スマートフォン表示用の情報をスキップ

京都市消防局

言語選択を表示する

スマートフォン表示用の情報をスキップ

現在位置:

平成29年度左京消防署震災警防訓練を実施しました!

ページ番号231186

ソーシャルサイトへのリンクは別ウィンドウで開きます

2018年1月18日

平成29年度左京消防署震災警防訓練を実施しました!

 左京消防署(署長 村林幹夫)では,平成30年1月17日(水曜日),23年前の同日に発生した阪神淡路大震災を教訓として「平成29年度左京消防署震災警防訓練」を実施しました。消防局では毎年,この日に同訓練を実施しますが,本年も震災が発生した際には混乱が予想される「情報」についての収集,集約,伝達の訓練をはじめとし,署員の非常召集,部隊の増強編成や大規模災害システムの立上げ,局本部や関係機関との連絡体制などを検証しました。

 また,職団員の負傷や道路の寸断など,あらゆる被害を想定した訓練を実施しましたが,訓練に参加した署員は,慌てることなく,各課の署員が一致団結して英知を結集,役割をしっかり分担し,スムーズに訓練を実施することができました。

 このように左京消防署では,活動期にあるとされる地震に対して常に備えを万全にしています。

 訓練終了後,署本部長である村林署長から講評があり,「各個人に与えられた役割をこなすことは,もちろん大切だが,大規模震災等の災害では,自分の役割以外にもしなければならないことが必ず発生する。そのような状況下において必要なのは,自分以外の署員が今,何をやっているのかを把握し,様々な情報を共有・連携することである。」と署員に大規模震災等の災害に立ち向う思いを伝えました。 


訓練の様子です


このページに対してご意見をお聞かせください

このページは役に立ちましたか?
このページは見つけやすかったですか?

お寄せいただいたご意見は,今後のホームページ運営の参考とします。

お問い合わせ先

京都市 消防局左京消防署

電話:075-723-0119

ファックス:075-723-1999