スマートフォン表示用の情報をスキップ

京都市消防局

言語選択を表示する

スマートフォン表示用の情報をスキップ

現在位置:

平成30年中 熱中症傷病者搬送状況

ページ番号104871

ソーシャルサイトへのリンクは別ウィンドウで開きます

2018年10月1日

熱中症傷病者搬送状況(平成30年中)

 平成30年9月30日現在,市内の熱中症(疑いを含む。)救急搬送人員数は,昨年の同日と比べ827名増加の1,550名となっています。適度な休憩,十分な水分補給を行い,熱中症対策に努めてください。

 熱中症は,気温が高くなる7月,8月に多く発生していますが,残暑の9月にも発生しています。また,炎天下の屋外だけでなく,屋内や夜間・午前中の時間帯にも発生しています。

平成30年9月30日現在の熱中症傷病者搬送状況

熱中症搬送状況(内訳)

Adobe Reader の入手
PDFファイルの閲覧には Adobe Reader が必要です。同ソフトがインストールされていない場合には、Adobe 社のサイトから Adobe Reader をダウンロード(無償)してください。

熱中症対策について

 熱中症は,正しい知識により予防できます。

 また,熱中症に対して,適切な応急手当を行うことで,症状を改善することや重症化を防ぐことができます。

 予防方法,応急手当等については,下記リンク先を御覧ください。

  • 熱中症対策

     救急事故の予防方法として,熱中症についてまとめています。

お問い合わせ先

京都市 消防局総務部総務課

電話:075-212-6623

ファックス:075-251-0062