淀分団

ページ番号179222

ソーシャルサイトへのリンクは別ウィンドウで開きます

2017年9月27日

淀分団

淀分団

所在地

 伏見区淀池上町131番地 淀会館内

管轄区域の紹介

 京都市の南端に位置し,桂川,宇治川,それと木津川の三川に囲まれた辺りを淀といいます。

 淀の歴史は古く,西暦804年頃には“与等津”として歴史に名を表し,水運の要地であったようです。学区としては,淀学区と淀南学区の2学区となり,宮前橋,淀大橋の大きな橋をまたがる広範囲を管轄としています。

 西に八幡市,南は久御山町に隣接しており,地域には八幡市や久御山町の飛地があるため,管轄の一部では,境界が非常に入り組んだ地域となっています。 

分団紹介

 淀分団は女性団員5名を含む,総勢68名の伏見消防団でも有数のマンモス分団です。(平成28年4月1日現在)

 分団本部を中心に7箇所の資器材器具庫を有しており,広範囲におよぶ管轄区域での年末特別警戒などでは,活動拠点の多さを活かした効率的な巡回広報を実施しています。

 二つの学区を担当していることから,各学区の特性に合わせた防災指導を行っており,淀南学区の夏祭りでは,ジェットシューターを活用し,子供を対象にした放水体験なども行っています。

 分団員が多いため,結団の難しさは否めないと思われがちですが,分団全体の和やかな雰囲気と現分団長の愛すべき飄々とした“ゆるキャラ?”的な雰囲気でその結束は堅固な分団です。

活動紹介

平成27年度伏見消防団総合査閲の礼式訓練の様子


このページに対してご意見をお聞かせください

このページは役に立ちましたか?
このページは見つけやすかったですか?

お寄せいただいたご意見は,今後のホームページ運営の参考とします。

お問い合わせ先

京都市 消防局伏見消防署

電話:075-641-5355

ファックス:075-643-1999