現在位置:

電気コードからの出火

ページ番号75845

ソーシャルサイトへのリンクは別ウィンドウで開きます

2012年12月17日

 

 皆さんはヘアードライヤーや掃除機等の電気器具のコードを乱暴に扱っていませんか?
踏んだり引っ張ったりして,コードが傷んだ電気器具を使うと,火災になるおそれがあります。

火花発生の画像

火花が発生しています。

 

 傷んだコードで電気器具を使うと,コードの内で小さな火花が発生し,

被覆が焼けて,その火花が外から見えるまでになります。

 

たこ足配線画像

たこ足配線(写真1)

たこ足配線からの出火画像

たこ足配線によってコードが焼け,煙が出ている。
(写真2 動画で見ることができます。)

 

「たこ足配線」を皆さんご存知でしょうか?テーブルタップを使って一つのコンセントからテレビやコタツなどたくさんの電気器具をつなぐと,テーブルタップの様子がたこ足のように見えることからその名がつきました。(写真1)
 テーブルタップやコードには,流せる電流が決まっています(許容電流)。たくさんの電気器具をつなぐと,この許容電流をオーバーして,テーブルタップやコードが発熱し,短絡(ショート)して火災が発生します。(写真2)
 また,コードの上に物を置いたり,コードを束ねたりして使うと,その部分は熱がたまり,「たこ足配線」のときと同じようにコードの被覆が燃え出します。

電気コードを引っ張ったり踏んだりしないでください。
一度にたくさんの電気器具をつながないでください。


 

戻る

「防火のサイエンス」メニューへ

お問い合わせ先

京都市 消防局予防部予防課

電話:075-212-6672

ファックス:075-252-2076