現在位置:

【広報資料】東近畿支部の代表消防隊が集結する消防訓練の実施について

ページ番号229178

ソーシャルサイトへのリンクは別ウィンドウで開きます

2017年12月5日

広報資料

平成29年12月5日

消防局総務課(212-6629)

 全国消防長会東近畿支部(代表京都市消防局)では,支部の各地域に応じた消火戦術に基づき,統一した訓練で各消防本部の災害現場活動能力の向上を図るため,この度,京都市消防活動総合センターの街区訓練場で,支部の代表となる消防隊36部隊が集結し,火災を想定した「消防技術研修会」を実施しますので,お知らせします。

 京都市消防局では,災害経験の少ない各本部等の指導者向けに指導要領やポイントを定めたマニュアルを作成しており,それらを参考にしながら支部の各消防本部が訓練を積み重ね,当日の訓練に臨みます。

 訓練を通じて,東近畿地域で大規模災害等が発生した際に備えた更なる連携・協力体制を構築してまいります。


1 公開訓練日時
  平成29年12月12日(火曜日)
  午後1時20分~午後2時

2 実施場所
  京都市消防活動総合センター 街区訓練場
  (南区上鳥羽塔ノ森下開ノ内94-4)

3 公開訓練の参加部隊
  富山市消防局,金沢市消防局

4 訓練内容
  2階建て民家の2階の一部が燃焼,2階に逃げ遅れがありとの想定で,
 火災の防御活動及び人命救助活動等を実施する。
  (裏面 訓練図面参照)

※ 午後12時50分から訓練説明を実施しますので,取材を希望される報道機関の皆様は街区訓練場にお集まりください。

【東近畿支部技術研修会】

実施期間 : 平成29年12月12日から13日までの2日間で実施。

参加部隊 : 2日間で東近畿支部代表部隊 延べ36隊が参加。

訓練の主眼 : 隊長の指揮活動・安全管理能力,隊員の消防・救助活動能力及び隊員間の連携活動の向上を図ること。

【全国消防長会東近畿支部】

 1府6県(富山,石川,福井,滋賀,京都,奈良,和歌山)の70消防本部で構成し,その組織を通じて各種事業を実施し,消防長の融和・協調,情報の交換,消防職員の研修等,支部内市町村消防の健全な発展に資するとともに,各種の消防行政課題について全国消防長会等へ要望するなど消防行政の改善を積極的に推進し,もって地域消防力の強化,発展に貢献することを目的とした組織。

訓練図面

  • 訓練図面

【訓練指導マニュアルについて】


 京都市消防局において,長年訓練指導に携わった職員が作成した消防隊長や指揮隊長が行う訓練指導のポイントをまとめた冊子。
 人命救助活動,延焼拡大防止や排煙活動等の注意点など,指揮活動で必要な事項が掲載されている。東近畿支部の各消防本部に配布して,各消防本部の現場活動能力の向上を図っている。

広報資料

Adobe Reader の入手
PDFファイルの閲覧には Adobe Reader が必要です。同ソフトがインストールされていない場合には、Adobe 社のサイトから Adobe Reader をダウンロード(無償)してください。

このページに対してご意見をお聞かせください

このページは役に立ちましたか?
このページは見つけやすかったですか?

お寄せいただいたご意見は,今後のホームページ運営の参考とします。

お問い合わせ先

京都市 消防局総務部総務課

電話:075-212-6623

ファックス:075-251-0062