現在位置:

【広報資料】アンダーパス水没車両からの要救助者救出訓練の実施について

ページ番号224766

ソーシャルサイトへのリンクは別ウィンドウで開きます

2017年8月24日

広報資料

平成29年8月24日

消防局総務課(212-6629)

 京都市消防局では,近年多発している集中豪雨による水災害への対応訓練として,発生が危惧されるアンダーパスでの車両水没事故を想定した救助訓練を実施しますので,お知らせします。訓練は,消防活動総合センターの水災害対応訓練施設を活用し,アンダーパス内に水没した車両を設定,車内や車両上の要救助者を最先着消防隊が迅速に救出する訓練で,消防隊の水災害対応能力の向上を図ることを目的としています。


1 実施日時
  平成29年8月29日(火曜日)
  午後1時30分~午後2時20分

2 実施場所
  京都市消防活動総合センター 水災害対応訓練施設
  (南区上鳥羽塔ノ森下開ノ内94-4)

3 参加部隊
  最先着した消防隊が1隊で救助活動にあたる訓練を実施します(指揮隊は安全管理,後着消防隊は活動支援として参加)。

参加部隊

参加部隊

指揮隊

消防隊

部隊数

2隊

2隊


4 実施内容
  降雨により水の溜まったアンダーパスに誤って車両が入り込み,車両内及び車両上に逃げ遅れた要救助者がいるとの想定で,人命救助活動を実施します。

                                                  水災害対応訓練施設

水災害対応強化訓練について

実施期間 : 平成29年8月29日から31日までの3日間で実施。

参加部隊 : 3日間で,指揮隊36隊,消防隊36隊,延べ72隊が参加。

訓練の主眼 : 水災害対応活動能力の向上を図ることを目的とする。

スケジュール : 第1組9:30~10:20,第2組10:30~11:20,第3組11:30~12:20

          第4組13:30~14:20,第5組14:30~15:20,第6組15:30~16:20

アンダーパス水没車両からの要救助者救出訓練の実施について

Adobe Reader の入手
PDFファイルの閲覧には Adobe Reader が必要です。同ソフトがインストールされていない場合には、Adobe 社のサイトから Adobe Reader をダウンロード(無償)してください。

このページに対してご意見をお聞かせください

このページは役に立ちましたか?
このページは見つけやすかったですか?

お寄せいただいたご意見は,今後のホームページ運営の参考とします。

お問い合わせ先

京都市 消防局総務部総務課

電話:075-212-6623

ファックス:075-251-0062