現在位置:

無作為で選出した市民が京都の未来について議論する「京都・未来まちづくりミーティング」の開催について

ページ番号126660

ソーシャルサイトへのリンクは別ウィンドウで開きます

2012年8月14日

京都市で初めての試み!無作為で選出した市民が京都の未来について議論する「京都・未来まちづくりミーティング」の開催について~約150名の市民が熱い議論を交わします~

   この度京都市では,本市では初めての試みとなる無作為で選出した市民による会議「京都・未来まちづくりミーティング」を開催しますので,お知らせします。
 会議では,無作為で選出した7,000人から,「京都市民の縮図」として集まった約150名の市民の皆様に,「『ほっとけない』京都の現状」,「築きたい京都の未来」について語り合っていただきます。
   市民の皆様が普段感じている身近な課題を集めて,10年後,20年後の京都を築くまちづくり活動へとつなげていきます。

開催概要

日時・会場

  ア 第1回
   ・日時 平成24年8月19日 日曜日 午後1時~午後5時
   ・会場 京都御池創生館 地階 研修室(中京区御池通柳馬場東入)
  イ 第2回
   ・日時 平成24年8月25日 土曜日 午後1時~午後5時
   ・会場 京都御池創生館 地階 研修室
  ウ 第3回
   ・日時 平成24年8月27日 月曜日 午前10時~午後3時
   ・会場 ひと・まち交流館 京都 2階 大会議室(下京区西木屋町通上ノ口上る)

内容

  • 話題提供(事例紹介等)
  • 「京都の暮らしの中で,『ほっとけない』こと」についての語り合い
  • 「私/私たちが築きたい京都の未来」についての語り合い

参加者

 市民約150名(各回約50名)

ミーティングの特徴

 ○ 参加者を無作為で選出することで,従来の「公募」による場合とは異なり,市民参加に熱心な市民の集まりとは違う「京都市民の縮図」としての参加者が集まります。
 ○ ミーティングでは,市民が普段の生活で感じている意見や課題等,「京都の未来」に向けた「ほっとけない」思いを語っていただきます。「京都市民の縮図」での議論の結果,より京都市民が一般的に感じている意見・課題を抽出することができます。
 ○ 出された意見・課題については,「京都市未来まちづくり100人委員会」が引き継ぎ,課題等の解決に向けた市民の自発的な実践活動へとつなげていきます。

ミーティングの参加者

 住民基本台帳から無作為で選出した市民7,000名(15歳~79歳)へ招待状を送付し,ミーティングへの参加希望があった約150名の市民の皆様

主催等

  京都市(事業委託先:特定非営利活動法人きょうとNPOセンター)
   * 当日の運営は,きょうとNPOセンターと100人委員会委員により実施します。

その他

 (1) 会議は公開とし,傍聴席を設けますので,傍聴希望者は直接会場にお越しください。
 (2) 記者席は,傍聴席とは別に設けます。
 (3)第4期京都未来まちづくり100人委員会活動の詳細は,ホームページ外部サイトへリンクしますをご覧ください。

お知らせ

Adobe Reader の入手
PDFファイルの閲覧には Adobe Reader が必要です。同ソフトがインストールされていない場合には、Adobe 社のサイトから Adobe Reader をダウンロード(無償)してください。

お問い合わせ先

京都市 総合企画局総合政策室市民協働推進担当

電話:075-222-3178

ファックス:075-212-2902