現在位置:

【広報資料】平成29年防災功労者内閣総理大臣表彰受賞の決定について

ページ番号225185

ソーシャルサイトへのリンクは別ウィンドウで開きます

2017年9月6日

お知らせ

平成29年9月5日

消防局総務課(212-6629)

 内閣府では,「防災週間(8月30日~9月5日)」の取組の一環として,災害時の人命救助や被害の拡大防止等の防災活動,平時における防災思想の普及又は防災体制の整備の面で貢献し,その功績が特に顕著であると認められる団体又は個人を対象として,内閣総理大臣による表彰を毎年実施しています。

 この度,京都市右京区の太秦学区自主防災会の受賞が決定しましたので,お知らせします。

1 受賞団体

 太秦学区自主防災会(会長:川筋 徳親(かわすじ のりちか) 氏,昭和63年11月設立)

 [京都市右京区太秦学区 53の自主防災部で構成,約7,400世帯,約18,000人]

2 受賞理由

 太秦学区自主防災会については,次の功績が顕著であったため受賞されるものです。

⑴ 大規模災害時における地域事業所との連携

 学区内の事業所と協定を締結し,大規模災害発生時に,避難場所として施設内空地の開放,消火及び人命救出救護活動の支援,器材の提供など,相互支援協力体制を構築している。

⑵ 地域ぐるみの災害対応力の向上を目指した活動

 全ての自主防災部で地域特性をいかした独自の防災計画が策定されており,自主防災会の防災行動マニュアル(学区の防災計画)の策定についても地域住民が主体となって積極的に取り組んでいる。

⑶ 年間を通じた子供たちへの防火・防災教育

 学区内小学生を対象とした防火・防災教育を「太秦こども防災土曜塾」と銘打って,平成17年度から継続的に実施しており,現在までに約300名の児童に対し,防災教育を行っている。

3 表彰式等

⑴ 表彰式日時,場所

 内閣府で調整中(後日,当局ホームページで公表予定)

⑵ 受賞者

 全国で個人 7名,団体 38団体

※ 過去の自主防災会受賞歴

 京都市では,平成26年に桃山学区自主防災会(伏見区)が受賞しています。

広報資料

Adobe Reader の入手
PDFファイルの閲覧には Adobe Reader が必要です。同ソフトがインストールされていない場合には、Adobe 社のサイトから Adobe Reader をダウンロード(無償)してください。

このページに対してご意見をお聞かせください

このページは役に立ちましたか?
このページは見つけやすかったですか?

お寄せいただいたご意見は,今後のホームページ運営の参考とします。

お問い合わせ先

京都市 消防局総務部総務課

電話:075-212-6623

ファックス:075-251-0062