現在位置:

飲食店の火災が急増中!!

ページ番号184261

ソーシャルサイトへのリンクは別ウィンドウで開きます

2015年7月3日

飲食店火災の発生状況

発生件数

 今年に入り飲食店からの火災が急増しています。

 上半期(6月30日現在)で15件発生しており,過去5年間の平均7件を大きく上回っています!

飲食店火災発生件数

飲食店火災発生件数(全て6月30日現在,京都市)

発生原因

 今年の飲食店火災の発生原因を見ると,天ぷらなべ4件,こんろ3件,ロースター3件と厨房や火を使う場所からの火災が多く発生しています。
飲食店火災の発生原因

飲食店火災発生原因(平成27年6月30日現在,京都市)

火災事例

てんぷら油から・・・

 揚げ物調理中にその場を離れ別の作業をしていたため,加熱された油から出火しました。

 発見が早く大きな被害には至りませんでしたが,レンジフード,排気ダクトなど厨房内の設備が焼失焼損しました。

こんろの火を消し忘れて・・・

 閉店後に翌日の仕込みのためスープを煮出し,こんろの火を消すのを忘れたまま帰宅したため,空だき状態となり出火しました。

 深夜時間帯のため発見が遅れ,建物を全焼する火災となりました。

焼肉店などの無煙ロースターから・・・

 焼肉店の営業中に無煙ロースターから出火しました。

 焼網上の肉に着火した炎がロースターの吸気口から吸引され,清掃不足のためロースター内部に付着した油脂に着火したものです。

 排気ダクトから床下に延焼し,大きな被害となりました。

厨房からの火災を防ぐポイント

 厨房からの火災を防ぐために次のことを厳守してください。

 

・ 油を温めているときは,絶対にそばを離れない!

・ こんろの近くに,燃えやすい物を置かない!

・ 鍋を火に掛けたまま放置しない!

・ ダクトなどの厨房設備は定期的に清掃する!

・ 消火器は,すぐに使える場所に設置する!

厨房からの火災を防ぐためのポイント

厨房からの火災を防ぐためのポイントを4箇国語で表記したビラです。
次のpdfファイルを印刷し,見やすいところに貼って,従業員の皆さんに周知してください。

厨房からの火災を防ぐポイント

Adobe Reader の入手
PDFファイルの閲覧には Adobe Reader が必要です。同ソフトがインストールされていない場合には、Adobe 社のサイトから Adobe Reader をダウンロード(無償)してください。

このページに対してご意見をお聞かせください

このページは役に立ちましたか?
このページは見つけやすかったですか?

お寄せいただいたご意見は,今後のホームページ運営の参考とします。

お問い合わせ先

京都市 消防局予防部予防課

電話:075-212-6672

ファックス:075-252-2076