スマートフォン表示用の情報をスキップ

現在位置:

【広報資料】第4回京北子宝いも収穫感謝祭の開催について

ページ番号227803

ソーシャルサイトへのリンクは別ウィンドウで開きます

2017年11月7日

広報資料

平成29年11月7日

京北子宝いも栽培研究会(取次 産業観光局京北農林業振興センター TEL852-1817)

タイトル

 

 右京区京北地域では,特産の新京野菜『京北子宝いも』の生産振興に取り組んでいます。

 この度,今年の実りに感謝し,縁起の良い食材として市民の皆様に広く親しんでいただくために,子育ての神様をお祀りする御所西・護王神社にて収穫感謝祭を開催しますので,お知らせします。

 

1 日時

平成29年11月21日(火曜日)

正午~午後4時(雨天決行)

2 場所

護王(ごおう)神社境内

京都市上京区烏丸通下長者町下ル 京都御所西隣
タイトル

※駐車場はございませんので,公共交通機関等を御利用ください。
○地下鉄烏丸線 -丸太町駅 2番出口より 北へ徒歩7分

3 内容

1 奉納式(感謝祭に先立ち奉納を行います。午前11時30分~正午)

2 京北子宝いも鍋のふるまい(300食を予定。無くなり次第終了)

3 京北子宝いもや加工品の販売(鍋セットなど)

4 主催

京北子宝いも栽培研究会

5 問い合わせ先

京北農林業振興センター(TEL852-1817 FAX852-1827)

(参考)

○ 京北子宝いもについて

  生産者,京都大学,京都市との産学官連携で生まれた新京野菜のサトイモで,京北地域の活性化への願いが込められています。京北地域の特産物として栽培されており,年々生産量が増加しています。

 

○ 収穫感謝祭について

  収穫感謝祭は農産物の生産・加工・販売を一体的に行う6次産業化事業の一環として開催されています。子育明神 和気広虫姫(わけのひろむしひめ)をお祀りしている護王神社にて奉納の儀式を行い,実りに感謝するとともに京北子宝いもを使った加工食品の販売等が行われます。

 

○ 足腰祭について

  護王神社で毎月21日の午後3時から行われています。本殿での祈願祭の後,御千度車を回し,足腰の大御守の下をくぐって足腰の健康安全を祈願します。

第4回京北子宝いも収穫感謝祭の開催について

Adobe Reader の入手
PDFファイルの閲覧には Adobe Reader が必要です。同ソフトがインストールされていない場合には、Adobe 社のサイトから Adobe Reader をダウンロード(無償)してください。

お問い合わせ先

産業観光局 京北農林業振興センター
TEL:075-852-1817

フッターナビゲーション