中堅技術者を「未来の名匠」として認定する制度で,市伝統産業活性化推進審議会の審査を経て認定されます。認定された職人さんに対しては,奨励金を交付するだけでなく,京都や東京で作品の展示会を開催するなど,広報活動にも力を入れています。

 「未来の名匠」認定制度は,平成24年度で3年目を迎えます。お話を伺った西陣織の金襴職人の平居幹央さん(43歳)は,今年度に認定された1人です。「未来の名匠という肩書きに負けない,より良い作品を作っていきたい」と仰っていました。

 西陣織は非常に多くの過程を経て作られます。デザインを考えることから始まり,まず糸を染めて,次に糸を整え,それを織り上げていきます。平居さんに「織り」の作業を見せていただきましたが,丁寧で繊細な技術を要求されるこれらの作業は,工程ごとに専門の職人が分業で仕上げていくため,機械による安価な大量生産はできません。

 しかし,生活様式の変化や技術者の高齢化,後継者不足などにより,伝統産業の存続が難しくなっています。現在の西陣織の職人の中には,家業を継ぐ人がおらず,自分の代で職人業を終わりにする人もいます。また,制作に必要な道具類を作る人も少なくなり,道具類を調達・確保することも難しいそうです。

 西陣織には,さかのぼれば古墳時代にまで及ぶ長い歴史があり,多くの人々によって受け継がれてきました。こうした伝統産業を未来へつなげるために,業界や行政を挙げて,広報や後継者の育成などの活動に力を入れています。私たちにもできることは,伝統産業について知り,商品を手にすることでしょう。市では,毎年春分の日を「伝統産業の日」としており,この日を中心に,市内各地で伝統産業にちなんだイベントを開催しています。これを機会に京都の伝統産業により深く触れてみてはどうでしょう。

 

取材後記

 京都の人々の間で育まれてきた伝統産業。それは単純に技術が優れているからだけではなく,人の絆で作られているから現代まで続いているのかもしれません。今回の取材は,身近にあるようで縁遠かった日本独自の文化を見直すきっかけになりました。この記事を読んだ皆さんにも,伝統産業に興味を持ってもらいたいと思います。

 

【問合せ】伝統産業課 電話222-3337 FAX222-3331

 

市民活動団体からの一言メッセージ

F7(エフセブン)プロジェクト

リーダー・伏見大手筋商店街 浅野 雄祐(あさのゆうすけ)さん

サブリーダー・中書島繁栄会 北澤 雅彦(きたざわまさひこ)さん

 

 私たちは,昨年から伏見桃山・中書島地域の商業の在り方を示した地域商業ビジョンの策定を進める中で成立したグループで,同地域の7商店街から,個々の商店街の枠を越えて「地域の活性化のために何かやりたい」という思いを持った者が集まっています。

 プロジェクトが企画した初めての大規模な催しとして,市や京都造形芸術大学と連携し,7商店街を舞台に芸術作品の展示や制作体験などを行う「伏見+Art(プラスアート)フェスティバル」を,3月9日(土曜日)まで開催しています。催しの準備を通じて,7商店街は,これまでにないほど緊密にやり取りをし,関係が深まりました。一過性の催しで終わってしまっては意味がないので,この経験を生かし,地域密着の商店街としての魅力をさらに高められるよう,これからも積極的に活動していきます!

 

【問合せ】F7プロジェクト事務局 電話621-2626 FAX621-2688

 

ただ今共汗中!

  ここでは,市が市民の皆さんと力を合わせてまちづくりを進めている事例を紹介。今回は,地下鉄の乗客増加に取り組む若手市職員のチーム(以下「増客チーム」)と共同でイベントを開催する,東映太秦映画村の大守さんにお話を伺いました。

 

地下鉄・映画村共同企画イベント

東映太秦映画村 大守 善久(おおもりよしひさ)さん

 

地下鉄を舞台に映画村ならではのイベントを

共同企画のきっかけは?

 増客チームの皆さんから,一緒に地下鉄を活用したイベントができないかと提案をいただきました。映画村では,3月に忍者をテーマとしたリニューアルを予定していることもあり,「では地下鉄に忍者はどうですか」と。去年の11月ごろから,チームの皆さんと何度も打ち合わせを重ねて,具体的な検討を進めてきました。

 

増客チームの印象は?

 さまざまな部署から若手職員が集まっていて,すごく意欲的ですね。今回のイベントでは,みんなでアイデアを出し合うところから始めたのですが,自由な発想で活発に意見を出してくれて,こちらも負けていられないなと思いました。

 

イベントの特徴は?

 地下鉄沿線を巡るスタンプラリーですが,ただスタンプを集めるだけではありません。思いがけないところにキーワードが隠されていたり,難易度によってコースが分かれていたり…さまざまな仕掛けがあるんです。

 また,初日の3月9日には,映画村で活躍する忍者が地下鉄の駅などに登場し,忍術や変装でイベントを演出します。必見ですよ!

 

最後に一言

 スタンプラリーに参加した後は,ぜひ映画村にもお越しください。家族で楽しめる企画をたくさん用意してお待ちしています!

 

忍者を探せ! イン・サブウェイ

とき 3月9日(土曜日)~4月7日(日曜日)。料金 無料。参加用紙は,地下鉄駅などで配布中。

 

【忍者登場イベント】

とき 3月9日(土曜日),午前10時~午後5時。映画村の忍者がスタンプ設置場所などに登場。料金 無料。申込み不要。

 

共に活動中の市職員

増客チーム 飯田 麻美(いいだあさみ)

 スタンプラリーに参加する際は,地下鉄1day(デイ)フリーチケット(大人600円,小児300円)がおすすめです。全てのスタンプとキーワードを集めた方には,映画村の割引特典付き免許皆伝認定書を進呈。抽選ですてきな賞品も当たるので,奮ってご参加ください!

 

【問合せ】交通局総務課 電話863-5056 FAX863-5069

 

紙上アンケート 教えておくれやす

先月の結果発表

京都の伝統産業品の魅力といえば?(有効回答総数137通)

(1)長い歴史の中で培われた技術の高さ……… 74人

(2)世代を超えて使用できる品質の良さ……… 21人

(3)職人の手作りによる希少価値……………… 37人

(4)その他………………………………………… 5人

「伝統産業の日」の催しに参加して,伝統産業品の魅力を実際に確かめてみて!

 

●大量生産品にはない技術の高さを受け継いでほしい。

● 母娘3代で使っている清水焼の器や,母から譲り受けた京扇子は,これからも次の世代に伝えたい逸品。

● 長く使えるものであれば,高価でもお金を出す価値がある。

● 長く使えることで,エコにもつながる。

● 昔のたんすを今も使っている。全然傷んでいない。

● 職人さんが手間暇かけた技術の結晶はまねできない。

● 愛情を込めて作られる製品に魅力と愛を感じる。大切に使いたいと思える。

● 伝統産業についてよく知らない人へのアピールがまだ足りないと思う。技のすごさを知り,愛着を持って使えれば高い買い物ではない。

● 千年の都の風格が備わっている。

● 西陣織の帯の素晴らしさには目を見張る。手にするだけでうっとりする。

● もちろん伝統があるし技術も素晴らしいし希少だが,何よりも,他のものとは違う洗練された美しさがある。

 

<アンケート> 今月のお題 (結果は4月1日号で!)

東日本大震災から間もなく2年。震災の教訓を生かすため大切なことは?(一つを選択)

(1)日ごろから地域や家族で防災について話し合う

(2)いざという時のために水や食料を備蓄する

(3)防災訓練に積極的に参加する

(4)その他

 

 災害時に適切な行動をとるためには,日ごろの備えがとても大切。この機会に,あらためて防災について考えてみよう。

 

今月のお題に答えてプレゼント

 回答者の中から抽選で,(A)懐中電灯付きラジオ(手巻き発電可)(B)トラフィカ京カード(1000円券)を各5人に進呈。

 申込み はがきかファックス(住所,氏名,年齢,プレゼント記号,今月号で関心を持った・持たなかった記事とその理由,アンケートの回答を明記)で,またはホームページから,3月13日(必着)までに,〒604-8571(住所不要)京都市広報担当(FAX213-0286)。

※いただいた回答・感想は,結果発表や読者からのお便りで紹介する場合があります。

 

伝統産業の日2013

世代を超えて,受け継がれる「日本の心」

 悠久の歴史の中で培われた京都の伝統産業の魅力を多くの方に知ってもらうため,市では,春分の日(今年は3月20日)を「伝統産業の日」と定め,この日を中心に,匠の技や日本の心に触れられるさまざまな催しを行っています。ぜひこの機会に,京都の伝統産業の魅力に触れてみてください。

 

岡崎・東山

特記のない限り とき 3月15日(金曜日)~17日(日曜日),午前10時~午後5時(17日は午後4時まで)。会場 みやこめっせ。入場 無料。申込み 不要。

<市伝統産業技術功労者 顕彰記念作品展>

 とき 3月9日(土曜日)~20日(水・祝),午前9時~午後5時(入館は午後4時半まで)。会場 伝統産業ふれあい館(みやこめっせ地下1階)。平成24年度に市伝統産業技術功労者として表彰を受けた23人の職人による作品など約30点の展示。

 

<京の名匠 春秋会展>

 市伝統産業技術功労者の作品約100点の展示と制作実演。

 

<京の伝統産業 わかば会作品展>

 若手職人グループ「わかば会」による作品約50点の展示。

 

<京に生きづく手しごと展>

 京瓦,結納飾・水引工芸など,希少な業種に携わる職人による作品の制作実演・販売。

 

<市伝統産業「未来の名匠」 技の披露展>

 次代の伝統産業界を担う中堅技術者で「未来の名匠」として市に認定された10人の職人による作品展示。

 

<サムライ先生の出張!寺子屋>

 とき 3月(1)16日(土曜日)(2)17日(日曜日)。(1)正午・午後2時半・午後4時(2)午前11時半・午後1時・午後3時半。約20分。侍姿の俳優による江戸時代の生活についての解説。

 

<「京もの専門店『みやび』」特別店舗の開設>

 京都の伝統産業製品を販売するホームページ「京もの専門店『みやび』」の特別店舗を会場内に期間限定で開設。

 

<ふれあい館まつり>

 とき 3月15日(金曜日)~17日(日曜日),午前10時~午後4時半。会場 みやこめっせ・伝統産業ふれあい館。伝統産業の職人による制作実演,伝統工芸ミニ講座,舞妓による舞の披露(16・17日,午後2時・午後2時半・午後3時〈約15分〉)。

 

<京ものフェスティバル>

 工芸品,菓子,酒,漬物などの京都産品の販売,おちょこの展示・販売,芸人による漫才などの舞台イベント,お買い上げ金額の合計千円ごとに1回参加できる抽選会他。

 

西陣

<「伝統産業の日」in(イン)西陣>

 会場 西陣織会館。

(1)きもの・帯コラボ展

 とき 3月15日(金曜日)~17日(日曜日),午前10時~午後5時。きものと帯の展示。料金 無料。申込み 不要。

(2)ミニ手機による西陣織の制作体験

 とき 3月15日(金曜日)~17日(日曜日),午前10時・午後1時(約1時間)。シルクマフラーの制作。対象 中学生以上。定員 先着各6人。料金 各4500円。申込み 電話で,希望日の前日までに,同会館(電話451-9231)。

(3)特別きものショー

 とき 3月16日(土曜日),午前11時45分・午後3時15分(約20分)。普段着から十二単(ひとえ)などの正装までをそろえたファッションショーの観覧。料金 無料。申込み 不要。

室町

<きものフリーマーケット>

 とき 3月9日(土曜日)・10日(日曜日),午前10時半~午後5時。会場 京都産業会館。きもの・帯・和装小物などの販売。入場無料。申込み 不要。

ガイドブックがあればもっと楽しめる!

ここで紹介した以外にも多数の催しを開催。詳細は,市役所案内所,区役所・支所,京都総合観光案内所(京都駅ビル2階)などで配布中の「伝統産業の日ガイドブック」やホームページで紹介しています。

<きもの姿の方をご優待!3月9日(土曜日)~20日(水曜日・祝日)>

特典1 きものでおでかけ・入場無料

 ガイドブックに添付のきもの無料入場券で,二条城や無鄰菴など36施設が入場無料に。

特典2 きものでおでかけ・乗車無料

 ガイドブックに添付のきもの無料乗車券で,市バス・地下鉄が乗車無料に。

特典3 「京・朱雀すし市場」の2大特典

 ガイドブックに添付の無料券・引換券で,マグロ1皿(2貫),すし市場限定の湯呑み茶碗(先着各日30人)を進呈。対象 同店(下・中堂寺南町 中央卸売市場第一市場内)で食事した方。

特典4 着くずれ・着付け・たたみお助け店舗

 市内の呉服店・百貨店23店舗で着くずれを無料でお直し(要予約)。うち14店舗では,着付けを実施(1000円。振袖・留袖を除く。要予約)。着付けをした店舗での,きものたたみのお助けも有(一部店舗を除く)。

特典5 着付け・髪結いお助け店舗

 市内の美容院46店舗で着付けを実施(2000円。振袖を除く。要予約)。うち45店舗では,定価の2割引で,きもの用髪結いを実施(要予約)。

 

【問合せ】 京都いつでもコール

 

京都・東山花灯路2013

灯りと花が織り成す幻想的な情景

3月8日(金曜日)~17日(日曜日)【点灯時間】 午後6時~9時半

料金 無料。申込み 不要。

 

火の用心・お囃子組

 期間中,地元の子どもたちが火の用心をテーマにわらべ歌をうたい,お囃子を奏でながら練り歩きます。

 

<ロームが灯す灯りと花の路>

 消費電力の少ないLED照明を使った露地行灯(あんどん)約2500基といけばな作品で総延長約5㎞の散策路を演出。

 

<国宝 知恩院三門 プロジェクションマッピング>

「幻想の灯り」

 知恩院三門に映像を投影し,幻想的に演出。

 

<京都いけばな協会 いけばなプロムナード>

「灯りと花の路」沿いに迫力あるいけばな作品を展示。

 

<円山公園>

(1)竹灯り・幽玄の川

 吉水の小川のせせらぎ一面を約500本の青竹の灯籠で演出。

(2)大学のまち京都・伝統の灯り展

 「伝統の灯り」をテーマに学生が創作した「灯り」を展示。

(3)現代いけばな展

 いけばな作品8点の展示。

※13日から展示内容変更。

 この他,寺院・神社などの特別拝観や協賛事業も多数開催(一部有料)。詳細は,市役所案内所,区役所・支所などで配布中のチラシやホームページで紹介。

 

使用するすべての電気に,環境に優しい太陽光発電を活用しています。

【問合せ】京都・花灯路推進協議会事務局 電話212-8173 FAX212-9166

 

市シェイクアウト訓練

東日本大震災から2年 地震が起きたら,どう動く?

3月11日午前10時半開始

 私たちの防災意識は,災害が発生した直後には高まりますが,時間が経つにしたがって,記憶の風化とともに低下しがちです。市では,東日本大震災から2年が経過する3月11日(月曜日)に,新しい形の防災訓練である「シェイクアウト訓練」を全市一斉に実施し,いつ起こるか分からない地震に備えます。

 訓練用の緊急速報メール(注)を市内全域の携帯電話など(一部機種を除く)に送信します。受信したその場で,身を守る行動をとってください。

(注)国や地方公共団体が,避難情報などを特定区域の携帯電話などに対して一斉に送信するもの(申込不要。一部機種は要受信設定)。一部機種ではマナーモードでも着信音が鳴るのでご注意ください。

 

■Q 訓練の目的は?

 誰もが簡単に参加できる訓練を実施し,市民の皆さんなどがあらためて防災について考えるきっかけにすることです。

■Q どんな行動をとればいいの?

 以下の身を守る3つの動作をその場で1分程度行ってください。

(1)姿勢を低くする

(2)頭・体を守る

(3)揺れが収まるまで,じっと待つ

 

訓練への参加表明をお願いします

 訓練への申込みは不要ですが,積極的な参加表明として,事前の参加登録をお願いします。登録人数はホームページで公表します。対象 携帯電話を所持している方。申込み 電話かFAX(訓練名,個人か団体か〈団体の場合は団体名も〉,参加人数,Eメールを明記)で,又はホームページから,3月10日までに,防災危機管理室。

 

避難所などの確認をしておきましょう

 市では,公園やグラウンド,河川敷などの空き地を,災害発生時の広域避難場所として指定しています。いざという時のために,身近な避難所などを確認しておくことが大切です。防災危機管理室(中・押小路河原町西入 消防局本部庁舎1階),区役所・支所で配布中の「防災マップ」やホームページ「避難所・広域避難場所・避難救助拠点マップ」でも確認できます。

 

【問合せ】防災危機管理室 電話212-6792 FAX212-6790

 

災害発生時に保育園などで子どもの一時預りを実施

震などの災害発生時に,被災した子どもやその家族を支援する体制を確保するため,市は保育園,児童館,児童養護施設,母子生活支援施設などの関連団体と,子どもを一時的に預かってもらうことなどを内容とする協定を締結しました。

 

協定の主な内容

・子どもの一時的な預かり

・子どものいる避難所などへの人材の派遣

・給食設備のある施設での炊き出しの実施

 

  また,災害発生時に特に配慮が必要な高齢者や障害のある方などを受け入れる福祉避難所として,新たに56施設を指定し,同避難所は合計163カ所となりました。

 

【問合せ】保健福祉総務課 電話222-3366 FAX222-3386

 

読者からのお便り

 

上京区 佐々木さん

「梅小路公園に2つの新広場を整備」。市電が好きなので,早く保存車両を見てみたい。

左京区 東さん

「乾杯は京都の日本酒で!」。飲酒時は,意識して京都のお酒を飲もうと思った。

伏見区 平岡さん

「京に輝く」。京都の少年野球チームが活躍しているのはうれしい。

中京区 那須さん

「DO YO U KYO TO(ドゥ ユー キョウト)?」。分かりやすいイラストとかわいいゆるキャラで地球温暖化などがよく分かった。

南区 高橋さん

「こちら学生記者クラブ」。商店街にはいいお店がたくさんあるから,下京区での取り組みはとてもいいと思う。

伏見区 小森さん

「野菜の裸売りや簡易包装による試験販売を実施」。ごみになる食品包装を減らしたいと思っていた。

 

広報番組

テレビ

●京のまち〈KBS京都(5ch)〉

 日曜午前11時半~11時45分

 月曜午後10時45分~11時<再放送>

 ※番組本編はホームページでも配信中。

3月3日 京に職人の技キラリ

3月10日 震災対策のススメ

3月17日 新しい京野菜をつくる!

3月24日 進行中!地域主体のまちづくり

3月31日 京都今昔物語

「京のまち」視聴者プレゼント

 毎週,番組をご覧になった方の中から抽選でトラフィカ京カード(3000円券)を3人に進呈。応募方法など詳しくは番組内で紹介しています。

 

ラジオ

市政・イベント情報番組

<KBS京都1143kHz>

●ちょこっと情報☆きょうと

毎日午後1時11分頃~(2分)

※土曜は午後1時18分頃~

●大作・塩鯛のだいすき☆京都

30日午前11時半頃~(約10分)

<FM京都89.4MHz>

●キョウト・シティ・パブリック・ライン

平日午後2時10分頃~(1分50秒)

●メイヤー・トークス☆キョウト

30日午前10時20分頃~(約10分)

<京都三条ラジオカフェ79.7MHz>

●イベント羅針盤

土・日曜午前11時56分頃~(3分)

 

ホームページ

掲載記事・施設に関連するホームページは,「京都市情報館」トップページ右上欄の「市民しんぶん」から閲覧できます(パソコンのみ)

パソコンから http://www.city.kyoto.lg.jp/

携帯電話から http://www.city.kyoto.lg.jp/mobile/

京都市情報館では「英語」「ハングル」「中国語」でも市政情報を提供しています。

 

市政情報総合案内コールセンター 京都いつでもコール

市の手続きや制度,施設,催しに関する電話・FAX・Eメールでの申込み・問合せにお答えする窓口

午前8時~午後9時(年中無休)

電話661ー3755(みなここ) FAX 661ー5855(ごようはここ)

電子メール(以下のホームページから)

●パソコン http://www.city.kyoto.lg.jp/sogo/page/0000012821.html

●携帯電話 http://www.city.kyoto.jp/koho/m/cc/

 

情報ボックス

申込みが必要な催し等の注意事項(特記がある場合を除く)

.はがき・FAX等の記載事項。

 (1)催し名(コース名)等

 (2)〒・住所

 (3)氏名・ふりがな・年齢

 (4)電話・FAX

 (5) 複数の開催(開始)日・時間がある場合は希望日・時間

. 1人1通,1通につき1人。

. 往復はがきの場合は,返信用の表面にも〒・住所・氏名を。

. 市内在住の方対象。

. 保育・親子室等の対象年齢は要問合せ。

● 市の事業や施設に関する情報,3月5日以降に開催する市が主催・共

催の催し等を掲載しています。

● 時間は24時間制で表記。氏名は敬称略。

 

スポーツ

ナイトラン

とき3月6・13・27日19時(約1時間半)。雨天中止。市民スポーツ会館(右・西京極総合運動公園内)集合。同公園内での初心者向けのランニング教室。定員先着各20人。料金各500円。申込み・問合せ電話かFAXで,市民スポーツ会館(電話315-3741,FAX313-9191)。

スタジオ・プールレッスン

会場ラクトスポーツプラザ(地下鉄山科駅4番出口 ラクトB5・6階)。健康体操・エアロビクス・水中ウォーキング等30クラス。対象中学生以上。定員先着各35人。料金大人各1500円,高校生各1200円,中学生各1100円。申込み同プラザへ来所。問合せ同プラザ(電話501-3377,FAX501-3301)。

京都のプロスポーツ ホームゲーム試合日程 3月

入場券はローソンチケット等で販売中。問合せスポーツ企画担当(電話366-0168,FAX213-3303)。

【1】 サッカーJ2リーグ 京都サンガF.C.

東京ヴェルディ戦=10日19時。ヴィッセル神戸戦=20日13時。徳島ヴォルティス戦=31日16時。会場西京極総合運動公園陸上競技場兼球技場。料金一般1500~6000円,小中学・高校生750~6000円。

【2】 バスケットボールbjリーグ 京都ハンナリーズ

秋田ノーザンハピネッツ戦=16日18時・17日13時5分。千葉ジェッツ戦=30日18時・31日14時。会場ハンナリーズアリーナ(右・西京極総合運動公園内)。料金一般1500~8500円,小中学生700~8500円。

 

市民総合体育大会参加者を募集

(1)弓道=4月14日9時集合。種目=近的競技。料金500円。(2)剣道=4月21日12時半集合。種目=三段以下男子,四段以上男子,初段以上女子。料金各1000円。(3)バレーボール=5月6日9時集合。種目=9人制の男子・女子・家庭婦人,6人制の男子・女子。料金1チーム6500円。会場(1)(2)武道センター(左・聖護院円頓美町)(3)ハンナリーズアリーナ・市民スポーツ会館(右・西京極総合運動公園内)。対象市内在住か通勤通学の18歳以上。申込み電話かFAX(競技名,住所,氏名,電話,(1)(2)は生年月日・性別,(2)は段位,(3)はチーム名を明記)で,(1)4月1日(2)3月22日(3)4月25日までに,(1)市弓道協会(電話701-0011,FAX712-8301) (2) 市剣道協会( 電話761-8288,FAX761-8287)(3)市バレーボール協会(電話・FAX644-2634)。問合せ市体育協会(電話315-4581,FAX313-6043)。

ヘルスピア21

〒601-8441 南・西九条南田町1-2

電話662-1300 FAX662-2055

時間=9時半~21時(日曜・祝日は17時まで)。休=月曜。

【1】 いきいき筋トレ教室 4月

約1時間。会場いきいき筋トレルーム(上・丸太町河原町西入 元春日小学校内)。対象40歳以上(65歳以上を優先)。定員(1)各16人(2)各20人。多数抽選。料金(1)各2800円(2)各2000円。申込み往復はがきで,3月10日(消印有効)までに,ヘルスピア。

(1)いきいき油圧式マシン筋トレ=.2日~毎火曜4回,10時.4日~毎木曜4回,11時10分。

(2)いきいき筋トレ=.2日~毎火曜4回,11時10分.3日~毎水曜4回,10時・11時10分.4日~毎木曜4回,10時.5日~毎金曜4回,10時・11時10分。

【2】 スポーツ・水泳・健康教室

小学生向けヒップホップ,ウェーブリングストレッチ,アクアビクス等60クラス。定員先着9~35人。料金600~6400円。申込みヘルスピアに来所。

 

障害者スポーツセンター

〒606-8106 左・高野玉岡町5

電話702-3370 FAX702-3372

時間=9~21時。休=火曜・第3金曜,3月21日。

【1】 運動講習会

とき3月30日14時(約2時間)。運動に関する講義・実技。定員先着50人。料金無料。申込み不要。

【2】 スポーツ教室 4月開始

(1)ストレッチング=1日~月曜10回,10時。(2)初心者卓球=5日~金曜12回,10時。(3)レベルアップ卓球=5日~金曜17回,11時15分。(4)転倒防止・バランスアップ=5日~金曜10回,14時。(5)こども水泳=6日~土曜7回,.10時.11時15分。(6)ハロウィック水泳法注=7日~日曜10回,10時。.障害のある方の泳法。(7)成人らくちん運動=11日~木曜6回,10時。(8)成人水泳=11日~木曜8回,18時半。(9)放課後スポーツ=15日~月・木曜24回,16時35分。(10)こども運動=17日~水曜11回,16時35分。約1時間。対象(1)~(4)(6)(7)(9)障害のある方((3)は15歳以上(7)は高校生以上(9)は中学生以下)(5)身体障害者手帳を所持する.小学3年生以下.小学4年~中学生(8)障害のない16歳以上(10)障害のない小学生。定員(1)(2)(4)~(8)(10)各10人(3)6人(9)20人。多数抽選。料金(1)~(7)(9)無料(8)4800円(10)2500円。申込み来所かFAX(教室名・種目名・住所・氏名・年齢・電話・(5)は学年を明記)で,又はホームページから,3月(1)16~25日(2)~(4)18~28日(5)20~30日(6)22~31日,(7)(8)3月24日~4月4日(9)3月28日~4月8日(10)3月30日~4月10日に,同センター。

【3】 ハロウィック水泳法 ヘルパー講習会

とき4月7日10時(約5時間半)。定員10人。多数抽選。料金無料。申込みFAXで,又はホームページから,3月22~31日に,同センター。

【4】 華道教室

とき4月12日~毎月第2・4金曜24回,10時(約2時間)。定員10人。多数抽選。料金無料(障害のない方は1万円)。※別途要花代(各回1000円程度)。申込み来所かFAXで,又はホームページから,3月25日~4月5日に,同センター。

【5】 センター卓球大会

とき4月14日10時(約6時間)。卓球,サウンドテーブルテニス(注)の大会。対象障害のある方。定員60人。多数抽選。料金500円。申込み3月2~16日に,同センターへ来所。(注)音の出る球を使用して行う卓球。

 

4月1日~スポーツ施設の利用時間を拡大

<右・西京極総合運動公園内>

・補助競技場(部分利用)

 3月31日まで 7~19時/4月1日から 7~21時

・わかさスタジアム京都(入場料を徴収しないアマチュアスポーツ)

 3月31日まで 8~21時/4月1日から 7~21時

・わかさスタジアム京都(上記以外)

 3月31日まで 9~21時/4月1日から 7~21時

・ハンナリーズアリーナ

 3月31日まで 9~21時/4月1日から 8~22時

・市民スポーツ会館

 3月31日まで 9~21時/4月1日から 8~22時

 

<横大路運動公園体育館(伏・横大路下ノ坪)>

 3月31日まで 9~21時/4月1日から 8~22時

 

<伏見桃山城運動公園野球場兼運動場(伏・桃山町大蔵)>

 3月31日まで 6~19時/4月1日から6~21時

 

料金 要利用料。問合せスポーツ企画担当( 電話366-0168,FAX213-3303)。

 

講座・教室

講座「そうだったのか!NPO(非営利組織)」

とき4月13日10時半(約2時間)。会場市民活動総合センター(下・河原町五条下る東側 ひと・まち交流館京都2階)。市民活動の事例や参加方法等を紹介する初歩的な講座。定員先着30人。料金500円。保育・要約筆記・手話通訳(無料。4月3日までに要予約)有。申込み・問合せ電話かFAX,Eメール(講座名・氏名・電話・FAX・Eメール・所属団体・参加動機を明記)で,同センター(電話354-8721,FAX354-8723,Eメールshimisen@hitomachi-kyoto.jp)。

 

まち歩き講座 岡崎探検

とき3月28日10時(約2時間半)。地下鉄蹴上駅改札前集合,夷川ダム(左・聖護院蓮華蔵町)解散。琵琶湖疏水の成り立ちについての解説,「十石舟めぐり」事業の準備現場の見学他。定員先着15人。料金2000円。申込み電話かFAXで,又はホームページから,3月4~26日に,まいまい京都事務局(電話462-2312,FAX020-4623-3417)。問合せプロジェクト推進担当(電話222-4178,FAX213-0443)。

 

野外活動ボランティアリーダー養成講座

とき4月20日13時~21日13時(1泊)。会場花背山の家(〒601-1105 左・花脊別所町399)。野外炊事・キャンプファイヤー等についての講義・実践。対象18歳以上。定員50人。多数抽選。料金2000円(宿泊・食事代,保険料込)。申込み・問合せはがきかFAX(講座名,住所,電話,FAX,希望者全員の氏名・年齢・学年・性別を明記)で,4月6日(必着)までに,山の家(電話746-0717,FAX746-0392)。

アスニー山科

地下鉄山科駅7番出口 ラクトC2階

電話593-1515 FAX583-0777

時間=9~21時(日曜・祝日は17時まで)。休=第2・4火曜(祝日の場合は翌平日)。

【1】 アトリエやましな 3月

ガーデニング=7日13時半。フラワーアレンジメント=25日10時。約2時間。定員先着各20人。料金各4500円程度。申込み電話かFAXで,アスニー山科。

【2】 学びのフォーラム山科 3月

とき毎水曜(20日は休み),10時(約2時間)。歌唱指導,「いわゆる『ぶぶ漬け』の真相」等をテーマにした講演。対象市内在住か通勤通学の方。定員先着各200人。料金無料。申込み不要。

 

ふれあいファミリー食セミナー プレママ・パパコース

とき3月24日10時(約2時間半)。会場大阪ガスクッキングスクール京都(〒600-8815 下・七本松五条下る リサーチパーク西地区内 大阪ガスディリパ京都1階)。講話,調理実習と試食。対象出産を控えた夫婦(1人でも参加可)。定員24人。多数抽選。料金1人700円。申込み電話かはがき(催し名・〒・住所・電話・希望者全員の氏名を明記)で,3月15日(必着)までに,同スクール(電話315-8955)。問合せ保健医療課(電話222-3424,FAX222-3416)。

 

春の寄せ植え教室

とき3月20日14時(約2時間)。会場梅小路公園緑の館(下・千本七条下る)。講義,実習。定員30人。多数抽選。料金2000円。申込み・問合せ往復はがきか電話,FAXで,3月11日(必着)までに,都市緑化協会(〒605-0071 東・円山町463,電話561-1350,FAX561-

1675)。

 

市民向け耐震セミナー

とき3月23日14時(約2時間半)。会場すまい体験館(南・烏丸九条下る 南烏丸市営住宅1階)。テーマ自分の命は自分で守る!まずは,すまいを倒壊させないこと。定員50人。多数抽選。料金無料。申込み3月13日までに,京都いつでもコール(講座名・住所・氏名・電話・希望人数を明記)。問合せすまい耐震支援窓口(電話644-5874,FAX644-9588)。

 

第二市場のDVD見学会と食肉講座

とき3月25日9時半(約3時間半)。会場京の食文化ミュージアム・あじわい館(下・中堂寺南町 中央卸売市場第一市場内)。生産者による牧場の紹介,第二市場等を紹介する映像の鑑賞,黒毛和牛を使った調理実習他。対象市内在住か通学の小学4~6年生と保護者。定員16組。多数抽選。料金無料。申込み・問合せ往復はがき(催し名・住所・電話・学校名・学年・希望者全員の氏名を明記)で,3月1~15日(消印有効)に,中央卸売市場第二市場(〒601-8361 南・吉祥院石原東之口2,電話681-5791,FAX681-5793)。

 

ウィングス京都

〒604-8147 中・東洞院六角下る

電話212-8013 FAX212-7460

Eメール jigyo@wings-kyoto.jp

時間=9~21時(日曜・祝日は17時まで)。休=水曜。申込みウィングス京都。【2】【4】【5】【6】【8】 は保育(1回800~1000円。【2】 3月9日【4】 3月10日までに,【5】【6】【8】 申込み時に,要予約)有。

【1】 子どもの部屋ふれあい広場

とき3月18日10時(約1時間半)。対象乳幼児と保護者。定員先着13組。料金無料。申込み電話かEメールで。

【2】 はじめての男女共同参画講座

とき3月23日14時(約1時間半)。対象18歳以上。定員先着20人。料金無料。申込み電話かEメールで,3月16日までに。

【3】 ウィングスライブ

とき3月23日19時(約1時間半)。70~80年代のフォーク等のバンド演奏を楽しむ集い。対象18歳以上。定員先着50人。料金1500円(飲み物代込)。申込み電話で。

【4】 身近なDV注を考える女たちのカフェ

とき3月24日13時半(約3時間)。テーマ夢を語ってみよう。対象女性。定員先着15人。料金300円。申込み電話かEメールで,3月23日までに。.ドメスティック・バイオレンス=夫婦や恋人等の親密な男女間における暴力。

【5】 運動講座 4月開始

1時間~1時間半。定員各35人。多数抽選。料金(1)(2)(6)(9)各2万1000円(3)(4)各1万6800円(5)2万2400円(7)1万9600円(8)2万2050円。申込み往復はがきかEメールで,3月(1)(2)15日(3)(4)18日(5)(7)21日(6)(9)29日(8)28日(必着)までに。(1)骨盤ヨガ=5日~金曜15回,13時15分。(2)ゆったりヨガ=5日~金曜15回,15時。(3)楽しいフラダンス=8日~月曜12回,13時15分。(4)いきいき!フラダンス=8日~月曜12回,15時。(5)パワーヨガ=11日~毎木曜16回,19時。(6)気功=12日~金曜15回,10時。(7)バランシング・ヨガ=15日~月曜14回,19時。(8)リズムウォーク&ボールエクササイズ=18日~毎木曜15回,10時。(9)ピラティス=.19日~金曜15回,19時.20日~土曜15回,10時。

【6】 歌の講座 4月開始

とき13時半((2)は15時半)。約1時間半。定員各40人。多数抽選。料金(1)(2)各2万4400円(3)2万4000円(4)1万9900円。申込み往復はがきかEメールで,3月(1)(2)21日(3)22日(4)25日(必着)までに。(1)シネマミュージックを歌う(2)楽しいゴスペル&ポップス=11日~毎木曜各15回。(3)心やわらぐ愛唱歌をうたう=12日~金曜15回。(4)楽しいコーラス(初級)=15日~月曜13回。

【7】 歌声喫茶

とき4月19日18時半(約2時間)。懐かしい歌を歌う集い。対象18歳以上。定員先着50人。料金1500円(飲み物代込)。申込み電話で,4月2日から。

【8】 朗読講座

とき4月22日~隔週月曜6回。(1)やさしい朗読=10時。(2)もっと×2楽しむ朗読=13時半。約2時間。対象(1)朗読初心者。定員各20人。多数抽選。料金(1)1万3800円(2)1万5900円。申込み往復はがきかEメールで,4月8日(必着)までに。

 

ラボール学園

〒604-8854 中・四条御前西入 ラボール京都3階

電話801-5925 FAX812-1508

時間=9~20時(土曜は17時まで)。休=日曜・祝日。対象市内在住か通勤の16歳以上(全日制高校生は不可)。申込み3月4日10時から,同学園へ来所(【1】 の受講説明会は不要)。

【1】 市民英会話教室

約2時間。定員先着12~50人。料金無料~5万30円。<3月>(1)使える動詞表現を学ぼう=12・19日(連続),10時。(2)声に出して読む!=12・19日(連続),13時半。(3)より自然な日常英会話=22・29日(連続),10時。(4)英会話のための英文法入門=22・29日(連続),18時半。(5)英語で落語=23日14時半。<4月開始>(6)レギュラー英会話=(A)1日~月曜(B)2日~火曜(C)3日~水曜(D)4日~木曜(E)5日~金曜(F)6日~土曜。各18回。10時・13時半・18時半((F)は10時・13時半)。(7)伝える・伝わる京都案内コース=2日~火曜10回,13時半。(8)ビジネス英会話=3日~水曜18回,19時。(9)国際メディアの英語=.3日~水曜18回,19時.4日~木曜18回,10時。(10)トラベル英会話=4日~木曜18回,10時。(11)英会話のための中学3年生で習った英文法(12)読書クラブ=5日~金曜各9回,13時半。(13)英語の発音・聴き取り強化コース=5日~金曜9回,19時。(14)英会話のための中学1年生で習った英文法=6日~土曜9回,10時。(15)英会話のための中学2年生で習った英文法=6日~土曜9回,13時半。(16)映画から学ぶ英語圏の言葉と文化=12日~金曜5回,13時半。(17)基礎ビジネス英会話=13日~土曜9回,10時。<5月開始>(18)TOEIC(トーイック)受験スキル向上=10日~金曜15回,19時。

【受講説明会】3月1・6日18時半,4・16日13時半(約1時間)。定員先着各30人。料金無料。

【2】 パソコン教室 4月開始

とき10時(約5時間)。※(1)(3)は18時半(約2時間)。定員先着各12人。料金4000~3万2600円。(1)アクセスデータベース入門=1日~月曜15回。(2)ワード入門=3日~水曜4回。(3)初級ビジネスエクセル=4日~木曜12回。(4)パソコン入門=.ステップ1:5・12日(連続).ステップ2:19・26日(連続)。(5)エクセル応用=6・13日(連続)。(6)DVDとCDにデータ&音楽を保存=15日。(7)パワーポイント=20・27日。(8)一歩上のワード操作=23日。

【3】 京都労働学校 4月開始

とき18時半(約2時間)。定員先着12~60人。料金6250~2万5000円。(1)職をめぐる日本史=1日~月曜14回。(2)韓国のことばと文化=.中級:1日~月曜14回.入門初級:3日~水曜14回。(3)職場でキラリ輝く「ビジネスマナー」=2日~火曜11回。(4)労働法入門=2日~火曜16回。(5)経理・経営の実務(6)労働保険の実務(7)心とからだの息抜き・朗読=3日~水曜各14回。(8)中国のことばと文化=.中級:4日~木曜10回.入門初級:11日~木曜10回。(9)実用ペン字=4日~木曜14回。(10)書道=5日~金曜18回。(11)職場でHAPPY(ハッピー)になるセルフケア実践=8日~月曜10回。(12)仕事が楽しくなる「マナコミ」=9日~火曜5回。(13)哲学の名著を読む=11日~木曜8回。(14)プランターでもできる菜園入門=12日~金曜6回。(15)京の町並みと人=19日~金曜11回。

 

京都アスニー

〒604-8401 中・丸太町七本松西入

電話812-7222 FAX803-3017

時間=9~21時(日曜・祝日は17時まで)。休=火曜(祝日の場合は翌平日)。※3月5・19日は開館。

【1】 ゴールデン・エイジ・アカデミー 3月

とき毎金曜10時(約2時間)。「変革期京都の歴史と文化」等をテーマにした講演,歌唱指導。定員先着各600人。料金無料。申込み不要。

【2】 土曜こどものつどい

とき3月9日14時(約1時間20分)。仁和小学校ウィンドアンサンブルによる演奏,アニメの上映。定員先着400人。料金無料。申込み不要。問合せ視聴覚係(電話802-3139,FAX802-5100)。

【3】 アスニー文化祭

アトリエ受講者・施設利用者による作品展=3月16日10~17時・17日10~16時。舞台発表=3月16・17日11時~16時半。ヨーガや太極拳等の体験=3月17日10~15時。入場無料。申込み不要。

【4】 アスニーセミナー

とき(1)~(3)(5)(6)(9)14時(4)(7)10時(8)(10)18時半。約2時間。定員各100人((7)は50人(8)(10)は各25人)。料金各800円((8)(10)は各8000円)。(A)保育(B)要約筆記(C)手話通訳(無料。開催日の(A)7日前(B)(C)10日前までに要予約)有。申込み電話かはがき,FAXで,開催日の前日(必着)までに,京都アスニー。(1)源氏物語の真相=3月21日。(2)桜と紅葉にみる京都の温暖化=3月22日。(3)「枕草子」の美意識=3月29日。(4)森幸安の世界=3月30日。(5)「纏向学」への招待・邪馬台国ヤマト説を検証=4月5日。(6)「平家物語」を読む=4月8日。(7)古文書・古写本閑話=4月10日。(8)ハングル入門=4月10日~水曜12回。(9)空也像の再検討=4月12日。(10)ラクラク中国語=4月12日~金曜12回。

【5】 アスニーシネマ

とき3月23日10・14時(約2時間)。映画「シラノ・ド・ベルジュラック」の上映。定員先着各400人。料金無料。申込み不要。問合せ 視聴覚係(電話802-3139,FAX802-5100)。

【6】 アスニー京都学講座

とき3月23日14時(約2時間)。テーマ2012年の発掘をふりかえって。定員先着200人。料金無料。申込み不要。

【7】 春の子ども映画会

とき3月30日10時半・13時・14時40分(約1時間10分)。映画「それいけ!アンパンマン よみがえれバナナ島」の上映。料金高校生以上前売900円,当日1000円。2歳~中学生前売600円,当日800円。※京都アスニー等で販売中。問合せ視聴覚係(電話802-3139,FAX802-5100)。

【8】 アスニーコンサート

とき4月6日14時(約2時間)。マリンバとピアノによるコンサート。対象小学生以上。料金高校生以上800円,小中学生500円(京都アスニー等で販売中)。保育(無料。3月30日までに要予約)有。

 

健康・福祉

潜在介護福祉士等再就業支援研修

とき3月16日9時半(約6時間半)。会場本能特別養護老人ホーム(中・蛸薬師油小路東入)。講義,介助方法に関する実習他。対象現在介護・福祉サービス事業所で就業していない介護福祉士かヘルパー2級研修修了者,又は25年3月に卒業し福祉施設へ就職予定の学生。定員先着20人。料金無料。申込み電話かファックス(催し名・住所・氏名・電話・保持している資格を明記)で,3月11日までに,府介護福祉士会(電話801-8060,FAX801-8083)。問合せ長寿福祉課(電話251-1106,FAX251-1114)。

 

「京都いのちの電話」相談員養成講座

とき25年5月11日~27年3月。月2~4回開催。約3時間。※宿泊研修有。悩みを持つ人の電話相談に応じるボランティアの養成講座。修了後,相談員に委嘱。対象夜間・休日も活動可能な20~70歳。定員50人。面接による選考(無料。4月20日<時間・場所は後日連絡>)有。料金6万8000円(宿泊研修費込)。申込み電話で,同講座事務局(電話864-1133)に申込用紙(ホームページにも掲載)を請求の上,4月14日(必着)までに。問合せ京都いつでもコール。

 

ひとり親家庭支援センター

〒606-0846 左・下鴨北野々神町26

北山ふれあいセンター内

電話708-7750 FAX708-7833

時間=10~18時。休=火曜・祝日。

【2】【4】 は保育(無料。申込み時に要予約)有。申込みひとり親家庭支援センター。

【1】 mama(ママ)*ca fe(カフェ)

とき3月13日10時半(約1時間半)。テーマセンターを見学しよう! 対象母子家庭の母(子ども同伴可)。定員先着12人。料金無料。申込み電話かFAX(催し名・住所・氏名・電話・同伴する子どもの人数を明記)で,3月1~11日に。

【2】 講座「薬物の危険性」

とき3月15日14時(約1時間)。テーマ脱法ハーブの危険性。対象ひとり親家庭の親か寡婦。定員先着30人。料金無料。申込み電話かFAXで,3月1~14日に。

【3】 女性弁護士による無料法律相談

とき3月18日・4月1日,13~17時。1人30分程度。対象ひとり親家庭の親か寡婦。申込み電話で,3月1~17日に。先着順。

【4】 就職準備セミナー

(1)就活!電話応対マナー=3月24日13時半。(2)仕事と食生活管理の両立=3月31日13時。約2時間。対象母子家庭の母か寡婦。定員(1)10人(2)20人。先着順。料金無料。申込み電話かFAXで,3月1日~(1)23日(2)30日に。

 

肥満スプリングスクール

とき3月26日9時(約6時間)。会場桃陽病院(〒612-0833 伏・深草大亀谷岩山町48-1)。肥満改善のための運動・栄養指導。対象小学4~6年生と保護者。定員20組。多数選考。料金子ども1人1000円(子どもの昼食代込)。申込み・問合せ郵送かFAX(催し名,〒,住所,電話,保護者の氏名,子どもの氏名・ふりがな・年齢・性別・学校名・学年・身長・体重を明記)で,3月11日(消印有効)までに,同病院(電話641-8275,FAX641-8307)。

 

母子保健訪問指導員を募集

初妊婦又は生後4カ月までの乳児のいる家庭への訪問・助言。報酬=訪問1件につき3800円(別途交通費<上限有>支給)。勤務=委嘱の日~26年3月31日。勤務先=保健センター・支所。対象助産師,保健師,小児科・産婦人科で勤務経験のある看護師。定員40人程度。審査有。申込み・問合せ電話で,3月1~29日に,保健医療課(電話222-3420,FAX222-3416)。

 

市立病院

〒604-8845 中・五条御前西入

電話311-5311 FAX321-6025

料金無料。申込み不要。

【1】 がん患者・家族のサロンみぶなの会

(1)交流会=3月13日13時半~15時・27日10~15時。(2)学習会=3月13日15時(約30分)。会場同病院新館。対象がん患者と家族。定員(1)各日15人(2)30人。先着順。

【2】 健康教室かがやき

とき3月15日14時半(約1時間)。会場同病院新館。テーマ知っておきたい耳の病気。定員先着50人。

 

ふれあい会館

〒610-1101 西・大枝北沓掛町1-3-1

電話333-4651 FAX333-4664

申込み電話かFAXで,3月1日から,同館。

【1】 やさしい介護講座

(1)看取りについて考える=3月7日。(2)楽らく!車いすの移動の介護=3月21日。とき13時半(約2時間)。会場(1)ひと・まち交流館京都(下・河原町五条下る東側)(2)ふれあい会館。定員(1)100人(2)20人。先着順。料金無料。

【2】 教養教室

(1)たのしい俳句=3月7・21日(連続),13時半。(2)心書=3月15日10時。(3)春の花の寄せ植え=3月22日14時。約2時間((3)は約1時間半)。定員(1)16人(2)12人(3)20人。先着順。料金(1)2400円(2)1800円(3)2000円。

【3】 中高年齢者の運動教室

とき4月4日~毎木曜4回,9時20分(約50分),10時20分・11時半(約1時間)。バランス体操。定員先着各25人。料金各2500円。

【4】 健康づくり講座

とき4月9日~火曜4回,10時(約1時間半)。テーマ楽しく踊ってウエストシェイプ。定員先着25人。料金2500円。

 

シンポジウム「買い物応援隊の取り組みから見えるもの」

とき3月18日14時(約2時間)。会場ウィングス京都(中・東洞院六角下る)。地域での見守り等による孤立死防止の取り組みについての講演他。定員先着250人。料金無料。申込み・問合せ3月1~13日に,京都いつでもコール。

 

難病ピア相談会

とき4月1日13時(約2時間)。会場京都社会福祉会館(上・竹屋町堀川西入)。難病を持つ相談員による(1)面接相談(2)電話相談(電話822-2691)。対象関節リウマチかレックリングハウゼン病の患者。定員(1)先着5人。料金無料。申込み(1)電話かFAXで,3月1~29日に,京都難病連(電話・FAX822-2691)(2)不要。問合せ保健医療課(電話222-3419,FAX222-3416)。

 

こどもみらい館

〒604-0883 中・間之町竹屋町下る

電話254-5001 FAX212-9909

時間=9~18時(日曜・祝日は17時まで。平日の子育て図書館は20時半まで)。休=火曜(祝日の場合は翌平日)。

【1】 子育ての井戸端会議

とき3月7・11・14・21・28日,4月3日。10時(3月28日・4月3日は13時半)。約2時間。対象乳幼児(14日は双子対象)と保護者。料金無料。申込み不要。※7日は館長と子育てを語り合う「井戸端サロン」。

【2】 赤ちゃんと絵本のふれあい会

とき3月15日10時半(約1時間)。対象生後3カ月以上1歳未満の乳幼児と保護者。料金無料。申込み不要。※タオル持参。

【3】 おとうさんといっしょ

とき3月17日10時(約2時間)。父親同士の交流。対象乳幼児と父親。料金無料。申込み不要。

【4】 親子の防火ふれあいコンサート

とき3月18日13時半(約1時間)。消防音楽隊による演奏他。対象乳幼児と家族。料金無料。申込み不要。

【5】 おたのしみ会

とき3月24日14時20分(約30分)。バイオリンの演奏付きの,絵本の読み聞かせ。対象乳幼児と家族。料金無料。申込み不要。

【6】 子育てパワーアップ講座 4月

とき10時半(約1時間)。料金子ども1人300円。申込み往復はがき(講座名,希望日,〒,住所,電話,FAX,子どもの生年月日,保護者と子どもの氏名・ふりがなを明記)で,3月20日(必着)までに,同館。多数抽選。(1)ベビーダンス=4日。対象首がすわってから歩き始めるまでの乳幼児と保護者(過去に受講した方,妊娠中の方は不可)。定員25組。(2)ベビーマッサージ=8日。対象2カ月からハイハイを始めるまでの乳幼児と保護者(過去に受講した方は不可)。定員25組。(3)ペットボトルでYOSEUE (よせうえ)=20日。対象1歳半以上の乳幼児と保護者。定員20組。

 

長寿すこやかセンター

〒600-8127 下・河原町五条下る東側 ひと・まち交流館京都4階

電話354-8741 FAX354-8742

Eメール sukoyaka.info@hitomachi-kyoto.jp

時間=9時~21時半(日曜・祝日は17時まで)。休=第3火曜(祝日の場合は翌平日)。申込み電話かFAX,Eメールで,3月1日~【1】 14日【2】 18日に,同センター。

【1】 すこやか講座

とき3月15日13時半(約2時間)。すこやか体操,健康講話他。※上履き持参。定員先着70人。料金無料。

【2】 認知症の人の介護家族交流会

とき3月20日13時半(約2時間半)。「成年後見制度ってどんな制度?」をテーマとしたお話,交流会。対象認知症の人を介護する家族。定員先着20人。料金無料。

 

芸術・文化

関西元気文化圏推進フォーラム

とき3月23日13時半(約2時間半)。会場府庁旧本館(上・下立売新町西入)。山崎正和(劇作家)・天野文雄(文化庁関西分室長)の講演・対談。定員100人。料金無料。申込みはがきかFA X,Eメール(催し名・住所・氏名・電話・希望人数<2人まで>を明記)で,3月8日(必着)までに,〒602-8570(住所不要)京都府文化政策課(FAX414-4223,

Eメールbunsei@pref.kyoto.lg.jp)。問合せ文化芸術企画課(電話366-0033,FAX213-3181)。

 

LIVE(ライブ) KIDS(キッズ)

会場右京ふれあい文化会館(右・太秦安井西裏町)。料金無料。申込み不要。問合せユースサービス協会(電話213-3681,FAX231-1231)。【前夜祭】とき3月16日15~18時。ダンスの公開稽古。【本大会】とき3月17日11~18時。選考を通過したダンス24組,音楽12組の青少年出演者による演技・演奏の披露。

 

京都国際マンガミュージアム

〒604-0846 中・烏丸御池上る

電話254-7414 FAX254-7424

時間=10~18時(入館は17時半まで)。休=水曜(祝日の場合は翌平日)。入場料=大人800円,中学・高校生300円,小学生100円。料金要入場料。申込み不要。

【1】 スケッチトラベル展

とき3月7日~6月2日。国内外のイラストレーター等71人が1冊のスケッチブックに描いたイラストの展示。

【2】 寺田克也 ココ10年展

とき3月16日~6月30日。同氏(マンガ家)による原画等約300点の展示。

【3】 Kyoto (キョウト) MaGiC(マジック)展覧会

とき3月20日~6月9日。安野モヨコ(マンガ家)の少女マンガ「シュガシュガルーン」の世界観を表現して市内企業が制作した衣服等の展示。

 

学生生活の集大成♪入魂の演奏をぜひお聴きください

京都堀川音楽高校卒業演奏会

とき3月19日17時半(約3時間半)。会場京都コンサートホール(地下鉄北山駅1・3番出口)。同校の選抜生徒による独唱,独奏,合唱,オーケストラの演奏他。定員先着1800人。料金無料。申込み不要。問合せ同校(電話253-1581,FAX213-3631)。

 

市立芸大卒業演奏会

とき3月23日17時(約3時間)。会場同大学講堂(西・大枝沓掛町)。音楽学部の成績優秀者による独奏・独唱。対象小学生以上。定員先着450人。料金無料。申込み不要。問合せ同大学(電話334-2204,FAX334-2241)。

 

「京の手しごと工芸品店」を募集

対象希少な伝統産業の業種で,100年以上にわたり受け継がれてきた技による手づくりの工芸品(法律に基づき国等の指定を受けている工芸品を除く)を,10年以上製造している市内の店舗。申込み伝統産業課(地下鉄市役所前駅上 市役所本庁舎1階)で3月1日から配布の申請書で,3月31日(必着)までに。表彰・副賞・審査有。問合せ同課(電話222-3337,FAX222-3331)。

 

市伝統産業技術者研修修了作品展

とき10~17時((1)(3)の最終日は16時まで)。会場みやこめっせ(左・岡崎成勝寺町)。料金無料。申込み不要。問合せ産業技術研究所(電話326-6100,FAX326-6200)。(1)漆工=3月6~10日。重箱,夫婦椀等約42点の展示。(2)陶磁器=3月8~10日。食器,花器等約150点の展示。(3)京友禅染(手描)=3月15~17日。訪問着,染帯等約10点の展示。※(3)は修了生による作品解説(15日15時<約1時間>)有。

 

学校歴史博物館

〒600-8044 下・御幸町仏光寺下る

電話344-1305 FAX344-1327

Eメール rekihaku-jigyou@edu.city.kyoto.jp

時間=9~17時(入館は16時半まで)。休=水曜(祝日の場合は翌平日)。入館料=大人200円,小中学・高校生100円(市内小中学生は土・日曜無料)。

【1】 上村淳之館長談話室

とき3月19日14時(約1時間)。絵・鳥・花等をテーマにした語らいの会。定員先着80人。料金要入館料。申込み・問合せ2月26日~3月17日に,京都いつでもコール。

【2】 つかってみよう!むかしの実験道具

とき3月23・24日10時(約2時間半)。星座早見盤の使い方の紹介,静電気の実験,スライム作り他。対象小学3~6年生(保護者同伴可)。定員各30人。多数抽選。料金各200円(保護者は別途要入館料)。申込みFAXかEメール(催し名・希望日・氏名・学校名・学年・電話・FAX・保護者の氏名を明記)で,3月14日までに,同館。

 

京都ミュージック・プロムナード

とき3月31日14時半(約2時間)。会場京都コンサートホール(地下鉄北山駅1・3番出口)。出演=市交響楽団,市立芸大,市ジュニアオーケストラ,市少年合唱団他。対象小学生以上。料金2000円(同ホールで販売中)。問合せ同ホール(電話711-3231,FAX711-2955)。

 

市交響楽団

〒606-0823 左・下鴨半木町1-26 京都コンサートホール内

電話711-3110 FAX711-2955

【1】 練習風景公開

とき4月6日10時半(約1時間)。会場同楽団練習場(北・出雲路立本町)。対象小学生以上。定員50人。多数抽選。料金無料。申込み往復はがき(催し名,希望者全員<4人まで>の住所・氏名・年齢・電話を明記)で,3月1~10日(必着)に,同楽団。

【2】 定期演奏会

とき6月16日14時半(約2時間)。会場京都コンサートホール(地下鉄北山駅1・3番出口)。指揮=ユージン・ツィガーン。対象小学生以上。料金2000~4500円(チケットぴあ等で3月24日から販売)。保育(1000円。6月7日までに同楽団に要予約)有。

 

平成の京町家モデル住宅展示場全面開業記念イベント

会場同展示場(下・河原町塩小路北西角)。申込み(1)(3)(5)不要(2)(4)(6)3月4日~(2)(4)18日(6)25日に,京都いつでもコール(催し名,希望日時,電話,希望者全員の氏名,(6).は性別・学年を明記)。問合せ京都いつでもコール。(1)市内産木材を使った小物作り体験=3月23・24日11~16時。定員先着各70人。料金各300円。(2)京の食空間コーディネートセミナー=3月23日13時・14時半・16時(約1時間)。講師=湯浅靖代(京の食空間コーディネーター)。定員先着各20人。料金無料。(3)木造住宅ミニセミナー&学生設計公開コンペ=3月24日13時(約4時間)。木造住宅に関する講義他。定員先着20人。料金無料。(4)華道家元池坊 親子いけばな体験=3月30日11・14・16時(約1時間)。対象小学生以上と保護者。定員先着各10組。料金無料。(5)苔を使ったミニ盆栽づくり=3月31日10・11・13・14時(約1時間)。定員先着各10人。料金各700円。(6)旧暦おひな祭りイベント=.みんなで一緒におひな飾り:4月4日10・14時(約2時間).草月流いけばな体験:4月6日10時・13時半(約2時間半)。対象.年長~小学6年生(保護者同伴).18歳以上。定員.各15人.各10人。先着順。料金.無料.各1000円(きもの着用者は無料)。

 

2012発掘調査成果写真展

とき3月16日~5月6日(火曜休館〈3月19日は開館〉),10~17時。会場平安京創生館(中・丸太町七本松西入 京都アスニー1階)。日本最古級の平仮名が記された土器等に関する写真・パネルの展示。料金無料。申込み不要。問合せ市埋蔵文化財研究所(電話415-0521,FAX431-3307)。

 

万華鏡手作り教室

とき3月10日13時半(約1時間半)。会場万華鏡ミュージアム(中・姉小路東洞院東入)。細かい模様が見られる万華鏡の制作。対象万華鏡の制作経験のある方。定員先着20人。料金7000円。申込み・問合せ電話かFAXで,3月1日から,同ミュージアム(電話・FAX254-7902)。

 

展覧会「リヒテンシュタイン華麗なる侯爵家の秘宝」

侯爵家が500 年間守り続ける珠玉の作品群が京都へ

とき3月19日~6月9日(月曜休館<祝日は開館>),9~17時(初日は10時から)。※入館は16時半まで。会場市美術館(左・岡崎円勝寺町)。ルーベンス,ラファエッロの絵画等88点の展示。料金一般1500円,高校・大学生1000円,小中学生500円(日曜・祝日は小中学生無料)。申込み不要。問合せ同館(電話771-4107,FAX761-0444)。

 

防火ふれあいコンサート 3月

19日=ゼスト御池(市役所前地下街)。22日=ポルタ(京都駅前地下街)。25日=パセオダイゴロー(地下鉄醍醐駅3番出口)。27日=キタオオジタウン(地下鉄北大路駅上)。とき15時半(19日は12時20分)。約30分。消防音楽隊による,防火・防災を呼びかける演奏会。料金無料。申込み不要。問合せ消防学校教養課(電話682-0119,FAX671-1195)。

 

京都芸術センター

〒604-8156 中・室町蛸薬師下る

電話213-1000 FAX213-1004

時間=10~20時。

【1】 「2000年後の小学校」展

とき3月5~30日。柴川敏之(美術作家)・同センターボランティアによる展覧会。料金無料。申込み不要。

【2】 NOTHIN(ナッシン)’BEATS(ビーツ)

とき3月16日19時(約1時間15分)。AF RA(アフラ)(ヒューマンビートボックス注演奏者)による公演。料金前売1800円,当日2000円(学生は1000円)。※入場券は同センター等で販売中。.口から出す音でドラム・ベース等の楽器の音を表現すること。

【3】 市民狂言会

とき3月22日19時(約2時間)。会場京都観世会館(左・岡崎円勝寺町)。出演=茂山千五郎他。対象小学生以上。料金前売2500円,当日3000円(同センター等で販売中)。

【4】 明倫茶会

とき3月23日11・13・15・17時(約1時間)。抹茶の賞味,柴川敏之(美術作家)によるお話。定員各20人。多数抽選。料金各1000円。申込み往復はがき(催し名・希望時間・電話・希望者全員の氏名を明記)で,又はホームページから,3月8日(消印有効)までに,同センター。

【5】 華道京展

とき3月28日~4月2日,10~20時(3月30日・4月2日は17時半まで)。※入場は閉場の30分前まで。会場大丸ミュージアム京都(下・四条高倉西入 大丸京都店6階)。京都を中心に活動する華道34流派238人のいけばなの展示。※3月31日から展示内容変更。料金前売600円,当日800円(高校生以下無料)。入場券は大丸京都店で3月1日から販売。

【6】 Danc e(ダンス) 4(フォー) All(オール)2012発表会

観覧者を募集

とき3月31日15時(約1時間)。子どもから高齢者までの参加者によるダンス公演。料金中学生以上前売500円,当日1000円(同センターで販売中)。

【7】 制作室の使用者を募集

とき25年10月1日~26年3月31日の間の3カ月以内。対象新進・若手の芸術家(団体可)。募集数12室。料金無料。申込み同センターで配布中の申込書で,3月1~31日(必着)に。審査有。

 

体験・見学

春休み・ごみ減量エコバスツアー

とき3月26日9時(約4時間)。市役所前広場(地下鉄市役所前駅上)集合・解散。イオンモールKYOTO(キョウト)とごみ処理・再資源化施設の見学。対象市内在住か通勤通学の方(小学生以下は保護者同伴)。定員先着30人。料金無料。申込み・問合せ3月1~24日に,京都いつでもコール(〒・住所・電話・希望者全員の氏名を明記)。

 

山村都市交流の森

〒601-1103 左・花脊八桝町250

電話746-0439 FAX746-0134

Eメール hanase-k@mbox.kyoto-inet.or.jp

時間=9~17時。休=火曜(祝日の場合は翌平日)。

【1】 木工教室

とき3月24日10時(約5時間)。ヒノキの学習机の製作。定員先着10人。料金2万円。申込み電話かFAX,Eメール(教室名,希望者全員の住所・氏名・年齢・電話を明記)で,3月1~17日に,交流の森。

【2】 秘密基地を作ろう

とき3月24日10時(約5時間)。ブランコ等の遊具作り他。対象小学生以上。定員20人。多数抽選。料金中学生以上3000円,小学生2500円(昼食代・保険料込)。申込み往復はがきかFAX,Eメール(催し名,希望者全員の住所・氏名・年齢・電話を明記)で,3月1~17日(必着)に,交流の森。

 

春のこどもまつり

とき3月27日9~16時。雨天中止。会場大宮交通公園(北・大宮西脇台町)。ゴーカート無料乗車(9時~11時半・13時~15時半),パトカー・白バイの展示・試乗(9~15時),遊びの広場(オセロ,パズル,フラフープ等)他。料金無料。申込み不要。問合せ同園(電話・FAX491-0202)。

 

友・遊・美化パスポート 3月

とき10時(約1時間)。雨天中止。7日=高台寺公園(東・高台寺下河原町)集合。22日=上京リサイクルステーション(上・油小路中立売下る)集合。散策しながらの美化活動。10回参加ごとに記念品を進呈。料金無料。申込み不要。問合せまち美化推進課(電話213-4960,FAX213-4961)。

 

宇多野ユースホステル

〒616-8191 右・太秦中山町29

電話462-2288 FAX462-2289

Eメール edu@yh-kyoto.or.jp

【1】 北嵯峨・百人一首ゆかりの地を巡る散策ツアー

とき3月17日9時(約3時間半)。百人一首に関する講義,ゆかりの地の散策。対象小学生以上(小学生は保護者同伴)。定員先着20人。料金1500円(前日宿泊の場合は4500円)。申込み電話かFAX,Eメール(催し名・住所・氏名・年齢・電話・性別・前日宿泊の有無を明記)で,3月16日までに,同ホステル。

【2】 桜の庭園の一般公開

とき4月1~10日,10~15時。約50本の桜がある庭園の公開。料金無料。申込み不要。

 

春のエコセン映画会

とき3月20日10時・12時50分・15時半(約2時間)。会場京エコロジーセンター(伏・深草池ノ内町)。アニメ「ロラックスおじさんの秘密の種」の上映。定員先着各70人。※小学3年生以下は保護者同伴。料金無料。申込み・問合せ電話かFAX(催し名,希望時間,何を見て申し込んだか,希望者全員の氏名・電話,子どもの年齢か学年を明記)で,又はホームページから,3月1~19日に,同センター(電話641-0911,FAX641-0912)。

 

青少年科学センター

〒612-0031 伏・深草池ノ内町13

電話642-1601 FAX642-1605

時間=9~17時(入場は16時半まで)。休=木曜(祝日の場合は翌平日。3月28日・4月4日は開館)。入場料=大人500円,中学・高校生200円,小学生100円(プラネタリウムは別途要観覧料<大人500円,中学・高校生200円,小学生100円>)。市内小中学・高校生は土曜・日曜無料。

【1】 プラネタリウム「天文学が変わる!史上最大のアルマ望遠鏡」

とき3月8日~6月5日。約45分。※土・日曜,祝日の14時20分の回は「ちびっこプラネタリウム」。申込み不要。

【2】 祝日イベント

とき3月20日10時半・12時20分・15時40分(約30分)。天文台での太陽の黒点観察。定員先着各30人。※未就学児は保護者同伴。料金要入場料。申込み不要。

 

京都さくらパレード

とき3月24日。交歓コンサート=11時半(約2時間半)。会場市役所前広場(地下鉄市役所前駅上)。吹奏楽団による演奏。街頭パレード=15~17時。吹奏楽を演奏しながらの行進(市役所前~四条河原町周辺)。料金無料。申込み不要。問合せ京都いつでもコール。

 

二条城ライトアップ2013

とき3月29日~4月21日,18時~21時半(入城は21時まで)。※通常の入城時間と入替制。会場同城(〒604-8301 中・二条堀川西入)。茶席(700円),桜・庭園等のライトアップ,いけばなの展示,琴の演奏,京都の名産品の販売。料金一般400円,小中学・高校生200円(和装の方は無料)。申込み不要。【市民無料招待】とき3月29~31日。定員500組。多数抽選。申込み往復はがきで,3月1~11日(必着)に,同城。問合せ同城(電話841-0096,FAX802-6181)。

 

京都さくらよさこい

とき4月6日10~18時・7日10~19時。会場市役所前広場他。全国19府県の177チームによる,よさこいの演舞他。料金無料。申込み不要。問合せ京都さくらよさこい実行委員会(電話212-5221,FAX231-4677)。

 

春のお花見園内ツアー

とき4月14日17時(約2時間)。荒天中止。会場動物園(〒606-8333 左・岡崎法勝寺町)。職員による解説付きの園内見学。定員40人。多数抽選。料金要入園料(高校生以上600円)。申込み・問合せ 往復はがき(催し名,住所,希望者全員<5人まで>の氏名・年齢を明記)で,3月15日(消印有効)までに,同園(電話771-0210,FAX752-1974)。

 

BOSAI(ボーサイ)スプリングフェスタ

とき3月19~24日,9~17時。会場市民防災センター(南・国道1号線十条上る)。防災クイズ大会(19~22日14時・20~24日10時半<約30分>),子ども消防士体験(20・23・24日,11・15時<約30分>),非常食の試食(20・23・24日12時<約30分>)。ダンボール防災迷路遊び,スタンプラリー,展示他。入場無料。申込み不要。問合せ同センター(電話662-1849,FAX662-6050)。

 

市役所前フリーマーケット

とき4月14日10~16時。雨天の場合は4月20日に延期。会場市役所前広場(地下鉄市役所前駅上)。入場無料。申込み不要。【出店者募集】対象府内在住か通勤通学の18歳以上(その他要件有)。募集数180店。多数抽選。出品物=家庭用品・衣類・古本他。出店料3000円。申込み事前にプラスワンネットワーク(電話229-7713)に電話で確認の上,3月25日(消印有効)までに。問合せ京都いつでもコール。

 

図書館

中央(中・丸太町七本松西入) 電話802-3133 FAX812-5816

右京中央(地下鉄太秦天神川駅3番出口 サンサ右京3階)

電話871-5336 FAX871-5341

伏見中央(伏・今町659-1) 電話622-6700 FAX622-6551

醍醐中央(地下鉄醍醐駅3番出口 パセオダイゴロー西館4階)

電話575-2584 FAX575-2587

時間=10時~20時半(土曜・日曜,祝日は17時まで)。※中央図書館の児童図書室は17時まで。休=火曜(祝日の場合は翌平日)。とき特記のない限り3月。

 

【中央】おたのしみ会=9・23日14時半(約30分)。赤ちゃん絵本の会=21日11時(約30分)。

【右京中央】おたのしみ会=9・23日14時(約30分)。赤ちゃんからのおたのしみ会=11・18日11時(約15分)。映画上映会「コップ・アウト」=15日13時15分(約2時間)。親子で楽しむわらべうた=25日・4月1日,11時(約30分)。

【伏見中央】稲荷小学校の児童による絵の展示,「パワーをもらおう!」をテーマにした図書の展示・貸出=1~31日。赤ちゃん絵本こんにちは=7日11時・21日14時・4月4日11時(約20分)。おはなし会=9日11時(約20分)。交通安全のおはなし=28日11時(約20分)。

【醍醐中央】ひなまつり等をテーマにした図書の展示=1~31日。大型紙芝居=9日10時半(約30分)。新聞紙でのフリスビー制作=9日14時(約1時間)。あかちゃんのためのおはなし会=13日11時(約30分)。名画上映会「ブタがいた教室」=17日13時半(約2時間)。絵本と紙芝居の会=23日14時(約30分)。春休み子ども特別上映会「はらぺこあおむし」他=24日10時半(約1時間)。

 

食彩市

とき3月9日10~12時。会場中央卸売市場第一市場(下・七条新千本)。鮮魚・塩干物・生鮮食料品等の販売,マグロの解体ショー他。入場無料。申込み不要。問合せ同市場(電話312-6564,FAX311-6970)。

 

環境フォーラムきょうと

とき3月9日10~17時。会場イオンモールKYOTO(キョウト)(南・西洞院八条下る)。産業廃棄物の処理工程やリサイクル(再生利用)製品の紹介,子ども向けのゲーム他。【環境トークショー】とき13時半~14時半。出演=矢野・兵動(お笑い芸人)他。料金無料。申込み不要。問合せ事業系廃棄物対策室(電話366-1394,FAX221-6550)。

 

科学・技術フェスタ

とき3月16・17日10~17時。会場京都パルスプラザ(伏・竹田鳥羽殿町)。最先端科学技術や宇宙工学に関する子ども・青少年向けの展示,研究発表他。【特別講演】とき16日。約1時間半。宇宙分野=10時。再生医療分野=13時。【JAXA(ジャクサ)タウンミーティング】とき16日15時(約2時間半)。JAXA(宇宙航空研究開発機構)研究者との意見交換。【FIRST(ファースト)サイエンスフォーラム3】とき17日13時(約3時間)。審良静男(大阪大学教授)等による講演,高校生との意見交換。定員先着500人。料金無料。申込み不要。問合せ産業振興室(電話222-3324,FAX222-3331)。

 

その他

上下水道モニターを募集

上下水道の関連施設の見学,アンケートへの回答,レポートの提出他。任期委嘱の日~26年3月31日。対象平日昼間に活動可能な18歳以上(同モニター経験者は不可)。定員30人。多数選考。謝礼有。申込み・問合せ郵送かFAX(案件名・住所・氏名・ふりがな・電話・生年月日・職業・応募理由・上下水道事業に関する意見を明記)で,又はホームページから,3月1~15日(消印有効)に,上下水道局総務課(〒601-8004 南・東九条東山王町12,電話672-7810,FAX682-2711)。

 

「久我・食農ふれあいの杜体験農園」入園者を募集

とき25年4月~26年2月。会場同園(伏・久我御旅町)。農家の助言の下での京野菜や米等の栽培,農産物の加工体験。定員30人。多数抽選。料金3万5000円(種苗・肥料代,農具貸出料込)。申込み・問合せはがきか電話,FAXで,3月1~15日(消印有効)に,東部農業振興センター(〒612-0873 伏・深草瓦町61,電話641-4340,FAX641-4569)。

 

あんようほのぼの・ワークショップ

とき3月9・21日11時(約3時間)。会場安養寺フリースクール京都校(〒602-8288 上・田丸町379-3)。専門家を招いての不登校に関する学習会他。対象不登校状態(傾向)にある市内在住か市立学校在籍の小中学・高校生の保護者。定員各20人。料金無料。申込みはがきかFAX(催し名・〒・住所・電話・学校名・学年・児童と保護者の氏名を明記)で,開催日の2日前(必着)までに,同校(FAX414-4192)。問合せ生徒指導課(電話213-5622,FAX213-5237)。

 

敷地内の防臭ますは月1回程度掃除してください

下水道管からの悪臭等が屋内に入らないようにするため屋外に設置されている防臭ます。たまったごみで詰まらないよう,定期的な清掃が必要です。問合せ下水道部管理課(電話672-7822,FAX682-2707)。

 

3月23日~市バスの運行ダイヤが変わります

4号系統の経路変更等による左京区総合庁舎への交通の利便性向上,南1号系統のJR桂川駅への乗り入れの強化,洛バス101号系統の増便等による観光系統の充実,「水族館シャトル」の運行期間の拡大等を実施。新時刻表は,変更する市バス路線の停留所,市バス・地下鉄案内所,市バス営業所,ホームページ等で3月14日から案内します。問合せ自動車部運輸課(電話863-5132,FAX863-5128)。

 

勤労者の急な出費のための低金利融資

「ライフサポートローン」をご利用ください

家電・家具・車の購入,引越し,医療,出産,冠婚葬祭,災害時の小規模修繕等にかかる費用の融資。対象勤続1年以上かつ年収150万円以上の方(その他要件有)。限度額=100万円。返済期間=5年以内。利率=2.6%(別途要保証料<融資額の0.36%>)。申込み府内の近畿労働金庫へ来所。審査有。問合せ同金庫京都地区統括本部(電話801-7317,FAX841-5433),勤労福祉青少年課(電話222-3089,FAX222-3223)。

 

すまい(おうち)のイラスト・写真展

とき3月4~9日,10時半~20時。会場ゼスト御池(市役所前地下街)。すまいをテーマに公募したイラスト・写真の展示。料金無料。申込み不要。問合せすまい体験館(電話693-5131,FAX662-0397)。

 

市民憲章推進会議の市民委員を募集

市民が守るべき規範「市民憲章」を推進するためのテーマや実践目標などを定める会議。任期25年4月1日.27年3月31日。年1回開催。対象18歳以上(国・地方公共団体の議員,常勤の公務員は不可)。募集数2人。申込み市役所案内所,区役所・支所等で配布中のリーフレットを確認の上,3月1.14日(必着)に。審査・報酬有。問合せ広報担当(電話222-3094,FAX213-0286)。

 

高齢者の住まいの相談会

とき3月21日13時半~16時。会場消費生活総合センター(中・烏丸御池東南角 アーバネックス御池ビル西館4階)。賃貸借契約書の見方や住み替え等,高齢者の住まいの確保に関する相談受付。定員10人。料金無料。申込み・問合せはがきかFAX,Eメール(催し名・住所・氏名・年齢・電話・相談内容を明記)で,3月12日(消印有効)までに,住宅供給公社(〒602-0872 上・駒之町561-10,電話366-2121,FAX223-2129,Eメールinfo@kyoto-sjn.jp)。

 

子どもの生活の変化に注意 非行を防止しましょう

進学や進級で新たな生活が始まるこの時期は,子どもたちの生活が不安定になりがち。夜間の外出や外泊が増えた,タバコやアルコールの臭いがする等,子どもの生活の変化を見逃さず,家庭・学校・地域で連携して非行を防止しましょう。問合せくらし安全推進課(電話222-3193,FAX213-5539)。

 

3月1~7日は春の火災予防運動週間

守り続ける京のまち昔も今もこれからも

24年中に,市で270件の火災が発生(前年比55件増)。天ぷらなべやこんろを原因とした火災が増加しています。火災を防ぐため,身の周りの火の元の点検をしっかり行ってください。問合せ消防局予防部(電話212-6672,FAX252-2076)。

 

京都景観賞 屋外広告物部門表彰式

とき3月20日13時(約2時間)。会場京都ロイヤルホテル&スパ(中・河原町三条上る)。景観に配慮した優れた看板の紹介・表彰。料金無料。申込み不要。問合せ市街地景観課(電話708-7690,FAX251-2877)。

 

市債(5年公募債)を発行

募集期間=3月8~22日。1万円から購入可。利率=3月8日13時に決定。市内主要金融機関・証券会社等で順次販売開始。問合せ財政課(電話222-3290,FAX222-3283)。

 

「京カレッジ」受講生を募集

とき25年4月~26年2月。会場キャンパスプラザ京都(下・西洞院塩小路下る),大学・短期大学他。社会人向けの教養・資格取得等約430の生涯学習講座(一部インターネットでの受講も可)。料金一部有料。申込み同プラザ,市役所案内所,市立図書館等で3月8日から配布の冊子を確認の上,3月23日(必着)までに。問合せ大学コンソーシアム京都(電話353-9140,FAX353-9121)。

 

京都幸福会議2013を開催

とき3月20日13時(約3時間)。会場立命館大学朱雀キャンパス(中・千本三条上る)。カルマ・ウラ王立ブータン研究所所長等による幸福の在り方についての対談他。定員先着200人。料金無料。申込み・問合せFAXかEメール(催し名・氏名・電話・Eメールを明記)で,3月1~13日に,政策企画室(電話222-3035,FAX212-2902,Eメールseisakukikaku@city.kyoto.jp)。

 

市庁舎整備基本構想(案)に対する意見を募集

市民の安心・安全を守る拠点として,耐震性の不足等,市庁舎が抱える課題を解消するための基本的な方向性を示した構想(案)。応募方法市役所案内所,区役所・支所等で配布中の冊子かホームページを確認の上,3月14日(消印有効)までに。問合せ行財政局総務課(電話222-3045,FAX222-3838)。

 

25年度市職員採用ガイダンス

とき3月18日13時半(約3時間)。会場みやこめっせ(左・岡崎成勝寺町)。試験制度・仕事内容等の紹介。対象大卒程度の学力を有する一般事務職・技術職,消防職の志望者。定員先着800人。料金無料。申込み不要。問合せ人事委員会任用課(電話213-2156,FAX213-2159)。

 

大学生が描いた京都のまちの将来像発表会 傍聴者を募集

とき3月24日13時(約3時間半)。会場京都商工会議所(中・烏丸夷川上る)。特徴ある地域ごとに大学生が描いた将来の景観やまちの姿についての発表。定員先着200人。料金無料。申込み不要。問合せ景観政策課(電話222-3397,FAX222-3472)。

 

我が家の省エネ度は?

検針票等で電気やガスの使用量を確認してみよう!

 

2012年12月の市内1世帯(2.1人)当たりの平均(1)使用量(2)二酸化炭素排出量

【電気】 (1)473kW時(2)147kg 【 都市ガス】 (1)38.6.(2)88.4kg

 

問合せ 地球温暖化対策室(電話222-4555,FAX211-9286)。

 

お問い合わせ先

京都市 総合企画局市長公室広報担当

電話:075-222-3094

ファックス:075-213-0286