スマートフォン表示用の情報をスキップ

現在位置:

【広報資料】農家民宿開業に係る規制緩和の対象を拡大します!

ページ番号222274

ソーシャルサイトへのリンクは別ウィンドウで開きます

2017年6月30日

広報資料

平成29年6月30日

産業観光局(農林振興室 農政企画課 TEL:222-3351)


 

 この度,旅館業法施行規則の改正に伴い,本日から農家民宿開業に係る規制緩和の対象を非農林漁業者にも拡大し,開業を検討される方への手引きを作成しましたので,下記のとおりお知らせします。

 農家民宿とは,開設者である農林漁業者が宿泊客に農林漁業体験を提供する民宿で,田植えや野菜の収穫などの農作業体験をはじめとして,自然豊かな森林での草刈や植林などの林業体験,清流での魚釣りや稚魚の放流などの漁業体験,郷土料理や農山村の風習・文化の体験などといった農山漁村の魅力を存分に味わうことができます。

 本市では,平成27年3月に都市農村交流による地域の活性化を目的に,政令指定都市で初となる農家民宿開業に係る規制緩和の運用を開始しました。現在,本市では,10軒の農家民宿が開業しています。 

1 体験民宿に係る規制緩和の内容

 既に,運用を開始している農家民宿における規制緩和と同様に,非農林漁業者が農林漁業体験を提供する民宿(以下「体験民宿」という。)においても,客室延床面積33㎡未満での開業を可能とし,33㎡未満で開業する場合には,旅館業法をはじめとした関連法において規制緩和が受けられます。

 ただし,農林漁業体験を提供するに当たっては,農林漁業者等と協定を締結するなど,連携して取り組むことを規制緩和の要件としています。 

 

2 京都市・農家民宿及び体験民宿開業の手引き

 農家民宿及び体験民宿の開業を検討される方向けの「手引き」(別紙)を作成しました。産業観光局農林振興室のホームページ(下記URL)において,ダウンロードできます。

 

 URL: http://www.city.kyoto.lg.jp/sankan/page/0000179955.html

3 お問い合わせ・相談窓口

相談窓口 (担当行政区)

北部農業振興センター(北,左京)

075-493-6660

西部農業振興センター(右京(京北除く),西京)

075-321-0551

東部農業振興センター(伏見,山科)

075-641-4340

京北農林業振興センター(右京区京北)

075-852-1817

※ 農(林)業振興センターでは,農家民宿等開業に向けての事前相談及び規制緩和の対象資格等の事前確認を行います。

お問い合わせ先

産業観光局 農林振興室 農政企画課
TEL:075-222-3351

フッターナビゲーション