現在位置:

【確認してください!】リコール製品の電気こんろからの火災が発生しています

ページ番号210623

ソーシャルサイトへのリンクは別ウィンドウで開きます

2016年11月28日

リコール製品の誤作動により火災が発生しています

 京都市内でリコール対象製品のラジエントヒーター(電気こんろ)が原因となる火災が今年2件発生しています。

 不具合の内容は,外部からの電気的ノイズ又は水の侵入で勝手にスイッチが入るというもので,知らない間に火事になる可能性があります。

 ラジエントヒーター(電気こんろ)を使用されている方は,御自宅の製品を確認して,対象の製品であった場合は,絶対に製品の上に物を置かないようにし,コンセントから電源プラグを抜いてください

 対象の製品を設置しているマンション・アパートの所有者又は管理者の方は,居住者の方に注意喚起をしてください。


焼損したラジエントヒーター

ラジエントヒーターとは

 ラジエントヒーターとは,渦巻状にしたニクロム線をトッププレートの下に埋め込んだ調理器具で,見た目はIHクッキングヒーターとほとんど同じですが,IHクッキングヒーターと違い,ヒーター自体が高温になります。

対象の製品

◎ ラジエントヒーター  株式会社萬品電機製作所

MDS-113RE

※画像の製品はMDS-113RE

一口タイプ/製造期間 平成15年3月~平成20年1月
MDS-113RE (平成28年10月12日火災発生)
MDS-113REA
MDS-113REB
MDS-218RE
MDS-218REA
MDS-218REB

二口タイプ/製造期間 平成15年1月~平成20年4月
MDS-233RE-2
MDS-233REB-2  (平成28年11月21日火災発生)
MDS-233RE-2W
MDS-233REB-2W

このページに対してご意見をお聞かせください

このページは役に立ちましたか?
このページは見つけやすかったですか?

お寄せいただいたご意見は,今後のホームページ運営の参考とします。

お問い合わせ先

京都市 消防局予防部予防課

電話:075-212-6672

ファックス:075-252-2076