現在位置:

救急車を上手に使いましょう

ページ番号181850

ソーシャルサイトへのリンクは別ウィンドウで開きます

2017年4月12日

救急出動件数の推移

 平成28年中の京都市の救急出動件数は,84,638件(前年比+1,302件)で過去最多となりました。

 今後も高齢化とともに救急出動件数の増加が予測されます。救急車や救急医療は限りある資源です。命を脅かすような病気やけがのときに安心して利用できるよう,救急事故の予防や早めの受診を心掛けましょう。

 

救急出動件数の推移

いざというときの安心のために

救急医療の受診に関することでお困りのときは,以下の相談電話やホームページなどを御活用ください。

診療中の医療機関を自分で探すときは?

夜間に,子供の急な病気などで心配なときは?

日曜日や祝日,年末年始などの休みの日に開設される診療所は?

救急車が必要なのはどんなとき? When do we need an ambulance?

  • 日本語版
  • 英語版
  • 韓国語版
  • 中国語版

Making the Most of the Ambulance Service ~ When do we need an ambulance? ~

Adobe Reader の入手
PDFファイルの閲覧には Adobe Reader が必要です。同ソフトがインストールされていない場合には、Adobe 社のサイトから Adobe Reader をダウンロード(無償)してください。

このページに対してご意見をお聞かせください

このページは役に立ちましたか?
このページは見つけやすかったですか?

お寄せいただいたご意見は,今後のホームページ運営の参考とします。

お問い合わせ先

京都市 消防局警防部救急課

電話:075-212-6705

ファックス:075-212-6748