現在位置:

ブラケットにご用心

ページ番号75847

ソーシャルサイトへのリンクは別ウィンドウで開きます

2012年12月17日

ブラケットに御用心

ブラケット型照明器具の画像

 

 浴室などに使用されているブラケット型の照明器具にタオルなどが接触すると,どうなると思いますか?
 光源である白熱球の温度測定は多くのデータがあり,当然にタオルなどの可燃物が接触すると,タオルが発火するという実験もあるわけです。
 しかし,ブラケットというプラスチック(ポリプロピレン)カバーに接触するだけで,果たして出火するでしょうか。

 

(基礎実験)

 

 電球のワット数を変えて,図1 のようにブラ ケットの上方 表面の温度を測定しました。
 点灯約1時間以内に,表面温度は平衡状態になりました。
 ワット数が大きくなるとともに,温度も上昇しますが,100ワットの白熱球では97℃で平衡状態となりました。(表1参照)

 

温度測定点の画像

図1 温度測定点

温度特性のグラフ画像

表1 温度特性

 

 

(燃焼実験1)

 

 ブラケットの周囲に綿製のタオルを巻いた状態にして,基礎実験と同様の温度測定を行いました。
 点灯約2時間後,20ワットの白熱球では,ブラケット表面の温度が98℃で平衡状態となりました。
 これは、綿タオルがない場合の約2倍の温度上昇です。
 40ワットでは約2.2倍の141℃,60ワットでは約2.3倍の172℃となりました。(表2参照)
  実験の結果,20,40,60ワットでは,綿タオルは焦げませんでしたが,40ワットで約2時間点灯させた後,ブラケットの表面を観察すると,孔は開いていませんでしたが,白熱球の真上で溶融していました。

 

温度測定点の画像

図2 温度測定点

温度特性のグラフ画像

表2 温度測定

 

(燃焼実験2)

 

 100ワットの白熱球の場合,点灯約20分後,230℃を越えた時点で綿タオルから発煙しました。
 温度特性は表2のとおりです。
 その後,表面温度は急上昇し,綿タオルからの発煙量が増すとともに,綿タオルが発火した時点で実験を終了しました。

 

(綿タオル燃焼のメカニズム)

 

 燃焼した綿タオルを取り除くと,綿タオルに溶融焼欠したブラケットの樹脂が付着していました。

 

 

戻る

「防火のサイエンス」メニューへ

お問い合わせ先

京都市 消防局予防部予防課

電話:075-212-6672

ファックス:075-252-2076