スマートフォン表示用の情報をスキップ

現在位置:

【広報資料】「世に出る伝統産業技術セミナー」の開催について

ページ番号232178

ソーシャルサイトへのリンクは別ウィンドウで開きます

2018年2月9日

広 報 資 料

(地独)京都市産業技術研究所(担当:知恵産業融合センター,電話:075-326‐6100)

京都市産業観光局(取次:新産業振興室,電話:075-222‐3324)

「世に出る伝統産業技術セミナー」の開催について~テーマ「つなぐ」~

 (地独)京都市産業技術研究所におきまして,伝統産業の可能性を拡げ,その魅力を世に届けることを目的に,京都の伝統産業に従事される若手伝統産業技術後継者(以下「若手後継者」という。)や伝統産業に関心のある方を対象に本セミナーを開催します。

 テーマは「つなぐ」。様々な伝統産業分野で活動されている方,企業やユーザー,京都の伝統産業振興に関わる機関がつながることで新たな知恵や可能性を拡げるとともに,伝統産業の魅力や技術を守り,次世代につなげます。このセミナーが様々な“つながり”のきっかけとなるよう,多くの方々の御参加をお待ちしております。

                  記

1 日時

  平成30年3月7日(水曜日)午後1時30分~午後5時30分(受付午後1時~)

  (交流会開催(希望者のみ)午後5時45分~午後7時30分まで)

2 会場

  京都市産業技術研究所 2F多目的ホール(交流会も同じ)

  京都市下京区中堂寺粟田町91京都リサーチパーク9号館南棟

3 内容

13:30 開 会

13:35 「文化庁及び文化庁地域文化創生本部の役割,京都移転の意義等について」

     文化庁地域文化創生本部

14:00 第1部

  「伝統産業振興に関わる機関の支援事業紹介及び今後の取組について」

  京都府/京都市/(公財)京都伝統産業交流センター/京都商工会議所/(地独)京都市産業技術研究所

 <概 要>

 京都の若手後継者に対して,伝統産業振興に関わる機関が様々な支援を実施しています。このセミナーを通じて,各機関の支援事業や活動事例について紹介するとともに,各機関の連携強化を軸とした今後の包括的な支援を目指した取組について説明いたします。

16:00 第2部

  「クラウドファンディング最新活用術~伝統技術を活用した新商品開発,販路拡大について~」

  マクアケ株式会社 西日本事業部長 菊池 凌輔 氏 

<概 要>

 事業の資金調達のみならず,顧客獲得,マーケティング等,販路開拓やプロモーションツールとしても活用できるクラウドファンディング。その基礎知識から伝統産業技術を活用した新商品の開発事例など,最新の活用術について御講演いただきます。

17:30 閉 会

17:45 交流会(希望者のみ/~19:30)

 

4 参加費

    無料(交流会参加者:2,000円/人)

 

5 対象・定員

   対象: 若手伝統産業技術後継者や伝統産業に関心のある方

   定員: 80名(申込先着順)

 

6 申込方法等

 (1)申込方法   

 セミナー名,氏名,電話番号,勤務先,部署,役職,交流会参加の有無を明記のうえ,   E-mailでお申込みいただくか,チラシ裏面の参加申込書をFAXで御送付ください。

 (2)申込・お問合せ先  

 (地独)京都市産業技術研究所 知恵産業融合センター(担当:浅井・吉岡・髙坂)

   〒600-8815 京都市下京区中堂寺粟田町91京都リサーチパーク9号館南棟

   TEL:075-326-6100 FAX:075-326-6200 

   E-mail:event_chie@tc-kyoto.or.jp (URL:http://tc-kyoto.or.jp/外部サイトへリンクします

 (3)申込締切  2月28日(水曜日)

 

7 主催・共催

 主催: (地独)京都市産業技術研究所 

 共催: 京都ものづくり協力会

 

チラシ

Adobe Reader の入手
PDFファイルの閲覧には Adobe Reader が必要です。同ソフトがインストールされていない場合には、Adobe 社のサイトから Adobe Reader をダウンロード(無償)してください。

このページに対してご意見をお聞かせください

このページは役に立ちましたか?
このページは見つけやすかったですか?

お寄せいただいたご意見は,今後のホームページ運営の参考とします。

お問い合わせ先

京都市 産業観光局新産業振興室

電話:075-222-3324

ファックス:075-222-3331

フッターナビゲーション