現在位置:

【広報資料】「京歩きマップ」,観光案内標識の地図をスマートフォン等で利用可能になります

ページ番号215094

ソーシャルサイトへのリンクは別ウィンドウで開きます

2017年2月17日

広報資料

平成29年2月17日

産業観光局 観光MICE推進室(TEL:746-2255)

 この度,株式会社Stroly(ストローリー)と共同で,京歩きマップ及び市内の264基の観光案内標識をスマートフォンで閲覧可能・GPS情報を利用可能にする実証実験を開始しますので,お知らせします。

 この実証実験では,利用者が,観光案内標識や印刷物に新たに掲載されるQRコードを読み取ることで,スマートフォン上で自分のいる位置を確認できるようになります。これにより,本市を訪れる観光客の方の,観光案内標識の利便性の向上が期待できます。

 本実証実験において,利用状況の分析及び効果検証を行い,ICTを活用した観光案内システムのあり方を検討していきます。

実証実験について

1 実証実験期間 

平成29年2月20日( 月 )から1年間

 平成29年2月20日( 月 )  京歩きマップ サービス開始

       3月17日( 金 )  観光案内標識 サービス開始

  ※なお,本実証実験期間で作成したMAPデータ等については,実証実験期間終了後も継続利用する予定です。

2 利用方法

お手持ちのスマートフォン又はタブレット端末でQRコードを読み取るだけで利用できます。

 【「京歩きマップ(KYOTO MAP for Tourist)」の場合】


「京歩きマップ(KYOTO MAP for Tourist)」記載QRコード

※QRコードが読み取れない場合は、URLを直接入力してください。 http://chz.jp/m/_OP_kyomap2016外部サイトへリンクします

京歩きマップとは 

 一般に普及しているマップとは違い,観光施設や交通機関など観光客にとって有用な情報に焦点をあてた地図であり,多くの見 所がある京都を歩いて観光するのに最適な京都市のオフィシャル観光マップとして,国内外からの観光客にとって必須アイテムといえるほど人気を博しています。

(主な特徴)

・英語併記で外国人観光客にも便利

・世界文化遺産はイラストで,観光客に人気の高い社寺等を強調して表示

・大きな観光施設は位置だけでなく出入口も表示

※在庫の関係上,QRコードが付いていない「京歩きマップ(KYOTO MAP for Tourist)」もございます。そのためQRコードを記載した案内POPの配置や,京都観光Navi等の広報媒体を通じて,より多くの方に御利用いただけるようPRします。

 

【観光案内標識の場合】

 案内サインに貼付けてあるQRコードを読み取る。

3 その他の機能(実験期間中に順次拡充予定)

・地図上のランドマークピンをタップすると施設情報(写真,テキスト等)の表示が可能

・施設情報の言語(日英)切替えも可能

4 問合せ先

 京都市産業観光局観光MICE推進室(TEL:075-746-2255)

広報資料

Adobe Reader の入手
PDFファイルの閲覧には Adobe Reader が必要です。同ソフトがインストールされていない場合には、Adobe 社のサイトから Adobe Reader をダウンロード(無償)してください。

このページに対してご意見をお聞かせください

このページは役に立ちましたか?
このページは見つけやすかったですか?

お寄せいただいたご意見は,今後のホームページ運営の参考とします。

お問い合わせ先

京都市 産業観光局観光MICE推進室

電話:075-746-2255

ファックス:075-213-2021