現在位置:

2011 「マイクロ発電水車の組み立てと発電実験プロジェクト」の実施について

ページ番号109871

ソーシャルサイトへのリンクは別ウィンドウで開きます

2011年10月21日

お知らせ

平成23年10月21日

立命館大学・環境防災設計学研究室,京都岡崎魅力づくり推進協議会(取次:総合企画局市民協働政策推進室岡崎地域活性化担当  電話:222-4178)

 

―「岡崎・あかりとアートのプロムナード」連携事業―

「マイクロ発電水車の組み立てと発電実験プロジェクト」の実施について

 このプロジェクトは,立命館大学理工学部・環境防災設計学研究室を中心に開発された,自転車の前輪を利用し手軽に制作できる「マイクロ水車」を,研究室の学生の指導のもとで京都市立岡崎中学校の生徒が制作し,河川に設置し,水力による発電実験を行うものです。

 当日は,得られた電力で灯路(行灯)を水辺に灯し,「岡崎・あかりとアートのプロムナード」の来場者を優しい光でお迎えします。

 

特徴

○立命館大学・環境防災設計学研究室学生と京都市立岡崎中学校生徒のコラボ

○イベント会場で,設計図をもとにパーツから組立

○完成したマイクロ水車は近くの白川に実際に設置し発電実験

○灯路(行灯)には省電力のLED電球を装着し,生徒たちが描いた絵柄を取付

 

1 日時     平成23年10月29日(土曜) 午後1時~9時

          *30日(日曜)も正午から発電実験を行う。<タイムテーブル参照>

2 参加人数  立命館大学 7人

          岡崎中学校 40人程度(4人一組で10基を制作予定)

3 制作基数  マイクロ水車10基・灯路(行灯)10基

          *灯路(行灯)は,京都・花灯路推進協議会使用の器具にオリジナル性を加える。

4 制作場所  京都市勧業館みやこめっせ前(東入口付近)

5 発電場所  白川/疏水から分流した仁王門通下がる付近

6 主催     立命館大学・環境防災設計学研究室

7 協力     京都市立岡崎中学校,京都岡崎魅力づくり推進協議会,京都堀川手づくり水車の会

 

タイムテーブル

29日(土曜)

時間

場所

内容

午後1時

みやこめっせ前

 集合

1時30分

みやこめっせ前

 10班に分かれ作業開始

夕刻~

白川

 完成次第白川に設置・発電実験開始

夕刻~9時

白川

 発電により灯路(行灯)を点灯

             ※マイクロ水車の組立て時間は概ね2時間程度。

 

30日(日曜)

時間

場所

内容

正午

白川

 白川に設置・発電実験開始

~9時

白川

 発電により灯路(行灯)を点灯

 

発電実験・点灯場所/白川

発電実験・点灯場所(地図)

マイクロ水車の概要

 当研究室を中心に開発された水車は,京都の堀川でのイベント(京の七夕)や仙台市での七夕イベントで展示・使用されたほか,東日本大震災で避難所となった宮城県石巻市・相川保育所において,非常電源や街路用の足元照明として使用されてきました。
写真

お問い合わせ先

京都市 総合企画局プロジェクト推進室

電話:075-222-3984

ファックス:075-213-0443