現在位置:

安心アドバイザーハンドブック

ページ番号1608

ソーシャルサイトへのリンクは別ウィンドウで開きます

2014年10月1日

「安心アドバイザーハンドブック」

 過去10年間の京都市内の火災による死者(放火自殺を除く。)の発生状況を見ますと,その半数以上が65歳以上の高齢者で占められています。そこで,京都市消防局では,日頃高齢者の方と接する機会が多いホームヘルパーや老人福祉員,民生委員等の方々に防火の研修(安心アドバイザー研修)を受講していただき,その知識をもとに高齢者が居住する住宅等を訪問した際に高齢者やその家族に対し,防火や防災,救急事故に関するアドバイス(助言・指導)をしていただくようお願いしています。

(平成26年度より,旧「防火アドバイザー」を「安心アドバイザー」に名称変更しました。)

 「安心アドバイザーハンドブック」とはこの研修で使うテキストのことですが,その内容は,高齢者が居住する住宅以外の住宅の防火安全対策等にも役立つ項目がたくさんありますので,この頁で紹介させていただきます。

防火・防災・救急事故対策 虎の巻

Adobe Reader の入手
PDFファイルの閲覧には Adobe Reader が必要です。同ソフトがインストールされていない場合には、Adobe 社のサイトから Adobe Reader をダウンロード(無償)してください。

お問い合わせ先

消防局 安全救急部 市民安全課
電話: 075-212-6692 ファックス: 075-252-6356