スマートフォン表示用の情報をスキップ

京都市消防局

言語選択を表示する

スマートフォン表示用の情報をスキップ

現在位置:

【広報資料】京都市市民防災センターの指定管理者の候補となる団体の選定結果について

ページ番号243259

ソーシャルサイトへのリンクは別ウィンドウで開きます

2018年9月28日

お知らせ

平成30年9月28日

消防局総務課(212-6629)

 京都市では,「京都市公の施設の指定管理者の指定の手続等に関する条例」に基づき,「京都市市民防災センター」(平成31年4月1日管理開始予定)の指定管理者の候補となる団体(以下「指定候補者」という。)について,学識経験者等で構成する京都市消防局指定管理者選定委員会における意見聴取の結果,次のとおり選定しましたのでお知らせします。

 なお,選定された指定候補者については,指定候補者を指定管理者とする議案を11月市会に付議し,可決された場合には,指定期間開始時から施設の運営に当たります。

1 施設概要

⑴ 施設名

  京都市市民防災センター

⑵ 所在地

  京都市南区西九条菅田町7番地

⑶ 施設規模等

  敷地面積 約1,802平方メートル,延べ床面積 約3,551平方メートル

2 指定候補者

⑴ 団体名

  一般財団法人京都市防災協会

⑵ 代表者名

  理事長 川中 長治

⑶ 主たる事務所の所在地

  京都市南区西九条菅田町7番地 京都市市民防災センター内

3 指定期間(予定)

 2019年4月1日から2023年3月31日まで

4 選定委員会委員(敬称略)

選定委員会委員

氏名

役職等

 委員長

古川 愛子

 京都大学大学院工学研究科 准教授

委員

荒木 康俊

 西京区松尾学区自主防災会 会長

久保 智里

 (公財)京都市男女共同参画推進協会 職員

平田 歩美

 市民公募委員(大学生)

山田 洋一

 株式会社島津製作所紫野工場 部長

5 選定の概況

⑴ 選定理由

 京都市市民防災センターは,市民の防災に関する知識及び技術の普及向上並びに防災意識の高揚を図るとともに,災害時における応急活動の拠点としての役割を果たすために設置された施設であり,本市独自の消防防災に関する施策に精通している本市消防局での長年の実務経験を持つ職員による指導体制を有する一般財団法人京都市防災協会が運営することが最も合理的であり,学識者等で構成する京都市消防局指定管理者選定委員会における意見聴取の結果,当該施設については,公募を行わず当該団体を指定候補者に選定することとしました。

 京都市消防局指定管理者選定委員会において,団体の概要,施設の管理運営方針,事業実施,サービス提供体制,運営経費等の審査基準に基づき,一般財団法人京都市防災協会を総合的に評価した結果,指定候補者としてふさわしい団体であると評価されました。

⑵ 審査結果一覧

 審査結果については以下のとおりです。

審査結果一覧

審査基準

 配点

(一財)京都市防災協会

応募者の状況

申請者の財務状況

  10 点

  10 点

同種事業の実績

  10 点

  10 点

事業運営に関する計画

施設運営の考え方

   5 点

    4.75 点

サービス提供体制

5 点

5 点

サービスの質の確保

5 点

4.75 点

個人情報保護の体制等

4 点

4 点

地域との連携

4 点

4 点

施設の維持管理

4 点

4 点

危機管理の方策

5 点

5 点

対象別指導方法

5 点

4.75 点

啓発事業の内容

5 点

4.5 点

情報提供・発信

4 点

3.75 点

普及啓発方法

4 点

3.5 点

来館者増加策

5 点

4.75 点

経済性

経営計画

10 点

10 点

市内中小企業への発注

  5 点

     5 点

その他

政策的な取組

 10 点

9.5 点

合計

 100 点

     97.25 点

このページに対してご意見をお聞かせください

このページは役に立ちましたか?
このページは見つけやすかったですか?

お寄せいただいたご意見は,今後のホームページ運営の参考とします。

お問い合わせ先

京都市 消防局総務部総務課

電話:075-212-6623

ファックス:075-251-0062