スマートフォン表示用の情報をスキップ

京都市消防局

言語選択を表示する

スマートフォン表示用の情報をスキップ

現在位置:

【広報資料】京都迎賓館でのテロ災害を想定した合同訓練の実施について

ページ番号227848

ソーシャルサイトへのリンクは別ウィンドウで開きます

2017年11月1日

広報資料

平成29年11月1日

上京消防署企画広報係(431-1371)

 京都市では,京都府警察との間で締結した「世界一安心安全・おもてなしのまち京都 市民ぐるみ推進運動」に関する協定に基づき,各行政区において,地域の特性や課題に応じた,安心安全の向上のためのソフト・ハード両面の取組を協働して推進しています。

 国際テロの脅威が高まる中,2020年の東京オリンピック・パラリンピックを前に,テロの標的となり得るVIP級の要人を受け入れる京都迎賓館の正門前においてテロ災害が発生したとの想定で,消防,警察,区役所,京都御苑の行政関係機関等による大規模な合同訓練を次のとおり実施しますので,お知らせします。

 


1 実施日時 
  平成29年11月8日水曜日
  午前11時~午前11時30分

2 実施場所 
  京都御苑内の京都迎賓館正門前付近

3 参加機関等
 ⑴ 上京消防署(消防隊等5隊)30名
 ⑵ 上京警察署 25名
 ⑶ 上京区役所 9名
 ⑷ 上京消防団 5名
 ⑸ 迎賓館京都事務所 2名
 ⑹ 皇宮警察京都護衛署 2名
 ⑺ 環境省京都御苑管理事務所 2名
 ⑻ 京都第二赤十字病院 4名
 ⑼ 京都学生FAST※ 2名
   計81名
※ 各大学単位で構成された大学生の消防防災サークル

4 訓練想定等(裏面参照)

 京都迎賓館正門前において来賓を待ち受ける中,同門前植え込み内に置かれていた不審物が爆発し,樹木等が燃焼するとともに関係者数名が負傷(重症2名,中等症2名,軽症4名)したとの想定で,消防が消火活動及び医療機関と連携した負傷者の救護訓練(現場トリアージ)を行う。その後,新たに不審物が見つかり,警察が爆発物の処理訓練等を実施する。 

※ 訓練終了後,白岩上京消防署長,井上上京警察署長,林上京区長が訓練講評等を行う。

 

5 その他

 取材いただける報道機関は,開始時刻の30分前までに自社腕章を着用のうえ,京都迎賓館正門付近にお越しください。

 

 

訓練イメージ


広報資料

Adobe Reader の入手
PDFファイルの閲覧には Adobe Reader が必要です。同ソフトがインストールされていない場合には、Adobe 社のサイトから Adobe Reader をダウンロード(無償)してください。

このページに対してご意見をお聞かせください

このページは役に立ちましたか?
このページは見つけやすかったですか?

お寄せいただいたご意見は,今後のホームページ運営の参考とします。

お問い合わせ先

京都市 消防局総務部総務課

電話:075-212-6623

ファックス:075-251-0062