スマートフォン表示用の情報をスキップ

現在位置:

【広報資料】葵祭の魅力発信マンガ「葵祭に行くっ」の発行について

ページ番号236736

ソーシャルサイトへのリンクは別ウィンドウで開きます

2018年5月8日

広報資料

平成30年5月8日

産業観光局(観光MICE推進室 TEL:746-2255)

葵祭の魅力発信マンガ「葵祭に行くっ」の発行について

この度,京都の葵祭への理解を幅広い層に深めるとともに,国内外から京都へ誘客を図るため,京都を代表する観光コンテンツである葵祭を紹介するマンガを日本語及び英語で作成しました。

太秦萌(うずまさもえ),松賀咲(まつがさき),小野ミサ(おのみさ)など,「地下鉄・市バス応援キャラクター」が登場し,マンガとして面白く,葵祭の魅力や背景が伝わる内容となっています。

完成した冊子は,市内小中学校などに配布するほか,パソコンやスマートフォンでも御覧いただけるよう電子書籍として発行します。

1 掲載内容

(1)地下鉄・市バス応援キャラクター「太秦 萌」,「松賀 咲」,「小野 ミサ」が登場し,葵祭の起源や歴史を調べていく。

(2)葵祭が,五穀豊穣を祈るとともに,平安遷都の際の「引っ越しの挨拶」が起源となっていることや,天皇の「勅祭」として発展してきた歴史などを紹介。

(3)一般的によく知られている「路頭(ろとう)の儀」だけでなく,「御禊(みそぎ)神事」をはじめ,「流鏑馬(やぶさめ)神事」「御蔭(みかげ)神事」「御阿(みあ)礼(れ)神事」など前儀(本祭までの儀式)を紹介することで,祭の全体像を伝えている。

(4)天皇の使いである「勅使」など,祭の中心的な役割についてイラストで分かりやすく紹介するとともに,登場人物のエピソードなどを交えながら,祭の背景にある文化や由来等について触れられる内容としている。

2 仕様・発行部数

A5版/32ページ(表紙・裏表紙カラー)

発行部数10,000部(日本語版9,000部,英語版1,000部)

3 配布・閲覧場所

(1)市内小学校,中学校,高校,大学へ配布します。

(2)京都市図書館(19館※こどもみらい館子育て図書館を除く)」,京都市情報公開コーナーで閲覧できます(一部貸出有り)。

(3)パソコンやスマートフォン等でご覧いただけるよう,冊子を京都市情報館の「デジタルブック(電子書籍)」へ掲載します。

デジタルブックURL

検索 「葵祭に行くっ」

http://www.city.kyoto.lg.jp/digitalbook/page/0000000334.html

search   「Manga Aoi Festival」

http://www.city.kyoto.lg.jp/digitalbook/page/0000000331.html

このページに対してご意見をお聞かせください

このページは役に立ちましたか?
このページは見つけやすかったですか?

お寄せいただいたご意見は,今後のホームページ運営の参考とします。

お問い合わせ先

京都市 産業観光局観光MICE推進室

電話:075-746-2255

ファックス:075-213-2021

フッターナビゲーション