スマートフォン表示用の情報をスキップ

現在位置:

【広報資料】北海道稚内市の「棒だら」優良出荷者に市長感謝状を贈呈

ページ番号243322

ソーシャルサイトへのリンクは別ウィンドウで開きます

2018年10月2日

広報資料(経済同時)

平成30年10月2日

産業観光局(担当 中央卸売市場第一市場 Tel.312-6564)

北海道稚内市の「棒だら」優良出荷者に市長感謝状を贈呈

 この度,京都市中央市場では,京の食文化に欠かせない「棒だら」を長年にわたり計画的に出荷していただいている北海道稚内市の優良出荷者の皆様に,日頃の感謝を込めて市長感謝状を贈呈するとともに,出荷者の皆様との意見交換会を下記のとおり開催しますのでお知らせします。

1 日時

平成30年10月9日(火曜日)午前10時から正午まで

2 場所

ANAクラウンプラザホテル稚内 2階 中宴会場「流氷」

北海道稚内市開運1丁目2番2号

3 内容

(1)市長感謝状贈呈式

(2)優良出荷者との意見交換会

4 対象者

北海道稚内市の「棒だら」優良出荷者4団体

5 主催

京都水産協会

6 共催

京都市

<参考 平成29年度実施の様子>


感謝状の贈呈


山口県 優良出荷者の皆様

<被表彰者>北海道稚内市の「棒だら」優良出荷者 4業者

優良出荷者 4業者

出荷者名

代表者

株式会社 うろこ市

代表取締役

秋元 哲哉

株式会社 山大 小林商店

代表取締役社長

小林 俊夫

有限会社 入〆 近藤水産

代表取締役

近藤 栄寿

株式会社 丸北 北海組 

代表取締役社長

谷原 一郎

京都市中央市場出席者(予定)

出席者(予定)

所属

役職

氏名

京都市中央卸売市場第一市場

次長

北村 繁明

京都水産協会

会長

勝村 一夫

大京魚類株式会社

代表取締役社長

大石 光二

株式会社大水 京都支社

塩冷部部長

新居 伸洋

「棒だら」について

 棒だらは,内臓を取った真だらを天日で2~3箇月じっくり干すことで,旨味を凝縮させた保存食です。棒のように固くなることから,その名がつきました。

 京都では昔から,棒だらと海老芋を炊き合わせたおばんざいが家庭で食べられており,本市場で取り扱う棒だらの約95%が,今回,表彰を受けられる北海道稚内市の4業者から出荷されています。

棒だら


棒だらと海老芋のおばんざい

広報資料

Adobe Reader の入手
PDFファイルの閲覧には Adobe Reader が必要です。同ソフトがインストールされていない場合には、Adobe 社のサイトから Adobe Reader をダウンロード(無償)してください。

このページに対してご意見をお聞かせください

このページは役に立ちましたか?
このページは見つけやすかったですか?

お寄せいただいたご意見は,今後のホームページ運営の参考とします。

お問い合わせ先

京都市 産業観光局産業企画室中央卸売市場第一市場

電話:075-311-6251

ファックス:075-311-6970

フッターナビゲーション