現在位置:

【広報資料】木造建物密集地域を再現した消防訓練の実施について

ページ番号219904

ソーシャルサイトへのリンクは別ウィンドウで開きます

2017年5月17日

お知らせ

平成29年5月17日

消防局総務課(212-6629)

 京都市消防局では,昨年の新潟県糸魚川市で発生した大規模火災などを教訓とし,木造建物密集地域での延焼拡大危険のある火災を想定した訓練を実施しますので,お知らせします。

 訓練は,消防活動総合センターの街区訓練場を活用し,京町家の街並みを設定するとともに,細街路や障害物で活動が困難な状況を再現するなど,本市の特色を踏まえた火災想定となっており,早期に放水の包囲体形を構築することで延焼拡大を防ぐことを目的としています。


1 実施日時
  平成29年5月24日(水曜日)
  午後1時30分~午後2時20分


2 実施場所
  京都市消防活動総合センター(街区訓練場)
  南区上鳥羽塔ノ森下開ノ内94-4


3 参加部隊
  実際の火災と同程度の出動規模で実施します。
  参加部隊 指揮隊 消防隊 救助隊
  部隊数   2隊   6隊   1隊

4 実施内容
  2階建て民家の1階が全面燃焼,西側を除く三方に延焼危険があり,既に北側3階建て建物の2階に延焼拡大しているとの想定で,火災の防御活動及び人命救助活動等を実施します。


訓練イメージ


お知らせ

Adobe Reader の入手
PDFファイルの閲覧には Adobe Reader が必要です。同ソフトがインストールされていない場合には、Adobe 社のサイトから Adobe Reader をダウンロード(無償)してください。

このページに対してご意見をお聞かせください

このページは役に立ちましたか?
このページは見つけやすかったですか?

お寄せいただいたご意見は,今後のホームページ運営の参考とします。

お問い合わせ先

京都市 消防局総務部総務課

電話:075-212-6623

ファックス:075-251-0062