現在位置:

トラッキングにご用心(コンセントからの出火)

ページ番号75842

ソーシャルサイトへのリンクは別ウィンドウで開きます

2012年12月17日

コンセントから発火の画像

コンセントから突然炎が・・・
(動画で見ることができます)

 

 冷蔵庫やエアコン等のプラグは長い間コンセントを差しっぱなしにしていると,ある日突然そのコンセントが燃え出すことがあります。そこで,そんな差しっぱなしのコンセントからの出火について説明します。


 

 

黒くなったプラグ画像

上の写真は長年差しっぱなしにしていたプラグです。
プラグの刃と刃の間が黒くなっているのが分かります。

 

 ではなぜ,長い間差しっぱなしにしておくと,このようになってしまうのでしょうか?

 プラグの刃と刃の間にほこりがたまると,その湿気を通してプラグの刃と刃の間に電気が流れ,

その時,プラグの刃と刃の間で小さな火花が繰り返し発生するようになります。

 

(写真下)

 

コンセントから火花が出ている画像

火花が出ています。
(動画で見ることができます。)

 

 

 この火花によって,プラグの刃と刃の間のプラスチックは黒く焼け焦げます。
この焼けたプラスチックは非常に電気を通しやすく,本来は電気が流れるはずのない
プラグの刃と刃の間に電気が流れる道,(トラック)ができます。
そこに電気が流れることで短絡と同じようになり,火災の原因になります。

コンセントを時々掃除しましょう。また,必要のないコンセントは抜いておきましょう。

 

 

戻る

「防火のサイエンス」メニューへ

お問い合わせ先

京都市 消防局予防部予防課

電話:075-212-6672

ファックス:075-252-2076