「我が家の防災行動シール」記載方法

ページ番号224868

ソーシャルサイトへのリンクは別ウィンドウで開きます

2017年9月4日

「我が家の防災行動シール」の記載方法

 以下の手順に従って,実際に記載してみましょう。

1 震度

 お住まいの地域の自主防災会で,学区内に被害がないか確認したり,自主防災会本部(避難所)を開設する震度が決められていますので,その震度を記載します。

2 地域の集合場所

 お住まいの地域の自主防災部(町内会など)で決められている「地域の集合場所」を記載します。

 (「地域の集合場所」とは,地震発生時に,安否確認や消火,救出など災害に対処するために地域の方が集まる場所です。 例:▲▲神社境内)

3 避難所(指定避難所)

 避難所(指定避難所)の名前を記載します。

 (例:△△小学校 等)


【Check!】 水災害,土砂災害の被害想定の確認

 お住まいの地域に被害があるのか,またどの程度の被害が想定されているのかを今一度確認しましょう。

4 避難時期

 避難を開始する時期を選択します。

 又は,御家庭で決められたオリジナルのルールを記載します。

 (例:前の側溝から水があふれたら・近所の人が呼びに来たら)

 御高齢の方や足の不自由な方,障害をお持ちの方,赤ちゃんがいらっしゃるなど,避難に時間を要する方がいらっしゃる御家庭は,早めに避難を開始してください。

5 避難する場所

 避難する場所を記載します。

 【Check!】で確認した被害想定と御自宅の状況から,どこへ避難するのかを考えて記載してください。


※ 「地域の集合場所」や「避難所」,「指定緊急避難所」がどこなのかわからない場合は,お住まいの地域の自主防災部(自治会,町内会)や消防署へお問い合わせください。

このページに対してご意見をお聞かせください

このページは役に立ちましたか?
このページは見つけやすかったですか?

お寄せいただいたご意見は,今後のホームページ運営の参考とします。

お問い合わせ先

京都市 消防局予防部市民安全課

電話:075-212-6692

ファックス:075-252-2076