現在位置:

【広報資料】平成29年度京都市消防団総合査閲の実施について

ページ番号220082

ソーシャルサイトへのリンクは別ウィンドウで開きます

2017年5月22日

広報資料

平成29年5月22日

消防局総務課(212-6629)

 京都市消防局では,消防団の結束力の向上と技術練磨を図るため,市内各行政区から選抜された優秀な11分団が一堂に会し,消防団の災害対応力の強化を目指す,平成29年度京都市消防団総合査閲を実施しますので,お知らせします。

 また,女性消防団の活躍と入団促進を図る取組として,女性消防団員による軽可搬ポンプ操法の展示訓練も披露します。

 

※ 総合査閲:昭和51年度から毎年開催され,今年で42回目を迎えます。出場に向けて各消防分団が訓練を積み重ね,必要な規律や礼式,小型動力ポンプ等を使用した消防訓練等を披露してきた歴史ある取組であり,時代とともに実施内容も少しずつ変化しながら,平成27年度から実際に放水する訓練を行っています。

※ 女性消防団員による軽可搬ポンプ操法:指揮者以下5名が,軽可搬ポンプを使用し,放水訓練を実施します。平成27年度に,左京消防団の女性消防隊が全国女性消防操法大会に出場しました。これを契機に,平成28年度から女性消防団員の技能向上のため,軽可搬ポンプを使用した訓練を実施し,女性の活躍と入団促進を図っています。

1 実施日時

平成29年5月28日(日曜日)

午後0時30分~午後5時頃

2 実施場所


京都市消防活動総合センター 屋外訓練場
(南区上鳥羽塔ノ森下開ノ内21-3)
※ 駐車場はございませんので,御来場の際は地下鉄竹田駅発の無料送迎バスを御利用ください。

3 内容

⑴ 通常点検

  消防団員の職務遂行に必要な規律,礼式等の状況に加えて,退場時の行進における部隊の団結力,士気及び協同動作並びに指揮者の指揮状況等を点検します。

⑵ 消防訓練

  指揮者以下4名が,小型動力ポンプを使用し,ホースを3本延長する放水訓練を実施して,災害現場活動に必要な知識と技能の習得状況を点検します。

4 参加予定人員

約1,000名(消防団員約500名,地元各種団体代表者約400名,消防職員約100名)

5 主な出席者

京都市長,市会議長,市会副議長,市会総務消防委員長

6 次 第

⑴ 開会式(午後0時30分) 

⑵ 通常点検(午後0時55分)

⑶ 消防訓練(午後3時10分) 

⑷ 女性消防団員による軽可搬ポンプ操法訓練(午後4時30分)

⑸ 閉会式(午後4時40分)

7 受閲分団(受閲順)

1,右京消防団 弓 削  分団     7,山科消防団 勧 修  分団

2,西京消防団 桂 東  分団     8,北  消防団 上賀茂 分団

3,東山消防団 清 水  分団     9,中京消防団 竹 間  分団

4,左京消防団 上高野 分団   10,上京消防団 桃 薗  分団

5,南  消防団 南梅逕 分団   11,下京消防団 格 致  分団

6,伏見消防団 春日野 分団

査閲風景


8 無料送迎バス運行予定

往路

1便

2便

竹田駅発

11:40

12:00

会場着

12:00

12:20


復路

1便

2便

3便

4便

会場発

14:00

15:00

16:00

17:00

竹田駅着

14:20

15:20

16:20

17:20


このページに対してご意見をお聞かせください

このページは役に立ちましたか?
このページは見つけやすかったですか?

お寄せいただいたご意見は,今後のホームページ運営の参考とします。

お問い合わせ先

京都市 消防局総務部総務課

電話:075-212-6623

ファックス:075-251-0062