スマートフォン表示用の情報をスキップ

京都市消防局

言語選択を表示する

スマートフォン表示用の情報をスキップ

現在位置:

【広報資料】左京消防団充足率100%達成!左京消防団長が川東分団を激励

ページ番号226626

ソーシャルサイトへのリンクは別ウィンドウで開きます

2017年10月2日

広報資料

平成29年10月2日

消防局総務課(212-6629)

 左京消防団では,平成26年4月に西川 善次が消防団長に就任して以降,消防団長自らが先頭に立ち,消防団の活性化を図り,あらゆる機会を捉えて消防団への入団促進に努めた結果,昭和51年に左京消防団の定員が現在の695名に定められてから,初めて充足率が100パーセントに達しました(平成29年10月1日現在)。

 定員達成の機会を捉えて,西川消防団長が,10月5日の無火災推進日に実施される川東分団の夜間見回りを激励し,更なる地域活性化に取り組みますので,お知らせします。


1 日時
  平成29年10月5日(木曜日)
  午後8時~午後8時30分

2 場所(下図参照)
  川東分団器具庫
  (左京区聖護院蓮華蔵町2-3)

3 実施内容
  西川消防団長が,夜間見回りを開始する川東分団に対して激励を行い,更なる地域の防火防災の推進と消防団の入団促進を図ります。

4 その他
  川東分団は,定員20名(うち女性消防団員3名)で,現在員20名が在籍しており,充足率は100パーセントとなっています。

※ 充足率100%に向けた左京消防団の主な取組

(1) 西川川消防団長は,あらゆる機会を通じて入団促進に取り組むように各分団に働き掛け,各分団は地元の行事等で積極的な入団勧奨を実施。

(2) 叡山電鉄協力の下に消防車両をデザインしたラッピング車両を導入し,消防団員の募集を啓発するロゴを掲載(H28.3~)。

(3) 左京消防団に機甲分団(重機を所有した事業所)を創設し,21名が入団(H28.10~)。

  • 左京消防団

【消防団員数の推移(平成20年度以降)】

 消防団員は,全国的に減少しており地域防災の要である消防団員の確保は喫緊の課題です。

 京都市消防局では,消防団員を確保するため,様々な取組を実施した結果,消防団員数が徐々に増加し,本年4月1日現在で平成20年以降,最高の4,343名となり,現在も増加傾向にあります。

  • 左京消防団

川東分団器具庫の場所

  • 左京消防団

広報資料

Adobe Reader の入手
PDFファイルの閲覧には Adobe Reader が必要です。同ソフトがインストールされていない場合には、Adobe 社のサイトから Adobe Reader をダウンロード(無償)してください。

このページに対してご意見をお聞かせください

このページは役に立ちましたか?
このページは見つけやすかったですか?

お寄せいただいたご意見は,今後のホームページ運営の参考とします。

お問い合わせ先

京都市 消防局総務部総務課

電話:075-212-6623

ファックス:075-251-0062